読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと

特にありません

行田のオートレストラン「鉄剣タロー」へ行ってきた


【スポンサーリンク】

埼玉県行田市のオートレストラン「鉄剣タロー」

埼玉県行田市の国道17号バイパス沿いにあるオートレストラン「鉄剣タロー」に行ってきました。

f:id:r-taro:20150928075524j:plain

オートレストランというのは何かというと、指定の金額を支払うと自動的に食事が提供される食堂なるものです。「自動的」という響きに「おぉ!近未来的!!」と思うかもしれませんが、どっちかっていうと「昔懐かし」の枠に入りそうな機器が「鉄剣タロー」には揃っていました。いったいどういうことなのか。中に入れば分かります。

「鉄剣タロー」の中へ

さて「鉄剣タロー」に入っていきましょう。壁面のロゴは、運転で疲れた心をほっとさせてくれるようなレトロ感にあふれています。

f:id:r-taro:20150928075933j:plain

入り口正面で迎え撃つ飲み物の自販機の姿は、高速道路のSA・PAなどでもおなじみの光景。だけど、よく見ると右端になんだかちょっと様子が違うマシンがある。

f:id:r-taro:20150928080051j:plain

こちらはメダルゲームだったもの、でした。警察の指導により、現在は使用不可とのこと。基本的に店員さんがいないお店なので、いろいろあるんでしょうかね。

f:id:r-taro:20150928080215j:plain

自販機ゾーン付近は、若者達や家族連れで賑わっていました。どこかで話題になってるのを見てきた人なのかなー。写真パシパシ撮ってる人もいた。(私もそうです)

駐車場には地元ナンバーを中心に、10台くらい停まっていました。私が訪れたのは休日夕方というのもあったのか、すべて自家用車でした。17号バイパス沿いという立地を考えると、夜間にはトラックの運転手の利用もあるのかもしれないなぁ。

f:id:r-taro:20150928080453j:plain

自動販売機シリーズ。(ハンバーガーとホットサンドの自販機は撮り忘れた)

f:id:r-taro:20150928082013j:plain

残念ながらアイスの自販機は使用不可。修理用の部品が手に入らないので、復活できないのだそうです。

入り口手前には「節電のためコンセントを抜いてあります」という反射神経テストが置いてありました。使いたい人はコンセントを入れれば使えます。

f:id:r-taro:20150928081228j:plain

奥はゲームコーナー。「闘龍門」が目立ちますが、もちろんそれ以外のゲームもありますよ!

f:id:r-taro:20150928080832j:plain

ここまで来たのだから何か食べましょうそうしましょう。というわけで、自動販売機でハンバーガーを購入。220円でした。

f:id:r-taro:20150928080725j:plain

このハンバーガー。子供のころに両親とスーパーに行ったときに、たまに買ってもらったんですよねー。自動販売機でハンバーガーが買えるという珍しさと、外食(?)でテンションが上がった覚えがあります。

店内の右半分は映画『TOKYOTRIBE』の世界

入り口から向かって右手側には、映画『TOKYOTRIBE』にてPenny'sというファミレスのロケ地として使われたスペースがあります。

f:id:r-taro:20150928081343j:plain

男性のイラストが見つめているのは、両替機とティッシュの自動販売機。この左手側はお手洗いがあるんです。

f:id:r-taro:20150928081729j:plain

訪問者からの手紙がたくさん

f:id:r-taro:20150928081045j:plain

「鉄剣タロー」に訪れた方からの手紙が展示されていました。なかには花の種を持ち帰った方からの写真も。

鉄剣タローへのアクセス

住所:361-0037 埼玉県行田市下忍315(鉄剣タローへの地図

あえて最寄駅を言うなら、JR高崎線の吹上駅でしょうか。歩いたら40分くらいかかるみたいなので、お勧めできません。遠征民は、タクシーかレンタカーの使用が吉。

近くにはUFO基地もあります。

以上、「行田のオートレストラン「鉄剣タロー」へ行ってきた」でした。