日々のこと

特にありません

突然、リーダーに後を託されたので、乗り切りかたを考えてみた


【スポンサーリンク】

リーダー役は突然やってきた

今まさに「リーダーの仕事って大変だなぁ…」と実感している、ところ。

我がチームのリーダーが諸事情により1ヶ月ほど離脱するので、その間のチーム内取りまとめ役を依頼されている。「今朝言われて明日からよろしく」くらいの急さだったので、引き継ぎ時間は3時間くらい。

4人チームから1人抜けるだけでも、けっこうな戦力ダウン。それがチームリーダーならなおさらだ。 例えるなら「4人から3人にダウン」ではなくて、2.5人になったくらいのインパクトがある。3人のうち1人は異動してきたばかりなのもあって。

重要なものごとの「決め」は、リーダーの一つ上の上司が受け持つので、私の立場は「期間限定ややリーダー」くらいだろうか。

「ややリーダー」数日経過

これは、思ってたより大変だぞ、と思った。

まず、管理作業に時間が取られる。

今までは主に自分の仕事を気にしてればよかった。他メンバの仕事は「アレ終わってなさそうだけど、大丈夫かな~」くらいにヌルい感じに気にしてればよかった。他の人への仕事の割り振りと進捗管理はリーダーがやるから。でも、それは今の私の仕事だ。

それから、リーダー役には細々とした仕事も多いことに気がついた。

一つ一つは大した時間がかかる仕事じゃないけれど、積み重なるとなかなかボリュームがあった。例えば、他部署からの問い合わせ対応とか、メイン業務の進捗確認とか…その他諸々。チームメンバーからの質問の対応もある。

夕方に日報を書いていたら、元々自分が持っている仕事がろくに進んでいないことに茫然とした。

何でも自分だけでやろうとするのは無理ですね

数日間取りまとめ役をやって思った。

実業務と平行して管理業務もやるのは、今の人数と私の能力ではキツいわー。

取りまとめ役を頼まれたからって、何も無理して「私が、がんばる!!」と意気込みすぎる必要はない。もっとみんなに頼ろう。

今は繁忙シーズンに突入していることもあり、目の前のタスクに追われ気味な部分がある。まずは、改めて業務の棚卸から。

今あるタスクの見える化をした

まずはマインドマップを使って、頭の中のことを吐き出していく。マインドマップとは、連想ゲームのようにして思考を連ねていくというもの。

わたしはGoogle のブラウザ、Chrome上で操作できる「Mind mup」というアプリを使っている。❨Mind map の誤字じゃなくて、そういう名前なんです❩ MindMup 2

データはGoogle ドライブに保存されるので、Google アカウントを持っている人となら作成したマインドマップを共有できる。

作成したマインドマップは、朝会で予定の話をするときの材料にしようかと思います。