日々のこと

読書と文具たまに旅行。趣味と仕事の両立が永遠のテーマ

恵比寿ガーデンプレイスで手持ち夜景撮影。どうやら三脚禁止らしい?ので


【スポンサーリンク】

ハロウィンが終わり、街はすっかりクリスマスモードに。

11月3日より世界最大級のバカラシャンデリアが展示されている恵比寿ガーデンプレイスに行ってきました。

f:id:r-taro:20181109075822j:plain

目次

恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーションについて

恵比寿ガーデンプレイス ウィンターイルミネーション』/「Baccarat ETERNAL LIGHTS-歓びのかたち-」

  • 期 間: 2018年11月3日(土・祝)~2019年1月14日(月・祝)
  • 点灯時間: バカラシャンデリア 11:00~24:00
  • 場所: 恵比寿ガーデンプレイス センター広場

イルミネーション

  • 期 間: 2018年11月3日(土・祝)~2019年2月28日(木)
    ※シティウォールのイルミネーションは2019年1月14日(月・祝)まで
  • 点灯時間: 16:00~24:00
  • 場所: エントランスバビリオン、時計広場、坂道のプロミナード、シャトー広場

クリスマスツリー

  • 期 間: 2018年11月3日(土・祝) ~ 12月25日(火)
  • 点灯時間: 16:00~24:00
  • 場所: 時計広場

撮ってきた

恵比寿ガーデンプレイスの入り口にある、高さ10mクリスマスツリー。 f:id:r-taro:20181108123137j:plain

f:id:r-taro:20181108123146j:plain

ツリーの目の前からレッドカーペットが敷かれており、両脇にはシャンパンゴールドのイルミネーションが輝いています。

f:id:r-taro:20181108123152j:plain

f:id:r-taro:20181108123158j:plain

レッドカーペットの上を真っ直ぐ進むと、正面にバカラのシャンデリアが現れます。

ゴージャス……!(言葉が見つからない)

f:id:r-taro:20181108174140j:plain

平日ということもあってか、それほど混みあっておらず。
ケースに近づいて、細部までじっくりとながめることができました!

f:id:r-taro:20181109080202j:plain

三脚は禁止らしい?

恵比寿ガーデンプレイス内のイルミネーション付近では三脚は使用禁止らしい、ということが様々なブログやTwitterの書き込みで見受けられたのですが、公式サイトでは発見できず……。
どこに書いてあるのー!?

ダメと言ってる人が多いということはそうなんだろうなと判断して、三脚は持っていきませんでした。

三脚がないと、どうしても手ぶれが気になるもの。

そういう時はテーブルや手すりの上にカメラを置いたタイマー撮影でブレを防いでいるのですが、今回はOLYMPUSのカメラについている「手持ち夜景モード」を利用して撮影してみました。

f:id:r-taro:20181109182124j:plain

1度のシャッターで画像を自動で高速連写し、それらを高精度合成することでノイズが少ない夜景写真が撮れるというものです。

この日は風も吹いていたのだけど、それを感じさせない程度にはきれいに撮れているかな?どうでしょう?

ところで、バカラ製シャンデリアの価格は?

公式サイトによると、

高さ約5m、幅約3m、クリスタルパーツ総数8472ピース、ライト総数250灯の世界最大級を誇ります。この250灯の制作には、約70人の熟練した職人の技と、5,380時間もの長い時間が要されたといわれています。

というバカラのシャンデリアなのですが、価格は果たしていくらなのか。  

検索してみたところ、バカラのシャンデリアが公開された時の紹介記事を発見しました。
4億1000万円で一般販売も 史上最大バカラ製シャンデリアをガーデンプレイスで公開

よんおくえん……!

シャンデリアは、本体価格4億1000万円で一般発売も行う。

一般発売もあるとのことだけど、どんな人、どんな企業が買うのやら……。

さすがにバカラのシャンデリアは買えないけれど、クリスマスのオーナメントなら手が届きそう。

キラキラと輝くクリスタルは写真映えもしそうですね!

今回使ったカメラとレンズ