日々のこと

特にありません

テストする女性誌LDKで化粧水・乳液&クリーム・美容液などをズバリ検証。「買い!」なアイテムは?


【スポンサーリンク】

テストする女性誌LDK2016年12月号の特集は、化粧品の定番コスメ本当の実力大検証。国際毛髪皮膚科学研究所所長、皮膚科医、メイクアップアーティストなどの協力を得て、定番コスメの検証を行っています。

"「売れてるから」は良いコスメの証拠になりませ~ん!"とはなかなか挑戦的だわ❨相変わらずともいう❩

基礎化粧品部門から、化粧水・乳液&クリーム・美容液の「買い!定番」と「ダメ定番」をピックアップし、個人的な感想を書いてみました。

f:id:r-taro:20161115205942j:plain

※画像クリックで購入サイトが開きます

化粧水検証結果

テスト方法

保湿力、成分、使用感の3つ。

買い!定番

リッツ シェイプモイストローション

リッツ シェイプモイスト ローション 150ml

ダメ定番

コーセー 薬用雪肌精
コーセー 薬用雪肌精 200ml

個人的な感想

雪肌精は知ってるけど、リッツって何!?

あっ、ドラッグストアで売ってる化粧水なのか。この化粧水、シェイプモイストローションのお値段は千円くらい。

保湿力のグラフがひとつだけ抜きん出ているし、使用感も成分もハナマル。千円なのに…???

公式サイトを見てみると、
保湿成分のセラミド3、セラミド2、セラミド6IIが配合されているみたい。クダモノトケイソウ果実エキスやザクロ果実エキスも保湿用かな。乾燥しがちな冬に嬉しい化粧水ですね。

早速テスターを使ってみたのですが、かなりしっとり系の化粧水でした。肌からスルスルとこぼれずに、留まってくれる。夏には重いけれど、秋冬ならいいかなー。

雪肌精は昔からある定番というイメージですが、それが仇となった印象。きつめの成分か含まれているらしく。

乳液&クリーム検証結果

テスト方法

化粧水と同じく、保湿力、成分、使用感の3つ。

買い!定番

ミノン アミノモイスト モイストチャージミルク

ミノン アミノモイスト モイストチャージ ミルク 100g

ダメ定番

クリニーク ドラマティカリーディファレント
モイストチャライジング ローション プラス
【クリニーク】ドラマティカリー ディファレント モイスチャライジング ローション (DDML) プラス 125ml(並行輸入品)

個人的な感想

ミノンは敏感肌用ということで、肌に優しいイメージそのままの結果が出ました。でもお値段は優しくないね~。ドラッグストアコスメなのに、2000円超え。ネットだと多少安いかな?といった感じ。

こちらもテスターを使ってみましたが、サラサラかつしっとり。塗った後の肌はペタペタしない。変に香り付けとかされていないのも好印象。あとは安ければ…。

クリニークの保湿力は、すごくいい。刺激の強い成分が入っているのと、すこぶる使いにくい容器のせいでマイナス評価。
確かにあの容器は、量が減ってきたら出しにくそう。

美白美容液検証結果

テスト方法

潜在シミの減少数、成分、使用感。

潜在シミの減少数は、モニターが2週間美容液を使用したビフォー・アフターを専用機械「VISIA」にて計測したのだそう。

買い!定番

無印良品 敏感肌用 美白薬用美容液
無印良品 敏感肌用 薬用美白美容液 (新)50ml

ダメ定番

ロート製薬オバジ C10セラム
ロート製薬 オバジC10セラム 26ml [134502]

個人的な感想

ちょっと、昼休みに無印行ってくる!と駆け出したくなるのは、シミが気になるから…。潜在シミが54個減ったというビフォー・アフターの写真は、なかなか見応えありました。密集していたシミが分解されているから、そのまま小さくなっていくことを期待していいのかな!?

オバジはシミ対策の定番ですよね。ドラッグストアに行くと棚の上の方に置いてある。刺激が強いってのは分かる気がするなー。昔使った時に、コンディションによっては、肌がピリッとした覚えがある。

最後に

 
今月号には基礎化粧品のほかにも、化粧下地、ルージュ、チーク、アイシャドウの検証をしています。

また付録として、市販クレンジングのABCランク付けも行っていました。私の使っているアイテムはC判定でしたね…。

自分の使っているメイクアイテムの検証結果が気になる方は、ぜひ本誌でチェックしてみてください。

2016年秋冬版ということなのか、前回良い評価だったコスメのランクが下がっていたり…?と、なかなか面白い結果になっています。

LDK (エル・ディー・ケー) 2016年 12月号 [雑誌]

LDK (エル・ディー・ケー) 2016年 12月号 [雑誌]

安くてもいいものはあるとはいえ、自分で探してみるのはなかなか難しい。だからこそ、こういう特集は続けてほしいですね!

ちなみに、LDK 2016年12月号は、Kindle unlimited 対象です。