日々のこと

特にありません

仕事でExcelを使う人必読。『Excel VBAの神様 ボクの人生を変えてくれた人』を読んだので感想を書く


【スポンサーリンク】

「仕事でExcelを毎日使ってるけど、もっと楽できないかな」と思っている方。Excelのマクロ機能を使えば便利になるらしいけど、難しそうで何となくやる気が出ないという方。

『Excel VBAの神様 ボクの人生を変えてくれた人』という初心者向けノウハウ本がお勧めです。仕事で5年以上VBAを書き続けてきた立場から、感想を書いてみます。

Excel VBAの神様 ボクの人生を変えてくれた人 

『Excel VBAの神様 ボクの人生を変えてくれた人』のあらすじ

『Excel VBAの神様』は、ハウツーとエンタテインメントを両立した、Excel VBAの入門書です。

主人公の江藤真二は上司を見返すために、夜の公園で出会ったホームレス風の男、白百合龍馬にExcel VBA・マクロを教わる…という物語仕立てで進んでいきます。

営業部で働く真二は、「マクロ?ナニソレ?経済と関係あるの?」状態。

そんな彼もマクロの記録から始まり、オブジェクト、メソッド、プロパティ。算術演算子と、関数。そして条件分岐と繰り返し。こんな呪文みたいなものまで操ることができるようになり、自力で「見積入力システム」を作るところまでたどり着くことに…!

『Excel VBAの神様 ボクの人生を変えてくれた人』の感想

初心者の真二と一緒にExcel VBA・マクロを学んでいくような気分で読み進めることができるので、いわゆるマニュアル本よりとっつきやすいとおもいます。

いきなりExcelの画面がババっと大量にあるような本って、なんとなく威圧感がありませんか?ある程度Excelに慣れてるなら良いのだけど、まるっきりの初心者だと本を開く気分にすらなれないんじゃないかと。だって、訳分かんないもん。

物語形式ならばスルッと世界に入りやすいので、「Excelのマクロ機能ってどんなことができるのかな」とざっくり知るのに最適だとおもいます。

これはあり得ない話ではない

主人公の真二は、まずはマクロの記録機能を使う所からスタート。最後には見積もり入力システムを作るところまでたどり着きます。そんなのお話だからできるんでしょ、なんて思う?

でもね。仕事でExcel VBAを使っている立場からすると、これはありえない話ではないぞ、と思うのです。

Excel VBAを書くのって、以下の二つがしっかりしていればそれほど難しいものではありません。

  • Excelの基本的な機能を理解している
  • どんな仕組みのものを作りたいか明確になっている

結局のところ、人力でやろうとしている、人力でやってきたことを自動化するだけだからねー。

Excelのマクロ機能を使えば、数時間かかる仕事が5分で終わるというのもよくある事です。ヒーヒー言いながらやってた仕事が、ボタンポチっしてトイレ行ってる間に終わってたら素敵じゃない。そう思うなら、Excel VBAを始めてみてはいかがでしょうか。

Excel VBAの神様 ボクの人生を変えてくれた人

Excel VBAの神様 ボクの人生を変えてくれた人

以上、「仕事でExcelを使う人必読。『Excel VBAの神様 ボクの人生を変えてくれた人』を読んだので感想を書く」でした。