読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと

特にありません

結界を張っても入り込む不法侵入軍団に戦慄する雨の日


【スポンサーリンク】


雨の日は憂鬱だ。

通勤時に足元が濡れるのが嫌だとか、いい年こいて言うつもりはない(でも、風がふいたら遅刻して雨が降ったら休みたい)。

なぜか雨の日だけ遭遇する生き物がいるんですよ…。

 初めて彼らと遭遇したのは先月のこと。ある雨の日に様子を見てみようとベランダに出てみたら、何か見慣れないものが大量にウゾウゾと動いている。3cmほどのムカデだった。なぜか50匹ほどいらっしゃる。

アビャッとかウギャッとか変な声を出しつつ、急いで部屋の中に入った。そして、何も見なかったことにした。

とはいえこのまま放置しているとムカデの家なのか人間の家なのかわからなくなってしまうので、ムカデ避けの薬をベランダに撒いてもらった(自分でやるのはつらい)。なんともいえぬ薬品の臭いをかぎつつ、「ヨッシャー!これでベランダ出放題!!」と万歳三唱したい気持ちでいっぱいになった。

しかし、彼らも負けていない。

しっかりと張ったはずの結界を乗り越えて、雨の日は相変わらず我が家に不法侵入だ。さすがに結界を越えるのはハードルが高いみたいで、訪問者は10匹程度の精鋭にまで絞り込まれていた。

「雨が降ったら涼しいね~」なんて夕涼みをしにベランダに出ようものなら、そこには小ムカデさんも同席しているという寸法。かわいいネコチャンが遊びに来ているならともかく、小ムカデ軍団か…。

この梅雨の時期を乗り切るには、結界の更なる強化が必要だと思われる。

 

うちに撒いたのはこれ↓

フマキラー アリ・ムカデ粉剤 1kg

フマキラー アリ・ムカデ粉剤 1kg