日々のこと

特にありません

塩那スカイライン、それは栃木に住んでた私が個人的に好きな紅葉スポット!


【スポンサーリンク】

私が好きな栃木県の紅葉スポット。それは塩那スカイラインです。塩那道路と呼ばれることもあります。マンガ『頭文字D』で取り上げられられたらしいので、そっちで知ってる人もいるかな?

正式名称は「栃木県道266号中塩原板室那須線」。その名のとおり温泉で有名な塩原と板室を結ぶ観光道路として整備され…る予定の場所でした。

塩那スカイラインは1971年に工事用パイロット道路の貫通にいたるも、オイルショックで建設工事が休止。そしてバブル崩壊のあおりを受けて整備計画が事実上凍結となってしまいました。

現在は塩原側から少し入った土平(どだいら)園地、板室側から少し入った深山園地までの区間のみ開通しています。本来であればそれぞれ繋がるはずが、行き止まりの状態になっているというわけです。

塩那スカイラインの構想ルートは、集落も人家もないような場所を切り開き、標高1000m以上の稜線を縦走するという豪快すぎるものでした。ルートの最高地点が1800mを超えるというのにも、謎の勢いを感じます。

塩那スカイラインのいいところは、好き好んで来る人以外は近寄らない場所なので道が空いているところですかね!行き止まりになっている上に道路沿いには何もないので、「よし、塩那スカイラインに行くぞ!」と思い立たない限りは行くことがないんだと思います。

ただし、塩那スカイラインにたどり着くためには、塩原温泉郷のど真ん中を通っていく必要があります。残念ながら、その付近では混む可能性が高いんですよね…。

他にも「車がないと行けない」「カーブ多すぎて手が忙しい」などの問題がありますが、どんどん高さを増していく風景には思わず目を奪われてしまうことでしょう(でも、ちゃんと前を見て運転してね!)。 

塩原側からの行き方

西那須野塩原インターで降りて、国道400号線を延々と走る。やがて「木の葉化石園」の看板が見えてきたら、「木の葉化石園」の脇を入って山を登っていく。

こちらが塩那スカイラインの入り口付近の画像です。

https://www.google.com/maps/preview?q=36.981371%2C139.805913
那須塩原市, 栃木県県道266号線

塩那スカイラインについて前述のエピソードを知らなければ、なんてことはない普通の道路ですね。

https://www.google.com/maps/preview?q=36.99189%2C139.803733
那須塩原市, 栃木県県道266号線

地図はこちら。

この塩那スカイラインが好きな理由として、イケイケな時代にテンション高く開発をしていたものの、バブル崩壊で計画があっけなく凍結してしまったというエピソードに妙にノスタルジーを感じるというのもあるんですよね。

もし塩原方面に自動車で来る機会があれば、ぜひ塩那スカイラインもあわせてどうぞ!

※塩原の紅葉の写真はじゃらんから引用しました。

「記憶に残る風景」 #地元発見伝
地元の魅力を発見しよう!特別企画「地元発見伝
http://partner.hatena.ne.jp/jimoto/