読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと

特にありません

「西アジア遊牧民の染織 塩袋と旅するじゅうたん」は『乙嫁物語』ファン必見の展示です

たばこと塩の博物館で開催中の「西アジア遊牧民の染織 塩袋と旅するじゅうたん」を観てきました。

この展示なんですけど、森薫先生の『乙嫁物語』ファンは絶対行ったほうがいい。必見です。絨毯がこれでもかと飾られてるからな!たぶん50枚くらいある。

f:id:r-taro:20170122170109j:plain

イランを中心にイラク・アフガニスタンにかけての西アジア地域で暮らすバルーチ族・カシュガル族・クルド族などの様々な部族では、各部族を象徴する紋様を織り込んだ羊毛織のアイテムを製作してきました。

今回、「西アジア遊牧民の染織 塩袋と旅するじゅうたん」で展示されているアイテムはこちら。

  • 塩袋❨ナマクダン❩
  • テント袋❨トルバ❩
  • 鞍袋❨ホリジン❩
  • 絨毯
  • キリム*1
  • 食卓布❨ソフレ❩*2

f:id:r-taro:20170122185426j:plain
※チケット下部にあるのが塩袋です
。なぜこんな形なのか?ぜひ展示で確かめてください。

展示物の製作年代は、1900年頃~1960年頃。現在は定着化が進み、遊牧民の数は年々減少し続けているのだそう。

織物でまず目に入るのは、特徴的なモチーフ。これらは家族が幸せに暮らせるよう、祈りをこめて大切に織られているのですね。

f:id:r-taro:20170122185956j:plain

たとえば家畜を狙う狼からの防御を願った、狼のキバを模した紋様。豊穣祈願・生長・幸福などを願った生命の木や花々。砂漠で暮らす彼らの水の使者である、孔雀などの鳥たち。

『乙嫁語り』の最新刊で、パリヤさんが婚約者のウマルくんにパンに込めた思いを説明してるシーンを思い出してしまいました。

織物の見所として、草木染めの深い色合いも忘れてはいけない。


f:id:r-taro:20170122193726j:plain

天然染色のため均一に染まるとは限らないこと、経年で色合いが変化することから、織物の色合いに揺らぎが発生しています。この色ムラは「アブラッシュ」おいって、大切な観賞ポイントになるのだそうです。

この展示のいいところは、ガラスケース無しということ。怒られない程度まで近づいて、じーーーっくりと観てください!コンパクトな展示なので、行ったり来たりしつつ観るのも楽しいです。

ちなみにミュージアムショップでは、手織りの絨毯が特別販売されてますよー。なかなかいいお値段ですが、見て手に取るだけならタダ…!

展示詳細

「西アジア遊牧民の染織 塩袋と旅するじゅうたん」

  • 場所:たばこと塩の博物館
  • 期間:2017年1月21日~4月9日
  • 最寄り駅:とうきょうスカイツリー駅❨東武線スカイツリーライン❩、本所吾妻橋駅❨都営浅草線❩など
  • 開館時間:10:00~18:00❨入場は17:30まで❩
  • 休館日:月曜日❨祝日は開館・翌日休館❩
  • 公式サイト:丸山コレクション 西アジアの遊牧民の染織

「西アジア遊牧民の染織 塩袋と旅するじゅうたん」では、『乙嫁語り』の世界をより立体的に感じることができました!今後、絨毯作りの話が出てきたら嬉しいな~。

超解読 乙嫁語り ~中央アジア 探索騎行~ (三才ムックvol.930)

超解読 乙嫁語り ~中央アジア 探索騎行~ (三才ムックvol.930)

 

*1:羊の毛糸で織られた毛足のない平織物。敷物・間仕切り・覆い布として使われる。「キリム」はトルコ語、イランでは「ギリム・ゲリム」と呼ばれる

*2:パンを包む枡形のソフレは、乾きにくいよう綿製。テントに敷く縦型のソフレは、羊毛製

日本にいながらホームステイ気分。世界の家庭料理を学べる「Tadaku」が面白そう!

