日々のこと

読書と文具たまに旅行。趣味と仕事の両立が永遠のテーマ

焼き物を探して益子・城内坂をぶらぶら散歩


【スポンサーリンク】

栃木県の実家への帰省のついでに、益子町にある城内坂を訪れてきました。真岡鉄道 益子駅から徒歩15分。老舗の益子焼のお店が静かに立ち並んでいる通りです。

f:id:r-taro:20180103230803j:plain

目次

益子焼きでできてる展示ブロック

春と秋の焼き物市の時はたくさんの人たちでにぎわいますが、お正月の間は少しのんびりとした空気が漂っています。

城内坂通りの歩道にある点字ブロックは焼き物なんですよ。すてきな色合いじゃないですか?

f:id:r-taro:20180103225347j:plain

絵になるベンチ

焼き物と雑貨のセレクトショップ「G+OO」のベンチは絵になりますね。益子に行くたび毎回寄るお店です。

f:id:r-taro:20180103225906j:plain

f:id:r-taro:20180103225426j:plain

今回購入したもの

今回購入したのはふたつだけ。

落雁みたいなぽってりとした箸置き❨450円くらい❩は、G+OOで購入。 f:id:r-taro:20180103225205j:plain

美しい青とまるっとした形が特徴のマグカップ❨1800円?❩は、益子焼き共販センターにて。コーヒーもいいけど、ミルクティーも似合いそうですね。 f:id:r-taro:20180103225256j:plain

おとなになってから益子に行くようになったなあ

子供の頃は「益子~?何もないよ~」なんて思っていたものだけど、おとなになってからは益子が楽しい。 色とりどり、さまざまな形の器を見ていると、美術館にでも訪れたような気持ちになる。しかも「これ、いいな」と思ったら購入して帰ることができるんだもの。いいじゃないの。 益子焼のアイテムは数百円から手に入るので、お財布にも優しい。その分買いすぎ注意。

5月と11月の連休の陶器市は大変な賑わいようで、栃木の田舎街に渋滞ができるほど。宇都宮方面へ向かう国道294号にずらりと車が連なるということは、その分駐車場探しにも困るんじゃないのかな?なんて思ってみたり。

ゆっくり益子のお店を見て回るのなら、陶器市のシーズンを外したほうがベスト。城内坂付近は自転車で見て回る方が便利なので、レンタサイクルの利用がおすすめです。

検索してみたら、真岡線益子駅でレンタサイクルを利用できることがわかりました。いわゆるママチャリタイプの自転車が益子駅には10台用意されているようです。真岡駅には5台。(でも、真岡駅からママチャリで益子まで来るのは疲れると思うな~)

真岡鐵道公式Web(レンタサイクル)

秋葉原駅から益子までの高速バスもあります。都内から来る方はこっちの方が楽そう。

秋葉原駅行き / 関東やきものライナー | 高速バスのご案内 - 茨城交通

関連記事

risa.hatenablog.com