日々のこと

読書と文具たまに旅行。趣味と仕事の両立が永遠のテーマ

写ルンですの描写を楽しめる #Wtulens を購入したので、マイクロフォーサーズで使ってみた


【スポンサーリンク】

写ルンですが若者の間で流行っているというニュースを見たのはいつだったでしょうか。

学生時代に知っていたカメラといえば、写ルンです。遠足や修学旅行に持っていくのも写ルンです、という世代からしてみれば、「写ルンですも、一周まわって古いが新しいの域にいったか」と面白くなってきてしまいました。

じゃあ自分も写ルンですを買ってみるか?というと、あんまりその気になれなかった。いやー、撮った写真をその場で確認できる、デジタルカメラの便利さに慣れてしまって。

前置きが長くなりましたが、写ルンですのレンズを利用して作られたミラーレスカメラ用レンズがあることを知り、購入してみました。

名前はWtulensといいます。

f:id:r-taro:20180911231315j:plain

目次

Wtulensとは?

Wtulensとは、「写ルンです」のレンズを利用して作られたミラーレスカメラ用レンズです。

焦点距離は17mm、絞りはF16固定。
重さは46g。

マイクロフォーサーズ、Eマウント、富士フイルムXマウント、EOS Mマウント、ニコン1マウントに対応しています。❨注文時にマウントを選ぶことで、該当するマウントアダプターがついてきます❩

Wtulensで撮ってみた

薄くて軽いパンケーキレンズなので、軽くて小さいカメラにつけてみるのがいいでしょう。

サブ機として使っているOLYMPUS Pen mini E-PM1に装着して、散歩しつつ写真を撮ってみました。

f:id:r-taro:20180911224019j:plain

f:id:r-taro:20180911224023j:plain

f:id:r-taro:20180911224027j:plain

f:id:r-taro:20180911224030j:plain

f:id:r-taro:20180911224033j:plain

f:id:r-taro:20180912072922j:plain

f:id:r-taro:20180912072932j:plain

ピント位置がいまいち分からない、ユルい感じの写真が撮れましたねー。 これこれ、この感じ。懐かしい。

せっかく変わり種のレンズを初めて使うので、カメラ側でフィルターなどはかけていません。

この日の天気は曇り。晴れていたらまた違った雰囲気の写真が撮れていたんだろうな。

と、思うのでしばらくPen miniとWtulens は鞄の中に入れっぱなしにしておこうかな。

Wtulensはここから買えます

Amazonで取り扱っています。

マイクロフォーサーズ、Eマウント、富士フイルムXマウント、EOS Mマウント、ニコン1マウント用を選択して購入してください。売り切れの場合でも、少し経てば入荷します。

関連記事

レンズ交換式カメラの楽しさのひとつは、いろんなレンズを使って遊ぶこと!
オールドレンズHelios 44-2を持って、古い街並みを撮ってきました。