世界各国の料理好きな同僚に教えてもらった「Tadaku」という料理教室のサービスがいい感じです。

f:id:r-taro:20170120211327j:plain

「外国人から学ぶ家庭料理教室」というテーマの通り、現地出身の方から地元の家庭料理をレクチャーしてもらうというもの。本格的な料理教室というよりも、食べ歩き気分で参加できそう。かつて旅した国の味を食べるのも楽しそう~!

学べる料理も実に様々。

アルゼンチンのチキンカツ、エクアドルのリゾット、シリアのカラフルなピラフなどなど…。いったいどんな料理なんだ!?見たことのないような料理が写真の中に並んでいて、ページを遷移するだけでもワクワクしてくる。

日本にある材料で作りかたを教えてもらえるから、自宅で再現できるかな?習ってきた見知らぬ料理を家で作ったら、さすがに家族はびっくりするかもしれませんが…!

料理と言葉を学ぶ

f:id:r-taro:20170120212204j:plain

Tadakuのいいところは、料理をしながら英語を学ぶこともできること。

やっぱり英語って話せるようになりたいなーって思うじゃないですか。話さないと上手くならないのはわかってる。でも、英語初心者❨しかも赤ちゃんレベル❩はどこへ行けばいいの?ってなるでしょ。だって何話したらいいか分からないし!

料理っていうきっかけがあれば、まだ英語で話できるかな…?参加者はみんな日本人だし、何とかなるよね。❨楽観的すぎ?❩

もちろん日本語で教えてくれるTadaku の教室もたくさんあるから、雰囲気をつかむにはそこから初めてみるのもいいかも。

英語以外には、フランス語・スペイン語・韓国語・中国語・イタリア語で教えてくれる教室があります。

Tadakuへの登録はこちら

Tadakuのレッスンに参加するには、会員登録が必要になります。

Tadakuへの登録はこちらからできます。
※要Facebookアカウント
外国人が教える家庭料理教室 Tadaku (タダク)

こちらから登録すると、千円分の割引クーポンがもらえますよ!

レッスン料はだいたい五千円前後。だいたいのレッスンでは、前菜とメイン、デザート、飲み物がセットになっています。教室によってはアルコールが出ることも。
一通りの料理とレッスン含んでこの値段なら、割とお得なんじゃないかなーと思っています。

私も早速Tadakuでの料理教室に申し込んでみました!まずは日本語の教室から…。

※ちなみに写真は私が最近食べた世界の料理。ペルー料理店のハチノス煮込みとインド・ネパール料理店のひよこ豆サラダ、モモ、タンドリーチキン、クルフィ❨左から時計回り❩です!

万双のブライドルレザーの手帳カバーを買いました!シンプルで格好いい

上野アメ横の革製品店「万双」でブライドルレザーの手帳カバーを入手しました!色はボルドーです。

f:id:r-taro:20170119185848j:plain

全部革製の手帳カバー!

万双の特徴である「オールレザー」は、手帳カバーでも健在。手帳カバーの外側がブライドルレザーなのは見たまんまなのだけど、内側は全部ヌメ革なんです。

つまり、こう。

f:id:r-taro:20170119185906j:plain
❨しばらく手帳入れたあとに抜いて撮ったから跡がついてますね❩

とにかくシンプル。飾りっけがない。外側にも内側にもブランドロゴもない。ブランドロゴいらない派には強くお勧めしたい。とにかくシンプルなので飽きがこないのもいい。

この手帳カバーは本来は男性向けのアイテムなんだろうけど、シンプルだから女性が使っていても違和感がない。

ブライドルレザーの高級感のある手触りは、見事に所有欲を満たしてくれます。カバンから手帳を取り出すたびに、ニヤニヤしちゃう。

中身の手帳は何使ってる?

