読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと

特にありません

【五反田ワンコインランチ】ボリューム満点「和牛つくね定食」を食べてきた


【スポンサーリンク】

五反田でワンコインランチを食べた。つまり、500円ポッキリ。安い。

店の名前は「ふくのかみ」という。夜は博多水炊きがメインの居酒屋なのだそうだ。五反田駅から徒歩1分、目黒川沿いからちょっと小道に入った場所にある。

f:id:r-taro:20150710134225j:plain

店内へ足を踏み入れてみると、カウンター8席、4人がけのテーブル席が4席。あれ、こじんまりとした店なのかな?と思いきや、どうやら2階にも席があるみたい。

女性にやさしい「ふくのかみ」

この「ふくのかみ」は女性優遇政策をとっている。女性にやさしいかみさまなのだ。どういうことかというと、女性のみ下記時間帯はすべて500円なのだそうです。

  • 毎週水曜日 レディースデー
  • 毎日13時~14時 レディースタイム

「ふくのかみ」のランチメニュー

ランチメニューはごはんものが5種類、うどんが3種類。

f:id:r-taro:20150710131713j:plain

どれにしようかな。メニューをみて一瞬で決めた。

やっぱりお肉だよね。和牛つくね定食にしよう。

タレを「おろしポン酢」にしようとしたところ、残念ながら「売り切れ」の声。遅ランチだもの、しかたない。ちょっと残念。

それならあえてコッテリに攻めてやろうじゃないか。デミチーズに路線を変更してみる。

デミチーズというのは、とろりとしたチーズソースがかかった和牛つくねに、別添えのデミグラスソースをお好みでかけるというものなんですね。運ばれてきてからわかったことなんですけども。

和牛つくね(デミチーズ)定食が来ましたよ

そういうわけで、和牛つくね(デミチーズ)定食。

f:id:r-taro:20150713190925j:plain

このランチのメンバーは、ごはん、おしんこ、ミニサラダ、鶏スープ、そして和牛つくねという構成になっている。

つくねっていうよりは、ミニハンバーグと呼びたくなる存在感。そもそも、つくねとハンバーグの違いは…?なんてことを考えそうになるけれど、そんなことは置いといて食べましょう、食べましょう。


鉄板の上にあるつくねがあつあつでねー。はふはふ言いながら口に運ぶと、幸せな気持ちでいっぱいになります。

鶏スープは水炊きの出汁となるものということで、けっこうあっさりめ。私にはご飯は多かったなー。今度行くときは半分でもいいかもしれない。

「ふくのかみ」の残念なところ

「ふくのかみ」は喫煙可能な店なのです。残念ながら喫煙可能エリア・禁煙エリアが分かれていないので、たばこを吸う方が近くにいるとちょっとつらい。わたしは喉が弱いのか、たばこの成分が漂っていると喉が痛くなってしまうのです。夜は居酒屋な店なので仕方ないのかな。

さいごに

レディースタイムの時間制限も関係あるのか、13時半ごろには1階はほぼ満席になっていました。500円でこのボリュームなら来たくなるよねー。女性の方は13時ジャストに入店できるように時計を確認しつつ訪れるのが良いのかもしれません。

他の五反田ランチ記事はこちらからご覧ください。