日々のこと

読書と文具たまに旅行。趣味と仕事の両立が永遠のテーマ

香港の古い建物が楽しめる屏山文物徑を散策してきた

7月に香港へ弾丸旅行に行ってきました。深夜便を駆使した一泊四日な旅です。 1日目午前は、新界エリアにある屏山文物徑に向かいます。二年ぶり二回目。 前回行ったときの記事はこちらです ⇒香港・新界の古い街並みを歩く~屏山文物徑❨Ping shan heritage tra…

手持ち夜景が簡単に撮れるOMD EM10 Mark2で花火を撮ってきた

タイトルの通り、OLYMPUSのミラーレスカメラOMD-EM5 Mk2を使って手持ちで花火を撮ってみた。 思い付きで帰りがけに花火大会に寄ったので、三脚がない。でも、我がOMD EM10Mark2には「手持ち夜景モード」があるじゃないか!という訳で、初めての花火撮影にチ…

『スターリンの息子』(マルティン・エスターダール)を読みました

『スターリンの息子』を読みました。 目次 『スターリンの息子』のざっくりとしたあらすじ 『スターリンの息子』は気持ちいい なぜこの本を読もうとしたのか 『スターリンの息子』はここから購入できます。 『スターリンの息子』のざっくりとしたあらすじ 『…

『モスクワの伯爵』は人生……!32年間ホテルに軟禁されたロシア貴族から学ぶ、毎日を楽しむコツ

あー、今日も何もしないで終わってしまった……。ぼーっとしただけで過ぎた一日を振り返って、じんせい、とは。と考えてしまう。 そんな休日の減点を取り戻したい時には読もう、これを読もう。 『モスクワの伯爵』。 読後のずっしりとして満足感は、600ページ…

脇道、一本裏通りが好き

表通りから一本入ったところ。裏道、脇道、裏通りが好き。 メインストリートの喧騒から逃れるように、ヒョイと脇道に逸れる。さっきまでのザワザワだんだん遠くなっていく。 人の少ない通りを宝物探しをするかのように歩くのもいい。きれいな花、面白看板な…

ウズベキスタン料理を食べてきた。アロヒディン八丁堀店にて。

都内でウズベキスタン料理が食べられるというお店、アロヒディンに行ってきました! 目次 ウズベキスタン? アロヒディン到着 まずはサラダとスープから メインは全部食べたい タバカ バルボニア 骨付き羊 いいものを食べた、という満足感がすごい 関連記事 …

千駄ヶ谷住宅跡地。新宿駅から徒歩10分の廃墟

新宿の文化学園服飾博物館に立ち寄った後、甲州街道からふらっと脇道に入ると興味深いものを見つけた。 細い道の両脇に団地が5棟並んでいる。 表通りの喧騒が嘘のように、しんと静まり返っていて建物からは人の気配が全くしない。 団地の出入口には針金がい…

横須賀美術館『縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展』に行ってきた

行ってきました、横須賀美術館『縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展』。 どこで開催を知ったか忘れましたが(たぶんTwitter)、ポスター等で使われているミニチュア作品を見て、「あっこれ私好きなやつ」と直感しました。 会場は横須賀美術館、期…

マルゴサイダー(地サイダー)を飲んできた

『マツコの知らない世界』で紹介された、というと何か権威付けされたかのようなイメージがありますよね。その手の達人が持ち込んで紹介してるからなのかな。 というわけで、「地サイダーの世界」の回で紹介された「マルゴサイダー」を飲んできました。 目次 …

20年前の写ルンですを手に入れたので使ってみようと思う

1999年8月。ノストラダムスの予言が本当だったら、世界が滅びた次の月。 有効期限としてそんな年月が印字された写ルンですをフリマアプリ経由で入手しました。 そもそもなんでこんなものを購入したのかというと、部品取りに利用しようと思ったんです。 かね…