中身の手帳は、MDノートを選択。万年筆でも裏写りしないところが嬉しい。

f:id:r-taro:20170119190724j:plain

ちなみにこの手帳カバー。お財布とお揃いだったりします。

身の回りの小物類を統一感のあるアイテムで揃えるのって、すっきりして見えて良いですね。

お財布と共に、手帳カバーも革の経年変化を楽しみながら使っていきたいと思います。

民族衣装の娘さんマスキングテープが最高にかわいすぎる

見てください、めっちゃかわいくないですか?昨年末に入手した、民族衣装を着て走る娘さんたちのマスキングテープです。

f:id:r-taro:20170116185138j:plain

左側が北欧・東欧の民族衣装。右側が中国少数民族と中央アジアの民族衣装。

それぞれ12種類の衣装が描かれています。
作成者は井上岳さん。広告やアニメ・ゲーム業界で活躍されている方です。

動くぞ!?このマステ…!

30mm幅なので、衣装の細かいところまでじっくり見ることができるのが嬉しい。

f:id:r-taro:20170117085755j:plain

しかも、柄がアニメーションになっているというおまけ付き。ノートの端に貼れば、衣装をくるくると変えながら走る娘さんを楽しむこともできる。

収録されている衣装

  • 北欧・東欧の民族衣装マスキングテープ
    • ポーランド
    • リトアニア
    • チェコ モラヴィア地方
    • ノルウェー
    • ハンガリー カロチャ地方
    • ブルガリア トラキア地方 
    • ジョージア(グルジア)
    • オーストリア チロル地方
    • サーミ
    • ルーマニア トランシルヴァニア地方
    • クロアチア ザグレブ地方
    • マケドニア
  • 中国少数民族と中央アジアの民族衣装マスキングテープ
    • ジーヌオ族
    • モンゴル族
    • ミャオ族
    • チンプオ族
    • イ族
    • チワン族
    • ウイグル族
    • チベット族
    • キルギス
    • カラカルパクスタン
    • タジキスタン
    • トルクメニスタン

こちらから購入できます

それほど使い道があるわけでもないのに、マスキングテープってついつい集めてしまうんですよね。でも、かわいいからいいの。かわいいは幸せ。

義務と化した職場のバレンタインが激しく面倒くさい。義理チョコ何人に贈るつもりだ…

バレンタインデーまで、あと一ヶ月。

この時期になると、ほんっっっとうに憂鬱。義理チョコならぬ義務チョコレートの相談メールが、職場の同じ部署内で飛び交うから。

f:id:r-taro:20170113195025j:plain

私以外の女性陣は「バレンタインに職場の男性へチョコは当然贈るもの」と思っているようで、「⚪⚪さんにもお世話になったから贈りましょうよ!」なんて、チョコを贈る対象をどんどん増やしている。

ふと気がつくと、贈る対象は他部署含め10人以上に膨らんでいた。対する女性は4人。

各自チョコを贈るんじゃないんです。「部署の女性たちから」という形で、男性ひとりひとりにチョコを贈るのです。

えっ、どれだけのお金を負担する羽目になるの!?

しらねーーーーよ!贈りたい人達で勝手にチョコ贈ってくださいよ!!

って、思いました。

お返しをする方だって大変ですよ。大きなお菓子の箱を置いて「各自チョコを取っていってください」方式じゃないし。

散々文句を書きましたが、「やりたい人達だけで、職場のバレンタインやってください」って言いにくい雰囲気なんですよね。

  • 私が入る前から、我が部署ではバレンタインデーにチョコを贈る習慣があるらしい
  • 「私は参加しません」と言った人❨退職済❩の陰口を未だに言ってる
  • 一番張り切ってる人が私の上司

「私は今年はパス」って言ったら面倒くさいことになりそうなのは、火を見るより明らか。税金だと思って、しぶしぶ数千円を払うこととします。

「義理チョコはいらない」「お返ししないといけないから、義理チョコはかえって迷惑だ」

部門長がそのくらいのことを言ってくれればいいのに。オブラートに包みつつでもいいから。

むしろ「全社的にバレンタインチョコは禁止」って、会社が言ってくれたらいいのに。

ハァー…。

職場でバレンタインチョコを贈るのは、コミュニケーションの一環と言う人もいるかもしれない。だけど職場のバレンタインを快く思わない人がいることも、考慮してほしいなと思いました。