読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと

特にありません

『やわらかい。課長 起田総司(カレー沢薫)』感想

カレー沢薫先生の問題作『やわらかい。課長 起田総司』の単行本が発売したので、早速買ってきて読みました。何が問題作かというと、まず単行本の帯がひどい。カバーなしで電車に乗るのは、乗り合わせた人に対するセクハラ行為かもしれない。だって、これです…

『30代からのシンプル・ダイエット 自然に体重が減っていく』感想

『30代からのシンプル・ダイエット 自然に体重が減っていく』を読みました。30代以降の女性に向けて、内科医の立場から健康的なダイエット方法を提唱する一冊です。著者は内科医の土井里紗先生。生活習慣病を中心に、栄養学、東洋医学、抗加齢医学などを取り…

『 乙嫁語り7巻(森薫)』感想※ネタバレあり

『 乙嫁語り7巻(森薫)』を読みました。購入したのは、職場近くのいつもの本屋さん。家に帰り着くまで待てるはずもなく、早速電車内で読み始めたのですけども。数十ページ読んだところで、思わずパタンと閉じてしまいましたよ!なぜって?え!ろ!い!!か…

高い調味料、安い調味料。そんなに差があるものなの?

週末は、1週間分の食料を買出しにスーパーに行くことにしている。野菜、魚、肉と滑らかにいつものルートを進んでいく中で、そういえば、と思い出した。そろそろお酢がなくなりかけているんだった。カートを左側に向けて、調味料エリアに向かうことにした。 …

「不安と闘う術を知らないビジネスマンは、若くして死ぬことになる」

『道は開ける(デール・カーネギー)』を読みました。「今更なんですけど」なんて、ついつい言いたくなる恥ずかしさがありますね…! 新訳 道は開ける 角川文庫 作者: D・カーネギー,田内志文 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店 発売日: 2014/12/10 メデ…

辞書を読むのは、楽しい

仕事が終わった開放感とともに駅に向かっていると、いつの間にか本屋に吸い込まれている。駅の手前にあるオフィスビルに、テナントとして中規模のチェーンの書店が入っているのだ。「また来ちゃった」と思いながら、雑誌や単行本・文庫本の棚をひやかして歩…

『世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書(林 雄司)』感想

内容はタイトルそのままに『世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書』。著者は「デイリーポータルZ」ウェブマスターの林 雄司氏。 世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書 (扶桑社BOOK…

インドからポルトガルまでバイクで駆け抜ける!『珍夜特急(クロサワコウタロウ)』感想

旅行が好きだ。それほどしょっちゅう出かけることはできないのだけど、それでもやっぱり好きだと言いたい。初めて足を踏み入れる街の空気を思いっきり吸って、見慣れぬ町並みを眺めるのが何よりも大好きなのです。 国内旅行もワクワクするけれど、私にとって…

『 家のない少年たち 親に望まれなかった少年の容赦なきサバイバル(鈴木大介)』感想

貧困に悩む女性がいるのはわかった。それじゃ、男性はどうなんだろうか。貧困に男女差は、ない。その疑問を紐解くヒントのひとつとなるのが、鈴木大介氏の『家のない少年たち』だと思います。 家のない少年たち 作者: 鈴木大介 出版社/メーカー: 太田出版 発…

地方のイケてるじいちゃん、ばあちゃんを紹介!フリーペーパー『鶴と亀』が面白い

先日、中目黒の古書店dessinで手に入れたフリーペーパーがすこぶる面白かった。この冊子の名前は「鶴と亀」という。 ⇒鶴と亀 フリーペーパー なんとも縁起のよさそうなタイトルだ。しかも、表紙にどどーんと入れ歯!何ともヤバそうな雰囲気をかもし出してい…

明日は我が身。『女性たちの貧困 “新たな連鎖"の衝撃』感想

『女性たちの貧困 “新たな連鎖"の衝撃』を読みました。これは、ヒトゴトじゃない。今は「ささやかな趣味を楽しみつつ、自分で自分を食べさせられる程度」の生活はしているけれど、貧困に悩む生活にいつ陥ってもおかしくない…そう思いました。 photo by madam…

乾物を使ってヘルシー食!『元気食 実践マニュアル155(魚柄仁之助)』感想

散々ぼやいているように、家から会社までドアツードアで2時間という呪いにかかっている。 わが近所のスーパーは自信たっぷりに「夜9時まで営業」の看板を掲げているけど、それじゃ間に合わないんだよ!と首根っこ掴んで言いたくなりますね!(スーパーの首根…

「ハクメイとミコチ3巻(樫木祐人)」感想

「ハクメイとミコチ3巻(樫木祐人)」を読みました!身長9センチメートルのハクメイとミコチを中心とした、ファンタジーコミックの3冊目です。 ハクメイとミコチ 3巻 (ビームコミックス(ハルタ)) 作者: 樫木祐人 出版社/メーカー: KADOKAWA / エンターブレ…

