日々のこと

読書と文具たまに旅行。趣味と仕事の両立が永遠のテーマ

東邦亜鉛安中精錬所へ。まるで要塞のような雰囲気のある工場でした


【スポンサーリンク】

思いつきで電車に乗って、高崎へ。そこから信越本線に乗り換えて安中駅で降りる。

昨年ぐんまワンデー世界遺産パスであちこち移動した時、車窓から見えた工場の風景が気になっていたんだ。

東邦亜鉛、安中精錬所。 f:id:r-taro:20190415231756j:plain

山にへばりつくようにして建っている要塞のような工場。これはぐっと来るでしょ……!

目次

東邦亜鉛、安中精錬所とは

東邦亜鉛は、亜鉛・鉛・銀の製錬を中心とする日本の非鉄金属メーカー。

安中駅を見下ろすような形で建っている安中精錬所は、駅のホームからもよく見える。

漫画『ハチミツとクローバー』の主人公竹本が実家に帰る時に眺めていた、あの工場、で記憶している人もいるかな?

近くまで歩いてみる

駅を出て、東邦亜鉛の近くまで行ってみよう。階段を上がり、県道217号線のJR新越本線を越える陸橋を渡っていく。

工場の近くには運輸会社があって、トラックに水をかけてジャブジャブと洗車していた男性が物珍しそうにこちらを見ていた。 と、いうくらい付近に人の姿がなかった。この日、雨でしたしね。

f:id:r-taro:20190415233407j:plain

工場近くにある売店もおやすみの模様。辺りはひっそりと静まり返っていました。

f:id:r-taro:20190415230619j:plain

工場の入り口付近。

f:id:r-taro:20190415230907j:plain

カメラ側でフィルターをかけた写真なんですけど、怪しさが増しますねこれは……。

f:id:r-taro:20190413210444j:plain

青い世界に浮かぶ要塞

だんだん日が暮れてきた。青い景色のなか、ぽつりぽつりと電灯が灯っていく。

f:id:r-taro:20190415215654j:plain

f:id:r-taro:20190415215743j:plain

ぐっと暗くなってきた。

f:id:r-taro:20190415220143j:plain

f:id:r-taro:20190415220301j:plain

安中精錬所で働いているんだけど、な方に遭遇

安中の駅でカメラを下げて歩いていたら、「いい写真、撮れました?」と声をかけられた。東邦亜鉛で働いているというおじさまだった。

「昔はもっと雲の中にいるような風景だったんだ。大きい建屋があったんだけど、なくしちゃってね。」

国の方針でこういった工場は残しているものの、以前と比べて工場は縮小しているのだそう。やはり海外勢による影響とのことで。

あっちの方が価格の面で有利だし、工場が無くなってしまうかもみたいな噂が出たりはすることもあるんだよね。 とはいえ、こういった系統の工場は土壌汚染の問題もあるから更地にするのもまた大変だ。

といったような話をして、それぞれ上りと下りの電車に乗って別れた。

ちなみに

f:id:r-taro:20190415230646j:plain

日が暮れるまでちょっと時間を潰すかなーって思ったんですけども、安中駅には喫茶店などはありませんでした。

どうにかならないものかと付近を見渡してみたら、国道18号線の向こう側にマクドナルドの看板を発見……!

少し歩くとマクドナルドの他、セブンイレブンやカインズホームなどが並ぶ一角があったので、そこで適度に時間をやり過ごしました。

マクドナルド、行くの久しぶりすぎて何頼んだらいいか悩んだ。

関連記事

群馬県を電車で巡るならめちゃくちゃ便利でお得!な、ぐんまワンデー世界遺産パスが今年の販売が始まってますよ!

この切符を使って信越線・上信鉄道に乗った履歴をこちらの記事にまとめました。

ちなみに、上信電鉄で高崎・下仁田間を往復するだけで元が取れます。