日々のこと

特にありません

リモートワークで一番大切だったのは、チーム内での共有だった

リモートワークで一番大切なのは「共有」なんだなと実感

先日まで1ヶ月ほど、諸事情で上司がリモートワークをしていました。

顔を合わせていれば、何となく伝わることというのはたくさんある。「質問に来る他部署の人がやたら多い日だな」とか「集中してそうだから今声かけるのやめとこ…」とか、「今日はご機嫌ななめね」とか。

各自バラバラの場所で仕事していると、そういうのが伝わってこない。だからこそ、せめて仕事の状況だけでも密に共有しておく必要があると思うのです。

f:id:r-taro:20170626082214j:plain

ある日の仕事の流れ

  • 9:00 グループチャットで朝のあいさつ
  • 9:30 ビデオ会議を使って朝会
  • 9:45 各自仕事
  • 12:00 昼休憩に入ることをチャットで連絡
  • 13:00 仕事に戻ってきたことをチャットで連絡
  • 18:00 チャットで終業のあいさつ

※私の職場ではGoogle suits を導入しているので、チャットとビデオ会議にはハングアウトを利用

質問や依頼事項がある時には、個別に連絡はしない。個別にやり取りしていると、各個人の状況が見えにくくなるから、グループチャットでやり取りをする。

仕事中にパソコンの画面を見せながら「ちょっとこれについて質問があるのですが…」というのも、仕事中あるあるなことなのですが、これもビデオチャットの画面共有機能を使えばリモートワークでも実現できる。

今抱えている仕事を可視化する

チャットの欠点として、発言がどんどん流れていってしまうということがある。チャットで次々に発言があると、どこまで質問に答えたか、後でやろうと思ってた頼まれごとは何だったのか分からなくなってしまう。

そこでチームのタスク整理用に、共有のドキュメントを作成。各自で持っているタスクを明確にした。❨Google keepというメモアプリを使用❩

  • 名前
  • 仕掛中のタスク
  • 未着手のタスク
  • 完了したタスク

依頼事項があれば、チャットで声をかけた後に依頼したい人の「未着手のタスク」につけたしておく。これで、各自どれだけ仕事を抱えているのか分かりやすくなった。

このタスクの可視化の方法は、リモートワークが終わった今でも使っている。

たとえ席にいても「⚪⚪さんがいま何やってるかわからない」ということがあったけれど、今はみんなが取りかかってる仕事が分かる。頼みごともしやすくなった。

最後に

タスクの見える化と連絡を密にすれば、リモートワークも怖くない!

だから、全社的に週の半分はリモートワークにしてくれると通勤が楽になるのになぁ…。

オタクのみんなー!もし、1996年にタイムスリップしたら何したい!?

もし、もしもですよ。いまの記憶を持ったまま、1996年にタイムスリップしたらどうします?

『タイムスリップオタガール』を読んだら、誰だってそんな妄想をしたくなってしまうに違いない。

タイムスリップオタガール(1) (ポラリスCOMICS)

主人公の"はとこ"は、せっせとバイトをしては同人誌を買い集め、2.5次元ミュージカルを楽しむ、どこにでもいそうな30歳の幸せな腐女子だ。そんな彼女が、アクシデントにより1996年にタイムスリップ。気がつけば13歳の中学生になってた。「働かなくてよいでござる~~~!」とテンションが上がったものの、30歳まで少しずつ集めたオタクアイテムが全てリセット…?と絶望する。そこではとこは、未来から持ってこれた画力で収入を得て、声優のCDやドラマカセット・マンガを大人買いすることを目論んでみるが…?

『タイムスリップオタガール』には、1990年代半ばを10代で過ごしたオタクに刺さりまくるであろうアイテムがやたら出てくるんですよね。

交換ノート!妙に書くところの少ないグラデ便せん!自分のペンネームを当て字で考えてみる!?!?リアルタイムに生産される黒歴史を目の当たりにしたら、どうなっちゃうんです!?しかも脳内30歳で。「やめろおぉぉ!!」って叫んでしまうかもしれん。だってさ、交換ノートの絵がリアリティーありすぎて。死にそうになるんだ、これは…。

『タイムスリップオタガール』のなかには、ほろ苦い気持ちになるようなシーンもある。クラスの男子によるからかいは、90年代の教室内ではオタクが迫害の対象だったことを思い出させる。だけど、いかに1996年をエンジョイするか考えるのに忙しいはとこには通じないんですけどもね!