魔物を捕まえて、食う!「ダンジョン飯(久井諒子)」感想

ダンジョン飯(久井諒子)を読みました。おもしろかった!グルメ漫画は数あれど、剣と魔法な世界のダンジョンを舞台にしたものって今までにあったんだろうか? ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス(ハルタ)) 作者: 九井諒子 出版社/メーカー: KADOKAWA / …

「英語となかよくなれる本(高橋 茅香子)」を読んで、おそるおそる英語に近寄ってみる

2015年に入ってからもう2週間。それとも、まだ2週間?今年の目標に「英語ができるようになる」なんて項目を入れた方もいるでしょう。私です。昨年から継続です。いつになったらその目標は達成できるのか。そもそも「できる」ってなんだ…? 中学高校と6年間や…

処女で魔女の「純潔のマリア」番外編「純潔のマリア exhibition(石川雅之)」感想

あまりにも物足りない…!もっと読みたい!!いやしかし、これ以上描くのも蛇足っつーかねぇ…。「純潔のマリア exhibition」を読んだところ、こんな気持ちになりました。 純潔のマリア exhibition (アフタヌーンKC) 作者: 石川雅之 出版社/メーカー: 講談社 …

読書のきっかけ作りとしての文庫目録

文庫目録を読むのが楽しい。 目録というのは要するにそのレーベルで現在入手可能な本のリストのこと。本のタイトルと著者名、価格、簡単な解説がひたすら並んでいるだけのものです。書店の棚にぶら下がっていたり、ちょこんと置いてあったりもします。文庫と…

「読書は一冊のノートにまとめなさい」っていうから半年間やってみた結果

夏の終わりごろに『読書は1冊のノートにまとめなさい』を読んでみました。 『読書は1冊のノートにまとめなさい』は、累計50万部突破のベストセラー『情報は1冊のノートにまとめなさい』の著者、奥野宣之氏による読書術本です。2008年に出版された『読書は1冊…

『僕だけがいない街(三部けい)』5巻 感想 ※ネタバレあり

僕だけがいない街の5巻を買いました。酷かった。 何が酷いって、続きが気になりすぎるんだよォ~!この次の瞬間どうなるんだよォ~!!と、床の上をジタバタしたくなるような酷さと言えばわかっていただけるでしょうか。 僕だけがいない街(5) (角川コミック…

LDK2015年2月号のクレンジング特集を首を傾げつつ読んでみたの巻

テストする女性誌LDKの2015年2月号が12月末に発売されたので、電子書籍版を買ってみたのだけど。 LDK (エル・ディー・ケー) 2015年 2月号 [雑誌] 作者: LDK編集部 出版社/メーカー: 晋遊舎 発売日: 2014/12/26 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見…

おしえて!ギャル子ちゃん(鈴木健也)感想

「おしえて!ギャル子ちゃん」のKindle版が出たので読みました!作者は鈴木健也先生。WEB漫画サイトComicWarkerで連載中の漫画です。 固定用ツイート。『おしえて!ギャル子ちゃん』はComicWarkerで連載中です。→http://t.co/X5hxXnHdKV ツイッターのギャル子…

2014年当ブログで人気のあった書籍ランキング

流行にのって(?)当ブログで人気があった書籍ランキングを書いてみました!電子書籍(Kindle)と紙の書籍の売上冊数の合計値で順位を決めています。 同じ冊数売れた本が複数あるので、9位などという中途半端な位置から始まっていますが、以下からどうぞ。 9…

サイレーン6巻(山崎紗也夏)感想

サイレーン6巻が12月22日に出たので、早速購入しました。今回の表紙デザインも凝っていてすてき。 サイレーン(6) 作者: 山崎紗也夏 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/12/22 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る いやぁ、愛の暴走特急と化…

朝の通勤電車を一本早めたら世界が変わった

朝ってどうしてあんなに忙しいんだろうね。朝ごはんの用意をして食べて片付けて、身だしなみも整えなきゃいけないし、日によってはゴミを出しにいかなきゃいけない。やらなきゃいけないことがギュっと詰まっているから、夕方に比べて時間の進み方がものすご…

阿部共実新作ショート集「死に日々」感想

阿部共実先生の「死にたくなるしょうもない日々が死にたくなるくらいしょうもなくて死ぬほど死にたくない日々」を読みました。しかし、いかついタイトルだな。この偏執狂な繰り返しは「あべともっぽいねー」という感じでもある。 死にたくなるしょうもない日…

やる気の出ない冬の日には、薄曇りエピソード満載の「負ける技術」を読もう

寒い季節になると、気分が落ち込みやすくなる人が出てくるという。私がそれに当てはまるか否かはわからないけれど、体にだる~い感じがまとわりついているような気がする。要するに、やる気が出ない。 そんなときに読むのが「負ける技術」です。「ガツガツと…

