日々のこと

読書と文具たまに旅行。趣味と仕事の両立が永遠のテーマ

台湾の牡蠣オムレツ❨蚵仔煎❩って何だ?寧夏夜市で食べてみた


【スポンサーリンク】

台北に来たら、マストとも言われる「蚵仔煎」。牡蠣入りオムレツとも呼ばれる食べ物ですね。

わたし、これよくある卵たっぷりオムレツに牡蠣が入ってるかと思ってたんですよ。黄色い生地を割ると、その中に牡蠣が詰まっているものなのかと。

そんな想像とは、全然違った……!

f:id:r-taro:20180611235745j:plain

目次

寧夏夜市の行列店「圓環邊蚵仔煎」

おいしいもの満載の寧夏夜市❨ニンシャー・イエスー❩の中で、ひときわ目立つ行列ができていたのがこちら。圓環邊蚵仔煎(ユェンハンビエンオアジェン)。

夜市の店舗が出展しているエリアの中でではなく、路面に常設の店舗があります。

人気の高いお店のようで、私が行った18時頃には長い行列ができていました。

f:id:r-taro:20180611233802j:plain

店内で食べる場合の待ち時間は20分くらいだったかな?持ち帰りにすれば、さらに待ち時間は短くなります。

席に案内をされるときにメニューを聞かれるので、心の準備を。
観光客の多いお店なので、中国語ができなくてもなんとかなりました。

蚵仔煎の正体は?

「蚵仔煎」はオムレツというよりは、卵と牡蠣のあんかけといったような料理でした。

f:id:r-taro:20180611234156j:plain

箸でつまむと、生地がうにょーんと伸びる。

f:id:r-taro:20180611234213j:plain

卵も入っているけれど、繋ぎは片栗粉メイン。生地がプルンプルンしています。

味は甘辛しょっぱい。小腹が空いたときに嬉しい、ジャンクな味がします。

f:id:r-taro:20180611235427j:plain

生地を探っていくと、小降りな牡蠣がたくさん入ってる!牡蠣を見つけると、宝物探し的な感じで嬉しい。

f:id:r-taro:20180611235553j:plain

これで70TWD。約250円ほどでしょうか。

寧夏夜市もぶらぶらしていこ

寧夏夜市を訪れたなら、ついでに屋台も冷やかしていくのもおすすめ。

食べ物だけじゃなくて、おもちゃのお店もあります。

f:id:r-taro:20180612143421j:plain

私が行った日はどしゃ降りで、足元がべちゃべちゃに。

f:id:r-taro:20180612143804j:plain

間違っても外に出たくない天気ですが、ホテルが夜市の目の前だったので気にせず色々買いこんじゃいました。

ちなみに、泊まったホテルはこちらです。

191ホテル寧夏館

お値段は5000弱くらいかなー。

  • チェックインが簡単❨パスポート渡せばそれで済んだ❩
  • 室内でWifiが使える
  • 夜市まで徒歩1分
  • ホテルの横には24時間営業スーパー
  • 中山や迪化街まで徒歩すぐ

という便利なホテルでした。

部屋のなかはベッドと小さい机くらい。 でも、寝るだけならこれで十分!

関連サイト

Instagram にも台湾旅行の写真を載せてるよ。