日々のこと

読書と文具たまに旅行。趣味と仕事の両立が永遠のテーマ

ペン字とビューティフル・マインドと


【スポンサーリンク】

変な夢を見て起きたら7時半を過ぎていて、残念ながらVR Chatのラジオ体操には間に合わず。 大分インパクトのある夢だったのだけど、これを書いている今は内容を忘れてしまった。夢ってそういうところあるよね。 8時過ぎからの別のイベントには間に合ったので、軽く体を動かす。

VR Chatはただふらふらとワールドを移動しているだけでは、特に知り合いが増えることはない。 イベントを探して参加してゆるい繋がりをつくっていくのが楽しい。

人類が滅亡してしまった世界で、唯一生き残った自分があてのない旅に出る...。そんな物悲しい気持ちに浸るのもいいんだけどね。

朝食を軽く食べながら、録画しておいた「迷宮グルメ 異郷の駅前食堂」を見る。ヒロシが海外の見知らぬ駅で降りて、地元の人とコミュニケーションを取りながらその土地ならではの食堂で食事をするというバラエティ番組。必要以上にやかましくない番組の作りが好きで、なんとなく見続けている。

インドネシア編で偶然遭遇したアイドルCherry Bellが可愛らしかったので、早速ググってみる。たくさん動画あるけれど、どれもこれも数年前のもの。それもそのはずで、2018年に解散済みの模様。 なんとなく残念な気持ちになる。

久しぶりにペン字の練習をする。1年くらい通信教育を受けているのだけど、果たして進化しているのだろうか。 線の角度、長さ、交わる部分の割合、ペンの抜き具合、文字の大小など気を付ける部分はたくさんある。ペン字の練習をしていると観察眼が磨かれる…かもしれない。

ペン字練習の傍らで、映画「ビューティフル・マインド」を観る。ノーベル経済学賞を受賞した数学者ジョン・ナッシュの半生を描いた作品だ。

ビューティフル・マインド(吹替版)

ビューティフル・マインド(吹替版)

  • 発売日: 2017/07/01
  • メディア: Prime Video

何も前情報を入れていなかったので、「こんなに変わり者の主人公なのに、大学時代のルームメイトめちゃくちゃいいやつだな」と途中まで思いながら観ていた。後に奥さんになる教え子とのロマンスもよい。率直すぎる口説き文句も、プロポーズの時のやりとりも、不器用な彼らしさがうかがえてよかった。 途中までは聴けんな仕事に就きつつも、良い奥さんに恵まれてよかったね、という話だと思ってたというのに、途中から映画のジャンルが変わった。 ルームメイトの正体にはびっくりしたし、何が実際に起きていることで何が幻覚なのか主人公と一緒に混乱してしまった。 最後の方で、大学の丸テーブルで学生たちに囲まれているシーンにはうるっときた。