日々のこと

特にありません

『思わず触れたくなる美肌をつくる 身だしなみメイク』(加藤 智一)を読みました


【スポンサーリンク】

30歳をこえたら化粧は身だしなみのひとつ。

いやあ、全くだなあ、と思うのです。20代の頃は多少奇抜な化粧をしてても「若いから」で済まされる部分もあるでしょ。意図せずに奇抜になっちゃうこともあるけどね。*1

日本では女性は「若い方が良し」とされている部分も多くあります。だけど、それは若いときのままの装いで良いというわけではない。年齢に合わせて変えていくからこそ、より若く美しくいられる。

美しいまで行かずとも、他人に不快感を与えない程度にはいたいよねー。

http://www.flickr.com/photos/64636777@N03/7062111723
photo by martinak15


「実際もう若くないんだから、現実を見つめてより良い方向にいこうよ」と提案するのが「思わず触れたくなる美肌をつくる 身だしなみメイク」という書籍でした。いや、書籍にはもっと柔らかく書いてあるけどね!
思わず触れたくなる美肌をつくる 身だしなみメイク

つまりは、トレンドよりも清潔感を、インパクトよりもバランス感を重視した、大人のためのナチュラルメイク。

素顔を美しく際立たせることで、"感じのいい印象"を演出できる、身だしなみとしてのヘア&メイク術です。

「身だしなみメイク」で触れているのは、多くの人に「感じが良い」と思われるような身だしなみケア。年を重ねた上での身だしなみは「清潔感」「うるおい」がキーポイントっぽい。確かにカサカサしてると「老けてる」とか「暗い」などのネガティブなイメージがありそうだしね。

ざっと通して読んでみたのだけど、"「いかに雰囲気が変わるか」という効果から、ヘア&ボディケアを選ぶ"というのは面白いなー、と思いました。あえて「いつもの香り」を外して、自分がなりたい印象優先で。その方がモチベーションアップして、ケアも続くよね、ということなんだそう。「なりたい自分に似合う香りとは?」という視点で選ぶのは楽しそう!

それから、「毛髪のうねりって加齢が原因だった」というのは、個人的には目からウロコ。髪の毛がうねって絡まりやすくなったなーと思ってたけど、そうか、加齢だったか…。

著者の加藤さんのおすすめのブラシは「アッカカッパ」というイタリアブランドの「プロテクションスカルプNo.946」という製品だそう。ループ状のブラシで毛髪が絡みにくく、イイ感じに頭皮を刺激できるのだとか。

興味を持ちつつも「こういう本に載ってるんだから、どうせ高いんでしょー」とググってみたら、確かに高かった。
アッカカッパ プロフェッショナルヘアブラシ プロテクションスカルプ No.946 | ヘアブラシ | W and P オンラインストア

いや、でも約5000円かー。買えなくはない。長く使えるならいいかも…。うっ、ポチってしまいそう。

趣味にお金を割くのもいいけど、身だしなみの方にもちゃんと予算を配分しないとだしね!(という言い訳)

「身だしなみメイク」目次

  1. もう"若づくり"は卒業!見た目印象の"違和感"をなくす
  2. 身だしなみメイクの前に!清潔感を高めるフェイスケア
  3. 身だしなみメイクで、あなたの"基本顔"をつくる!
  4. 雰囲気美人になるために、ヘアとボディの身だしなみケア
  5. 男性が密かにチェックしている「7つの印象ポイント」
  6. 身だしなみメイクで、40代を輝かせる
  7. 思わず触れたくなる美肌になる、身だしなみコスメ52

最後の章には、具体的におすすめのアイテムが写真付きで掲載されてるよ。デパートのコスメフロアにあるようなブランド中心。年齢を重ねつつ美を求めるには、ある程度の出費は覚悟せねばならないのか…。

以上、「思わず触れたくなる美肌をつくる 身だしなみメイク」の紹介でした。

思わず触れたくなる美肌をつくる 身だしなみメイク

思わず触れたくなる美肌をつくる 身だしなみメイク

*1:「昔やってた間違った化粧やオサレ」でググると…!?