日々のこと

特にありません

1年で30キロ痩せた体験記


【スポンサーリンク】

スリム美人の生活習慣をマネしたら 1年間で30キロ痩せました(わたなべぽん)」を読みました。軽いタッチのコミックエッセイで、本屋でパラ見して面白そうなので買っちゃいました。

体重・体脂肪が気になる私としては、思わずうなづいてしまうことばかりでした。 ためになるダイエットノウハウが載っているかな!?と思うと肩透かしをくらうかも。どちらかというと、ダイエットに勢いをつけるためのモチベーションアップ本です。

著者のわたなべぽんさんの最高体重は95キロ、体脂肪52%。ここからのダイエットスタートです。

f:id:r-taro:20140820132946j:image

 

ここまで体重が増えてしまうと、日常生活で不便に感じることが多くなってしまいそう。実際に著者も自宅の便座を割ってしまうという事故を起こしているし。もちろん、体の調子も心配になってくるよね。

そんなわたなべぽんさんが考えたのが「スリム美人の真似をしてみる」というダイエット。SNSでスリム美人とおデブな人の日記を比べて、あまりにも違いすぎる生活にショックを受けたことから考えた方法のようです。

 

f:id:r-taro:20140820132943j:image

太ってる人は太って当たり前の生活を送っていて、考え方もやっぱり太ってる人特有のものが感じられます。著者が考えたやせている人と太っている人の違いが例としてたくさん挙げられているので、自分自身を見直すきっかけにもなりました。「うええええ、これってデブる考え方だ!」みたいな、ね。

せっかくダイエットに成功しても、考え方がデブのままだとすぐにリバウンドしてしまう。それならば、スリム美人の生活習慣と考え方を丸ごと真似してしまうのが手っ取り早い。「美人なら○○はしないよね」という考え方も前向きでいいな。

 

そういえば「心がデブ」なんていうセリフが出てくる漫画もあったね~。

脂肪と言う名の服を着て 完全版

脂肪と言う名の服を着て 完全版

 

 

うっかりしたら95キロになってしまった自分と。

f:id:r-taro:20140820132934j:image

理想のスリム美人の差よ…。

f:id:r-taro:20140820132940j:image

この本では特別変わったダイエットテクニックが描いてあるわけではありません。ダイエットとして行ったのも食事を含む生活習慣の見直しと、ウォーキングぐらいかな。それでも1年足らずで30キロの減量に成功!

f:id:r-taro:20140820132937j:image

毎日どのように過ごすのかというのが、いかに大切なのかが身にしみますね…。2桁キロ痩せたいわけじゃないけれど、「美人ならどうするか?」って考えて行動するのは真似してみよう。

 

「スリム美人の生活習慣をマネしたら 1年間で30キロ痩せました」内で紹介されている「やせるPoint」はこちら。

やせるPoint
  • まずは自覚しよう!
  • 理想の美人像を描いてみよう!
  • 今の自分を見つめなおしてみよう!
  • 食生活を振り返ろう!
  • 満腹感を意識しながら食事しよう!
  • 食事は空腹を感じたら!
  • アルコールは味わっていただくのが美人!
  • ご褒美はますます美人になれるものを!
  • 運動は無理のない時間帯で!
  • 運動中はナルシストになって自分をホメまくろう!
  • 体の変化に気づけば運動はもっと楽しい!!
  • 停滞期はぜ~ったいあせっちゃダメ!
  • 旅行先の食事は写真を撮って客観的に見てみよう!
  • 食べ過ぎてもあせらず翌日の食事で調整しよう!

「現実をしっかり見つめる」ことの大切さを感じますね。

 

1年で30キロのダイエットに成功、それからどうなった!? - 日々のこと

 

標準体重前後からさらに痩せたいなら、続編のほうが参考になるかな?後で読んでみようっと。

もっと!スリム美人の生活習慣を真似したら リバウンドしないでさらに5キロ痩せました (コミックエッセイ)

もっと!スリム美人の生活習慣を真似したら リバウンドしないでさらに5キロ痩せました (コミックエッセイ)

 
スリム美人の生活習慣をマネしたら 1年間で30キロ痩せました (コミックエッセイ)

スリム美人の生活習慣をマネしたら 1年間で30キロ痩せました (コミックエッセイ)

 

関連記事

続編「もっと!スリム美人の生活習慣を真似したら リバウンドしないでさらに5キロ痩せました」の紹介記事。「ちょっと太め」の状態からスリム美人へ近づくには、やっぱり大切なのは「心がけ」と「行動」でした。

食べ過ぎてしまう心理に着目し、生活習慣の改善や新しい考え方の提案をする本。無意識にやってしまっているデブのもとになる行動も、その事実に気づくことができれば改善できる!