読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと

特にありません

髪の毛が痛みまくってチリチリになる原因はこんな習慣でした


【スポンサーリンク】

これをやると髪の毛が傷む!という生活習慣をお知らせします。この間行った美容室の方の受け売りだけどね!

http://www.flickr.com/photos/129851834@N06/16051880019
photo by J.Zemaitis

シャンプーの前のブラッシングに要注意

シャンプーする時に、ブラッシングをすると良いっていいますよね。髪の毛についたホコリや、頭皮の汚れが取れやすくなる。

だけど、シャンプー前のブラッシングも、やり方によっては髪の毛を痛める原因になるんだって。

頭皮から毛先まで力をかけて、毛の絡まりを解くようにとかしてませんか?

ぐいっと力を入れて梳かすのはキューティクルを傷める原因になります。髪の毛は物理的な力に弱いのです。

シャンプー前にクシを入れるのは悪いことではありません。実際に汚れも落ちるし。

だけど毛先までぐいぐいとかす必要はないということです。

髪の毛を結ぶ時に力をかけてる?

セミロング以上の長さだと、この季節は首の後ろが暑くてしかたない。そこで、ヘアゴムやシュシュで結ぶことがあると思うのだけど。

二つに分けた毛先を持って、ゴムが落ちてこないように締めることってあるでしょうか。

これも髪の毛を傷めるよ!物理的に力をかけてるからね。

髪の毛はしっかり乾かそう

キューティクルが開いたままなので、傷みやすくなります。

これは言われるまでもなく知ってるよ!の声が聞こえてきそうですが、ケアの基本として書いておきます。

傷んでしまったキューティクルを引き締めよう

髪の毛を乾かす時、毛束をもって内側にクルクルとねじってみてください。開いてしまったキューティクルが引き締まるんだって。

「ドライヤーの温風を当てた後に冷風を使うと引き締まる」というのは聞くけれど、こういう方法もあったとは。

クルクルするだけなら特別な道具やお金もいらないし、すぐにでも取り入れられるよね。

髪の毛がツヤツヤになるヘアケア製品については、こちらに書きました!risa.hatenablog.com
明日には届くかなー。

髪の毛は年齢の出やすい部分だから、気をつけていきたいものです。

追記:
ケア用品が届いたよ!risa.hatenablog.com