さて。冒頭の質問の答えですけども。

もちろん、アニメも、マンガも、ゲームもリアルタイムで堪能するにきまってるでしょー!?

1996年に開始したアニメをいくつかあげてみます。 機動戦艦ナデシコ。セイバーマリオネットJ。天空のエスカフローネ。勇者指令ダグオン。るろうに剣心。名探偵コナンも1996年開始作品だって。 1995年の作品になっちゃうんですけど、ガンダムW。その手の人たちにものすごいインパクト残しましたよね。そうそう、エヴァンゲリオンも1995年だ。

ゲームだと初代ペルソナが1996年ですよね…。翌年の1997年にはFF7も発売されるだと…!?

マンガはなんだろ。『封神演義』や『すごいよ!!マサルさん』『カードキャプターさくら』が1996年に連載開始ですって。

これは、ヤバイ。1996年に戻りたい。

だけど1996年にはネットもTwitterもない。❨あと、中学生に戻ってしまったらお金もない❩

でも、落胆するのはまだ早い。なぜなら、ファンロードもファインドアウトもあるからな!*1

タイムスリップオタガールが気になる方は、こちらからどうぞ。

タイムスリップオタガール(1) (ポラリスCOMICS)

タイムスリップオタガール(1) (ポラリスCOMICS)

二巻も出るよ!

タイムスリップオタガール(2) (ポラリスCOMICS)

タイムスリップオタガール(2) (ポラリスCOMICS)

*1:誌面のほとんどが読者投稿という、アニメ・マンガ・ゲームファンのための雑誌です

メイドインアビス先行上映会に行ってきました!これはなんて度し難いアニメなんだ…!

2017年6月18日に開催された『メイドインアビス』の先行上映会に行ってきました!

『メイドインアビス』とは、少女と少年風のロボットが「アビス」と呼ばれる直径1km・深さ不明の巨大な縦穴の底を目指して探検するファンタジー漫画。作者はつくしあきひと先生です。

f:id:r-taro:20170620080002j:plain

いやぁ、実にハートフルな1話でした。これからどんな冒険がはじまるんだろう!と、前のめりになってしまう。むせかえるような緑のかおりがしそうな画面も良い。探掘家見習いの子どもたちが、大人には言えない楽しい悪巧みをしてるのもかわいらしい。

探検!ちびっこ!未知の世界!!

こんなキーワードにテンションが上がる方ならば、外せない2017年夏アニメとなっています。

TVアニメ「 メイドインアビス 」エンディングテーマ「 旅の左手、最果ての右手 」

リコが受けたという罰の裸吊りについては具体的なイメージはなかったし、レグもお尻に棒を突っ込まれたりしなかったけれど、残念に思ってはいけない。なぁに、これからのハートフルで度し難い展開が待っていることだし、それよりもっとイイものは見られるに決まってるじゃないか。

ハートフル。

先行上映会で何度か繰り返されたこのキーワードに、会場にいた原作既読派のみんなはニッコリ。なぜなら、この1話の後に、どんなことが待ち受けているかすでに知っているからだ!!

やれるところまでやる。という言葉もありましたしね。

原作を読んでから観るか、観てから原作を読むか問題は非常に難しいところ。

新鮮な驚きをもってアニメ版アビスを体験したいなら、観てから読む、がいいと思う。

心の準備がほしい人は、読んでから観るが良いでしょうね。つくし卿の作風を知らないなら、特に。

ためし読み電子書籍というものがあるので、まずはそこからはじめてみるのもいいと思う。

メイドインアビス【電子版お試し読み小冊子】

メイドインアビス【電子版お試し読み小冊子】

この機会にごそっと買ってしまうのも、もちろんアリだ。

ところで「ナナチの香ばしいにおい」って日向ぼっこしてた猫のかおりみたいなものかと予想してるんですけども、どんなものでしょうね。そして、マルルクの「嗅覚のよい人には匂いでバレる」という設定もグッときませんか。

