読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと

特にありません

『鶴と亀』第四号を入手!奥信濃が面白くなるフリーペーパーだよ


【スポンサーリンク】

フリーペーパー『鶴と亀』の第四号を入手してきました!『鶴と亀』とは何かというと、長野県奥信濃のイケてるじいちゃんばあちゃんをスタイリッシュに紹介するフルカラーの冊子です。まぁこういうのは文章で紹介するよりも、実際に見てもらった方が早いよね。

というわけで、『鶴と亀』第四号はこちらです。

f:id:r-taro:20151001074841j:plain

中指を立てた軍手がインパクト・大!だよ。

特集 ファッション キラ

『鶴と亀』第四号の特集は、ファッション。

じいちゃんばあちゃんたちの洋服って、なんとなく地味なイメージがある。色も抑え気味だし。

f:id:r-taro:20151001075923j:plain

『鶴と亀』では、柄に柄で合わせる、手ぬぐいをベルトがわりにするなど、じいちゃんばあちゃんたちの攻め攻めファッション写真が楽しめます。

こうやって写真を見ていると、じいちゃんばあちゃんのファッションが気になってくる。普段はなんとも思ってなかったのに、不思議だよね。すると、街の洋品店なんぞをのぞきたくなってくる。「でも、私にはまだちょっと早いかな」なんて腰が引けてしまうようじゃまだまだですね。

じいちゃんばあちゃんファッションをサンプリング

特集のなかで、じいちゃんばあちゃんの帽子や服をサンプリングするという試みも行われている。元となる洋服の柄を布にプリントして帽子やスカートを作って、若者が着てみるというものです。

f:id:r-taro:20151001082252j:plain

強烈に見えた柄もこうして見てみると、あれ?なんかおしゃれだな?と自分の頭が混乱していくのが分かるのが面白かったよ。

『鶴と亀』 配布場所

地元長野県飯山市を中心に、全国各地で配布されています。北は青森から、南は沖縄まで。あれっ、台湾にも置いてある店があるの!?

配布場所一覧はこちらからどうぞ。
鶴と亀 設置場所 - 鶴と亀

今回は渋谷パルコ4階のonly freepaperという、フリーペーパー配布スペースで手に入れました。『鶴と亀』はメディアでもじわじわと話題になってきているので、気になる方は早めにどうぞ。

『鶴と亀』公式サイト

鶴と亀 フリーペーパー

関連記事

risa.hatenablog.com
『鶴と亀』との初遭遇は中目黒の古書店でした。

risa.hatenablog.com
かもめブックスで展示を行った時のレポ。コンパクトだけど、中身の濃い展示でした。

以上、「『鶴と亀』第四号を入手!奥信濃が面白くなるフリーペーパーだよ」でした。