そごう美術館にて「ウィリアム・モリスと英国の壁紙展」に行ってきた

そごう美術館にて観てきました!ウィリアム・モリスと英国の壁紙展。 エマとかシャーリーとかあの辺の世界観にグッとくる方には刺さると思います! 期間は2019年6月2日(日)まで。 目次 「ウィリアム・モリスと英国の壁紙展」とは? 緻密な仕事の積み重ねで…

広島県 尾道の千光寺公園で猫と戯れる

街歩きをしつつ猫の写真を撮るにあたって、 偶然出会った猫を撮る そこにいることを知ってる猫を撮る の2パターンがある。 今回は後者。猫が集まっていることで有名な、尾道の千光寺公園へ猫の写真を撮りに行ってきました。 時刻は17時すぎ。いまの季節だと…

かわいいが詰まってる!「世紀末ウィーンのグラフィック デザインそして生活の刷新にむけて」に行ってきました。

今年は日本・オーストリア外交樹立150周年記念ということもあるのでしょうか。ウィーン関連の美術展がいくつか行われてますね。 Twitterで開催を知った、「世紀末ウィーンのグラフィック デザインそして生活の刷新にむけて 」を観に目黒区美術館へ行ってきま…

尾道の路地を歩いていたら、仲良しサビ猫ちゃんとキジトラ猫ちゃんに遭遇した

尾道駅へと伸びる山陽本線の線路を横切り、宝土寺へと向かう途中。 仲良しの猫二匹に出会いました。 目次 この階段がいつもの場所 今日も、会えた 関連記事 この階段がいつもの場所 まずは階段に一匹。 そしてあとを追うようにもう一匹。 適度な距離感である…

尾道の小道を歩いて、狛犬的猫に遭遇した

なんで猫って門柱が好きなんでしょうね。 門柱のてっぺんに狛犬みたいに座って、繋がれた犬をからかう猫。なんていうイメージはベタオブベタだと思うんですけど、マンガとかアニメからの刷り込みなんだろうか? そういうわけで、門柱のてっぺんに座る猫の写…

上野公園の牡丹が見頃でした(上野東照宮ぼたん苑)

タイトルで言いたいことを言ってしまった感があるけれども、東京・上野公園の牡丹(ぼたん)が見頃を迎えています。 目次 上野東照宮ぼたん苑にて第40回 春のぼたん祭が開催中 ぼたんの種類について ぼたんのつぼみ…? ぼたん以外もあるよ 第40回 春のぼたん…

東京・尾久の南北麺館にて、中国武漢名物「熱乾麺」を食べた

東京・尾久にて、中国・武漢名物の「熱乾麺」という麺料理を食べてきました。 目次 尾久って何があるの? いざ、南北麺館へ 熱乾麺と対面 南北麺館について 尾久って何があるの? 尾久。 かつては宇都宮線、現在は高崎線沿線の民としては、何度も何度も繰り…

資材置き場はエモい

誰もいない資材置き場はエモい。 なんだかぐっとくる。 高架下の資材置き場。 辺りに人の姿は見えない。 ただ、しとしとと雨が降るばかり。 この世界に誰もいないかのような寂寥感。ただそこには無機物だけが存在している。 文明や人類は衰退し、ただ朽ちて…

東邦亜鉛安中精錬所へ。まるで要塞のような雰囲気のある工場でした

思いつきで電車に乗って、高崎へ。そこから信越本線に乗り換えて安中駅で降りる。 昨年ぐんまワンデー世界遺産パスであちこち移動した時、車窓から見えた工場の風景が気になっていたんだ。 東邦亜鉛、安中精錬所。 山にへばりつくようにして建っている要塞の…

【五反田】胃に優しい味が嬉しい!台湾朝ごはん専門店「東京豆漿生活」に行ってきた

台湾ではお馴染みの朝ごはんという「鹹豆漿(しぇんとうじゃん)」をご存じでしょうか? 温かい豆乳にネギや油條と呼ばれる揚げパンなどの具材を入れた、塩味のスープです。 存在はしっていたものの、残念ながら食べたことがない……!果たしてどんな味なのか?…