そう、個人的にはマルルクとナナチ推しなのです。

関連記事

少年少女が人類最後の秘境を旅する『メイドインアビス』を読みました - 日々のこと

香港のビルが良かった。

先月の香港旅行のなかで「日本ではない、別の場所へ来たんだ」と実感したのは、街歩きの中でした。なかでも一番良かったのが、香港のビル。

地下鉄を降りて地上へ出ると、日本ではあまり見ないカラーリングのビルがにょきにょきと生えている。オレンジ、ベージュ、ブルー。カラフルなビルが並ぶ街中を歩いているだけでも楽しい。

f:id:r-taro:20170619221520j:plain

ビルを眺めていると、恐ろしく縦に長いのが気になってきた。一体何階建てなんでしょうね。

えーと…と、目で追ってみたけれど、数えるの無理。やめやめ。首が痛くなる。

後から調べてみたところ、香港には50階以上なんていうマンションも普通にあるそうですよ。

f:id:r-taro:20170619221545j:plain

室外機の主張が激しいビルも好きだ。

ごちゃごちゃっとした風景は海外写真あるあるかもしれないけれど、生で見るのもなかなかオツですよ。

f:id:r-taro:20170619220840j:plain

f:id:r-taro:20170619220854j:plain

旅の楽しみは、日々の暮らしとの違いを探すところにある。今までに見たことがないものを見つけるのは楽しい。新しい何かを探したくて、私は旅をしているんだろうなと思う。

往復深夜発LCC利用香港の旅は、他の人には勧められない!?

LCCの深夜便を利用して、香港へ行ってきた。1泊4日。金曜0時過ぎに日本を出て、土曜23時半に香港を出る。

着いた日は眠気で死ぬかな~。ゾンビみたいになってたりして。

出発半月前くらいになって香港行きが現実味を帯びてくると、「さすがに無茶な予約をしたかな」と反省したくなってくる。

Sky scannerを見ていて「オッお安く香港行けるじゃ~ん!」って勢いでチケット取ってしまったんですよね。変なテンションの時に航空券を予約するのは良くない。気をつけよう。

結果として、心配していたよりも体調が何とかなったのは、あらゆるところで仮眠しまくってたからかもしれない。

日本から香港へ

まずは、羽田に向かう前の平和島の温泉。ここの「ごろ寝ルーム」が良かった。薄暗い畳敷きの部屋で、傾斜のついたクッションを枕変わりにしてごろごろできるの。耳栓とアイマスクを用意しておけば、優勝。

f:id:r-taro:20170530222922j:plain

そして、羽田空港と香港空港のロビー。

出発の1時間前に搭乗ロビーに着いてしまったので、羽田空港のソファーでも荷物を枕に寝ていた。飛行機の中では「お尻が痛い」という5文字が頭のなかをずっと占めていた。

香港に着いたのは朝の5時台。さすがに行動開始には早すぎる。だいたい、空港内の店すら満足に開いていない。

空港のベンチは、早朝便待ちらしき人たちとその荷物で埋まっている。空港ロビーをうろつきながは、何とか空いている椅子を発見。ドサッと置いたバックパックを抱えながらうつらうつらとしていたら、2時間くらい経過していた。

そろそろ行動開始するかね、と7時過ぎにベンチを離脱。ダルい内臓をいたわりつつ、食べた朝食がこちら。

f:id:r-taro:20170612182134j:plain

香港から日本へ

そして、帰りの便。

香港国際空港に着いたのが1時間半前とギリギリだったので、残念ながら空港では寝ている暇がなかった。足が痛くなるほど歩いたので、飛行機でスコーンと寝てしまった。

ちょっと寝て起きたと思ったら、羽田へ接近のお知らせが流れている。「えっ、もう羽田」思わず声が出てしまった。

移動の様子を振り返って

f:id:r-taro:20170612182537j:plain

旅行中は思ってたより体がきつくないことに驚いた。半分寝てるような状態で観光をする羽目になるかと思っていたので、意識がはっきりした状態で街歩きできたのはよかった。

一人の旅だから、多少無茶をしても文句を言う人はいない。

でも、同行者がいたら。

ホテルに1日しか泊まらないけど、あらゆるところで仮眠しまくれば体もそれほどきつくないし、いけるいける!

とは、さすがに勧めにくい。

無茶旅は、自分の体の調子を見ながら一人でやるのがよいですね。

また一人で香港に行くとしたら?

また1泊4日の旅にするかもね!