振り込め詐欺店舗に潜入!「ギャングース」6巻感想

モーニングで連載中の「ギャングース(肥谷圭介/原案:鈴木大介)」6巻が出ていたので、早速買ってきました。6巻は瀕死の重傷を負ったサイケとタケオちゃんを病院に残し、カズキが単独で「六龍天」が経営する振り込め詐欺のカンパニーに潜入したところから始…

33歳の一女性の生活を綴った『壇蜜日記』 感想

同じ年齢ということもあって、「壇蜜」という存在が気になる。著作を読めば、妖艶に微笑む彼女の秘密もわかるのだろうか…。そう思って、先月発売した『壇蜜日記』を読んでみたのですが、いやぁこれがまた面白かった。 壇蜜日記 作者: 壇蜜 出版社/メーカー: …

いままでに読んだ花ゆめコミックスの数を覚えているか?

答え:数え切れません…。 今以上にクソヲタだったときの話をします。 それは中学生のときのこと。愛読書はアニメ雑誌だ。(アニメディア派でした)当時は幽☆遊☆白書が好きで買ってたのだけど、娯楽が少ない田舎の中学生なので舐めるように読んでましたね…。 …

ほんわかファンタジー少女漫画「町でうわさの天狗の子(岩本ナオ)」感想

またしても「町でうわさの天狗の子」全12巻をイッキ読みしてしまいました…! 私にとって、何度でも読み返したくなる少女マンガの名作です。作者は岩本ナオ先生。小学館の月刊フラワーズで、2013年12月号まで連載されていました。 どのコマの中からもほんわか…

恋人と同じ職場で働くということ―「私の彼は仕事ができない」感想

「私の彼は仕事ができない(山田可南)」を読みました。徳間書店『月刊コミックゼノン』にて2013年4月号より連載中の作品です。 通勤時間が長い(ドアツードアで2時間)なので、LINEコミックで無料で読めるものをいろいろ見てまわっています。そんな中で見つ…

「ドリフターズ」4巻感想

ドリフターズ(平野耕太)の4巻読んだよ!3巻から1年7ヶ月ぶり…。いやぁ、新刊が待ち遠しかったです。 と、いうわけで4巻は異世界に召還された漂流者(ドリフターズ)によるオルテ帝国クーデター乗っ取り編です。 ドリフターズ4巻の簡単なあらすじ 漂流者で…

ボディクリームベストランキング 重要視するのは保湿と香り![LDK 2014年12月号 ]

テストする女性誌LDKの2014年12月号が出ました!第一特集は、ボディクリームベストランキング。お肌が乾燥する季節だもの、しっかり潤いを与えておきたいよね。乾燥しすぎて白く粉が吹く体なんて嫌だ~! ランキングに参加したのは以下の12ブランド、15製品…

久住昌之先生原作の漫画「百合子のひとりめし」感想

一人で始めての飲食店に入るのってコワイ。のれんがかかってて、ドアがスリガラスの店は特にコワイ。中の様子が見えないから、もしかしたら自分は招かざる客なのでは?と不安になってドアを開ける…。そんな「ひとりメシ初心者」のドキドキ感を思い出させてく…

ネット依存症はボケにつながる!?『フリーズする脳―思考が止まる言葉に詰まる(築山節)』感想

『フリーズする脳―思考が止まる言葉に詰まる(築山節)』を読みました。今まで意識していなかった自分の脳について考えるきっかけになって楽しく読めたのと同時に、自分が将来ボケてしまわないかものすごく怖くなってしまいました。 「えーっとアレだよアレ…

渋沢栄一の人生哲学をSFエンタメ小説で学ぶ「渋沢栄一の経営教室 Sクラス」感想

面白かった。勢いに乗って最初から最後まで一気に読んじゃった! いったい何を読んだのかって?それは、「渋沢栄一の経営教室 Sクラス」です。 先日、渋沢栄一の邸宅があった飛鳥山公園に行ったのをきっかけに、関連図書を読んでみよう期間実施中なのです。…

『近キョリ恋愛』感想 / イケメン教師と女子高生の禁断の恋を描いたマンガ

『近キョリ恋愛』の1巻を読みました。作者はみきもと凜先生。ジャニーズJrの阿部顕嵐主演でドラマ化され、2014年10月11日からは映画の上映も始まるという作品です。映画版の主演は、山下智久。 あまりにもオレ様な映画のCMが、自分にとって妙にインパクトが…

時代を跨いで考察する謎解きが楽しい!「僕だけがいない街(三部けい)」感想

「僕だけがいない街」を読みました。ちょうどいまKADOKAWAのセールをやっているので、「このマンガがすごい!」などで話題になっていたことを思い出し購入。 「僕だけがいない街」は、2012年7月号よりヤングエース(角川書店)で連載している三部けい先生の…