To Walk Invisible(トゥ・ウォーク・インビジブル)を観た

暇な休日。Prime videoの「いつか見る」リストに入れておいた中から『トゥ・ウォーク・インビジブル』を観た。 女性が働くことがみっともないとされた時代、『嵐が丘』や『ジェーン・エア』、『ワイルドフェル屋敷の人々』などの小説を手掛けたブロンテ三姉…

『腐女子になって四半世紀経つとこうなる~底~懐古編』感想。古の同人オタク女子は「あった、あった」しか言えなくなるよ

『腐女子になって四半世紀経つとこうなる~底~懐古編』読みました。 いやー、90年代に青春時代を過ごした30代腐女子&オタク女子ホイホイな漫画でしたね……! テレホーダイ、偽エンター、きり番、グラデ便せん、定額小為替、同人封筒などのキーワードに反応…

中国の田舎暮らしと料理の動画にハマる。延々と見続けられます。

最近、Youtubeで中国の田舎暮らしと料理のチャンネルを見るのにはまってしまいました……! 日々の参考にするというよりは、未知の料理に対する好奇心を満たすために見る動画ですね。 同じような材料を手に入れられないだろうし、万が一入手できてもこんなに手…

ロシアのヤバい粉に手を出しました(コスメの話)

Twitterのコスメ好きの間で話題になっているというロシアのヤバい粉を購入してみました。 (この記事は2019/3/25に更新しました) 目次 ロシアのヤバい粉って? 早速開封 ロシアのヤバい粉を塗ってみよう 目元の下地必須なのかな ちゃんと落ちるの? ロシア…

年末のアメ横をカメラを持って歩く

年末の買い出しと言えばアメ横。 このイメージはどこで刷り込まれたものだろう? わざわざ買い出しにいかなくても近所で間に合うのだけど、この時期特有のお祭りっぽいアメ横の雰囲気は嫌いじゃない。 とはいえ、あまりも人が多すぎるのでJRの高架下へ逃げる…

The Busに乗ろう/5.5ドルのオアフ島縦断の旅

旅行醍醐味は、日常では味わえない体験ができること。たとえそれがどんなに小さなことでも、自分の好奇心を満たしてくれる。 ハワイ・オアフ島で体験したのは、地元民の足である公共交通機関のThe Busに乗ってみること。 目次 どこまで乗っても均一料金 トロ…

ハワイ・オアフ島のマノアの滝(Manoa falls trail)へ

ハワイ・オアフ島中心部から往復5.5ドルで行けるジャングルを歩いてきた。2年ぶり2回目のManoa falls trailだ。 目次 The Bus マノアの滝に向かって出発 巨大な蚊の大群に付きまとわれる 緑が美しい 地元民、強い 無事、ゴール おまけ 関連記事 トレッキン…

北へ。オアフ島北部の街ハレイワへ。

ワイキキでの買い物とかもういいよね、なんて生意気なことを言って、どこへ行こうか考えてみた。何をするにも高いハワイだけど、公共交通機関であるThe Busは懐に優しい。 ならば、バスに乗ってひたすら遠くに行ってみるのもいいんじゃないか。 そうして、行…

仕事に集中したくて。Amazonで評価の高いMOLDEXの耳栓を買ってみた

職場で騒がしいエリアに席替えすることになったので、静かさを求めてAmazonで評価の高いMOLDEXの耳栓セットを買ってみました。 結果としては話しかけられても気がつかなかったレベルなのである意味大成功。(肩をトントンされて気がついた)

ドリフターズ6巻感想。ぶちギレ信長、ある意味マイペース過ぎる豊久が個人的見所

『ドリフターズ』6巻読みました。黒王軍との大戦争が始まりましたね!竜に巨人の百鬼夜行!! 「長篠」を模した野戦築城は、何かやってくれそうな予感しかしないですよね!?その後どうなったかは単行本参照で! 目次 ドリフターズ対黒王軍(廃棄物軍)の大…