読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと

特にありません

手帳に書く予定がなくて困るなら、その日にやった事を書けばいい

買いました(文房具)

【スポンサーリンク】

年始といえば、持ち物をリニューアルする良いタイミング。そういうわけで、手帳を買いました。高橋書店のリシェル3というバーチカルタイプの手帳です。1月始まりなので、今から手に入れても問題ありません。

f:id:r-taro:20160104201202j:plain

バーチカルタイプを選んだ理由

バーチカルタイプというのは、見開きで1週間のスケジュールが縦に並んでいるものをいいます。時間の管理が直感的にできるのが便利です。

f:id:r-taro:20160104201324j:plain

手帳というと予定を書いていくものですが、私はこの手帳に日々のログを残していこうと思っています。つまり、作業日報的な使い方です。これなら書くことがなくて、手帳が真っ白のまま…ということになりません。

  • いつごろどんな仕事を手がけたか
  • それにどのくらいの時間をかけたか
  • 仕事で失敗したこと/良かったこと

こうした事を残しておくことで、業務改善のヒントが見つかるのではないか?と目論んでいます。

クオバディスも検討したけれど

バーチカルタイプの手帳を購入するにあたって、一番最初の候補は「クオバディス」でした。何せ、バーチカルを「発明」した本家本元ですから。

実際に店舗にクオバディス ビジネスのサンプルを見に行ったのですが、「書くところ小さくないか、これ…」とガッカリ。確かにデザインはすてきだけども、使いにくいものを無理して使う必要は無い。

「もう少し記入欄が多いものを」と探して見つけたのが、このリシェル3でした。

高橋 手帳 2016 リシェル3 ウィークリー A6 No.213

高橋 手帳 2016 リシェル3 ウィークリー A6 No.213

見開きページにメモ欄が少ないかわりに、日々の欄が少し大きめ。満足しています。

メモページに悩む

手帳の最後にはメモページがついているものですが、私はいつもこれを持て余してしまいます。

このリシェル3には、メモページの他に、薄いノートが付属しています。

f:id:r-taro:20160104201422j:plain

雑多なことはこちらのノートに書いているので、使うことはあるんだろうか…?
たたみ風ブックカバーにMDノートを入れて使ってみたら楽しい気持ちになった - 日々のこと

以上、「手帳に書く予定がなくて困るなら、その日にやった事を書けばいい」でした。