日々のこと

読書と文具たまに旅行。趣味と仕事の両立が永遠のテーマ

東京都北区十条のクルド料理「メソポタミア」のランチで、初めての味を堪能してきた。


【スポンサーリンク】

「今年は食べたことのない料理にチャレンジしてみよう」と何となく思い立ったのが先週のこと。
予定がぽっかりとあいてしまった日曜の昼間。都内にクルド家庭料理が食べられるお店があることを思い出し、行ってみることにしました。

今回訪問するクルド料理レストランは、「メソポタミア」といいます。2017年8月にオープンしたての、日本初のクルド料理店なのだとか。

目次

クルド料理を食べてみよう!

いくつかメニューがある中から、「Aランチセット」を選択。
クルド料理初心者なので、いきなりアラカルトから攻めるのは早い気がした。用意してあるものからチャレンジしてみたい。

Aランチセットの構成は以下。(800円)

f:id:r-taro:20180114145536j:plain

  • インゲンと羊肉の煮込み
  • ブルグルの挽き肉団子包み揚げ
  • ブルグルプラフ
  • ピクルス
  • ヨーグルトドリンク

インゲンと羊肉の煮込み

まずは、インゲンと羊肉の煮込みを一口。
しっかり煮込まれてくたっとしたインゲンはピリ辛風味。噛めば噛むほどにじみ出る羊肉のうまみもたまんない。

f:id:r-taro:20180114145558j:plain

ブルグルの挽き肉団子包み揚げ

率直に言うと、今日の一番おいしかったのがブルグルの挽き肉団子包み揚げ。
ナイフを入れてみると、みしみしっと重みを感じる。少し厚みのある生地に、しっかり詰まった挽き肉はおいしい予感しかしませんよね?

f:id:r-taro:20180114150307j:plain

うん、スパイシーでうまい!まるでパンのようなサクサクとした生地も中毒性がありますね。
持ち帰りお惣菜であったら、リピートしてしまうよこんなの…。やばい(太る)。

ヨーグルトドリンク

料理の合間には、油っぽい口の中を洗い流してくれるヨーグルトドリンクを飲みましょう。

f:id:r-taro:20180114160949j:plain

飲むヨーグルトというと、どろっとしていてどっしりとした味わいを想像しがちですが、このヨーグルトドリンクは違います。 さらっとさっぱりしていて、口の中がすっきりする。もちろん無糖です。 「食事の合間に飲むのがクルド流」とメニューに記載されているのも納得。

f:id:r-taro:20180114145544j:plain

ブルグルピラフ

ライスのことも忘れてはいけません。
ライスに混ぜられた茶色の小粒の正体は、ブルグルと呼ばれるお米のようなパスタ。中東からヨーロッパでよく食べられているそうです。
見た目で何となく硬そうに見えたのですが、思ったより柔らかめ。ぷちぷちとした食感が楽しい。

自家製ピクルス

ライスの横に添えられているのは、塩とレモン汁だけで作られたというピクルス。それを聞いて「本当に?」という言葉しか出ないほど、謎のコクを感じた。乳酸発酵の力なのかな……。

ピスタチオコーヒーが気になる

すっかりAランチセットを平らげたころに思い出したのが、「メソポタミア」へ入ってくるときに階段脇の張り紙にあった「ピスタチオコーヒー」のこと。

メソポタミアコーヒー

ピスタチオで作られたコーヒーって一体なんなんだ?やっぱり緑色なのか?

お腹いっぱいだなぁと思いつつも、気が付けば「すみませーん」と店員さんに声をかけていた……。 コーヒーの話は次に続きます↓

「メソポタミア」へのアクセス

「メソポタミア」の最寄駅はJR埼京線 十条駅。
埼玉南部の川口市、蕨市にはクルド人が多く住んでいて、「ワラビスタン」なんて呼ばれているのを聞いたことあるでしょうか。 十条駅はそんな蕨駅から電車で20分ほどの場所にあります。

十条駅南口を出て右手を見ると、この通り「クルド家庭料理」の文字が目に入ります。

f:id:r-taro:20180114125951j:plain

この文字が張られているビルの正面に行くと、この通りメニューがディスプレイされているので

f:id:r-taro:20180114125959j:plain

迷わず3階まで階段を上りましょう! f:id:r-taro:20180114130005j:plain

駅からはこの通りの近さです!

「メソポタミア」公式サイト

公式サイトはこちらです。

クルド料理 - mesopotamiajp ページ!

飲食店で使えるお得なクーポン券の取得はホットペッパーで。
エリア選択→お得なクーポンから割引券やサービス券が入出できます。