日々のこと

特にありません

どこでループを断ち切るのかが問題なんだ


【スポンサーリンク】

長い戦いだった…。今年1月から比較したところ、体重がやっとから太になった。どっちも「太」じゃないか、何が違うんだといわれれば、体の厚みの差…とか…?

都合5キロの何かが体から消え去ったこととなる。それでも太なんだから、以前はお察しくださいのデブということです。体重計が壊れてる!とパニくったこともあるが、壊れてるのは私の頭だった。

 怠惰という言葉を具現化したような人間なので、一人暮らしをいいことに食生活は乱れっぱなし。おまけに気がきいたデブだから、おやつのことも忘れない。それは太るのも当たり前だ。

会社の福利厚生で利用できるジムに数ヶ月通ったこともある。何も変わらなかった。ジムのトレーナーは言ったよ「運動で減らせるカロリーは少ないから、食事に気を使わないとダメ」だって。

適当すぎる食生活だもの。そりゃ痩せないわー。どれぐらい適当かというと、朝ギリギリまで寝てるから食べる時間がなくなって駅の売店で適当にパン買って朝食の代わりとする。夜は自炊をしたいところだけど、だるいから出来合いの惣菜で済ませてしまうこともある。あと、お菓子食べたからご飯いらないやー、とか。

こりゃだめだ。書いてて辛くなってきた。

勝手な予想なので、本当のところはどうだかわからないけれど。

乱れた食生活→栄養の偏り→体がだるい→食事を作るのだるい→乱れた食生活

というループにはまっていたのではないかと。このままでは生活習慣病まっしぐら。まだ死にたくないー!

引っ越したのをきっかけに、朝6時半に起きてきちんと朝食をとるようにしている。家から会社までドアツードアで2時間かかるから、きちんと食べないとお腹が空くんだもの…。

すると、自称何をしても減らないはずの体重が減ってきた。毎月のようにできていた口内炎もしばらくみかけていない。そこまでお菓子に執着することもなくなった。

あまりにも恐ろしい栄養状態のため、体のいろんなところに影響が出ていたんだな。だけど「今日はちょっと調子悪いなー」くらいで気にかけていなかった。当時の自分に対しては「気にしろよ!自分の体に対しては危険厨になれよ!!」って言っておきたい。

引越しというきっかけがあったからこそ、恐怖のデブ生活ループから抜け出せた。
ダイエットに限らず、自分の生活で「こりゃいかん」と思うことがあれば、変なループにはまってないか見直すべきなのかもしれない。

当面の目標としては、あと3キロは痩せたいなー。そして、筋肉と体力つけたい。「引き締まった体になりたい」というのは現時点では遠すぎてやる気にもならない目標なので、「1日中街をふらふら歩き回っても疲れない」あたりにしておくよ。

体重計はこれを使っている。

オムロン 体重体組成計 Karada Scan371 HBF-371-S

オムロン 体重体組成計 Karada Scan371 HBF-371-S

 

体重、体脂肪率、骨格筋率などが測れるので、数値を見てモチベーションあがるよ!