クール&スタイリッシュな高校生坂本くんに心をわしづかみにされた「坂本ですが?」を読みました

「坂本ですが?」1巻を読みました。現在ハルタ(旧フェローズ)で連載中の学園ギャグ漫画です。 作者は佐藤菜見先生。「坂本ですが?」が初めての連載です。 坂本ですが?の世界 「坂本ですが?」の舞台となるのは、県立学文高校。1年2組には、あらゆる生徒…

短期間で試験に合格する勉強法『図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!』

短期間で試験に合格する勉強法『図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!』 2ヶ月で検定試験に合格する必要がでてしまいました。さて、どうしよう。 そもそもどうやって勉強を進めたものか。テキストと問題集を使うような勉強が久しぶりすぎて弱った…

1年で30キロのダイエットに成功、それからどうなった!?

「もっと! スリム美人の生活習慣を真似したら リバウンドしないでさらに5キロ痩せました 」を読みました。 試行錯誤の末、1年で30キロダイエットに成功した「スリム美人の生活習慣を真似したら30キロ痩せました」のそれからの話です。 30キロやせたものの、…

「私ってオヤジっぽい」と自己申告する女性の謎

「私ってオヤジっぽい」って良く言われるんです。という女性って今でも生息しているのでしょうか。このような宣言をする女性は苦手だ。穏やかでない言い方をすると、イラァッてしますね!それは何を主張したいの?変わった自分アピールっすかぁ?みたいな。「…

処女厨の悪魔がクソヲタ女子の操を狙う「ニコニコはんしょくアクマ(カレー沢薫)」を読みました

カレー沢薫先生の問題作、「ニコニコはんしょくアクマ」を読みました。何が問題作かって、まずはこの表紙を見てくださいよ。 ヒロインがぎゅっと抱きしめているのは、2次元キャラの抱き枕。片方の手にはゲーム機も忘れていない。そして、この帯ですよ。「孕…

「人に頼りたくない」のも「弱みを見せたくない」のもあなたが人を信じていないからだ…なのか?

どちらかといえば、人に頼み事をするのが苦手な方です。「わたしのために時間を割いてもらうのは申し訳ない」と卑屈に思うことがあれば、「いやいや自分がやったほうが早いし」と調子に乗ってる時もあるわけですが。でも、それって長期的に見たらどうなのか…

ドラマ版「アオイホノオ」が倍楽しくなるアツイホノオノゲンバ&アオイホノオ復刻版を読みました

金曜夜の楽しみといえば、ドラマ版「アオイホノオ」!大学生の主人公、焔モユルがマンガ家を目指して奮闘するコメディ作品です。 冒頭数話では焔は変な言い訳ばかりしてろくにペンを取らない!*1本当にマンガ家になれるのか?と見ていてもどかしくなるのよね…

ボールペン1本でイラスト描き描き…楽しい!

「ちょっとした小さなイラストが描けたらいいな」と思うことってありませんか?私はあります! たとえば、手帳のアクセント。これからの予定をイラストで表現してみたら、手帳を開くたびに楽しい気分になれるかも。それから、ブログに手書きのイラストを添え…

圧倒的な群馬あるあるネタマンガ「お前はまだグンマを知らない(井田ヒロト)」を読みました

ハイテンションに群馬あるあるで攻めてくる「お前はまだグンマを知らない」を読みました。私が群馬の隣の栃木出身なこともあって、「群馬ってそうだよね!」と頷いてしまうこともありまくりで。1話目は、主人公の神月くんが上野から高崎線に乗ってグンマに…

いま一番続きが気になる漫画は、モーニング連載中の「サイレーン(山崎紗也夏)」

いくつかの連載漫画を追いかけているのですが、もっとも続きが気になるのが山崎紗也夏先生の「サイレーン」。週刊漫画雑誌の「モーニング」で連載していて、単行本は現在6巻まで発売中です。 簡単なあらすじのようなもの 武蔵県警機動捜査隊でバディを組む里…

1年で30キロ痩せた体験記

「スリム美人の生活習慣をマネしたら 1年間で30キロ痩せました(わたなべぽん)」を読みました。軽いタッチのコミックエッセイで、本屋でパラ見して面白そうなので買っちゃいました。 体重・体脂肪が気になる私としては、思わずうなづいてしまうことばかりで…

イケメンメガネ弁護士とイケメンセレブ大学生との三角関係に揺れる「女神のリーブラ」を読みました

「女神のリーブラ(栄羽 弥)」を読みました。これまた少女マンガらしく、素敵なイケメンがでてくる漫画でしたね!途中から主人公はどうでもよくなって、相手役のイケメンを応援してたほどだもんね。逆に言うと主人公がちょっとアレ。 まずは簡単なあらすじ…