日々のこと

特にありません

孤独のグルメ放映中だし、「久住昌之season56展」に行ってきました


【スポンサーリンク】

生まれて初めて中央本線の駅、信濃町で降りた。なぜなら、アートコンプレックスセンターで開催中の「久住昌之season56展」を観るため。久住先生は孤独のグルメの原作者としても有名だけど、音楽も作るし絵だって描ける。実にマルチな才能の持ち主なんだ。
 

さて、初めて行く場所はGPS頼りな私なのだけど(道に迷うから)、恐ろしいことにスマホの電池が切れていた。かろうじて覚えていた交差点名で曲がり、住宅街を心細い気持ちで歩いているとアートコンプレックスセンターが見えてきましたよ!

f:id:r-taro:20140713155512j:image


入口には「久住昌之season56展」のポスターだ。これはドラマ版のゴローちゃんだよね。

f:id:r-taro:20140713155537j:image


おっ、こんなところにくすふらいせんせい。

f:id:r-taro:20140713155642j:image

展示会場は階段をのぼってすぐの小部屋。入って右側の壁が切り絵、左側が油彩やアクリルなどの絵画という構成でした。孤独のグルメドラマ版のゴローを演じる松重豊さんからもお花がきてたよ!
 
入ってすぐの場所に展示されているのが、久住先生自身を描いた切り絵。しかも帽子有り無しバージョンがあって、なんだかおかしくなっちゃった。キャッチーな入口だな!
 
切り絵を線画として取り込んで彩色した作品には「なるほど、切り絵もこうやって使う方法があるんだな」と面白く感じたし、巨大なゴジラの切り絵には圧倒されました。
 
問題は反対側の壁です。漫画から入った久住ファンはテンション高くなるに決まってんだろ!という勢い。ズボラ飯の花ちゃん、それから孤独のグルメのゴローさんの絵が直筆で!そこに!あるのですよ!!いずれも久住先生は原作担当で、イラストは別の先生が担当しています。なので、これは久住先生によるセルフカバーイラストということになるのでしょうか?
そうそう、ドラマ版のゴローさんが街を歩く絵もありました。まんまドラマの空気感で素敵よ。
 
そうそう、この彼の絵があったのには、さすがに不意を突かれた。既に買い手がついてました。残念。

f:id:r-taro:20140714001134j:image


会場では限定のTシャツや孤独のグルメドラマ版のサントラも販売していました。あと一週間で展示が終わってしまうので、興味のある方はお早めに。

 

イベント詳細

久住昌之season56展

2014/7/8(火)~7/20(日)
11:00~20:00(最終日は18:00まで)
アートコンプレックスセンター 2F ACT1
月曜休館 

公式サイト:The Artcomplex Center of Tokyo

 

関連記事

ご隠居じぃさんたちがヘビメタバンドを結成!朝っぱらから耳をつんざく様な大音量でギターをかき鳴らすじいちゃん、遅れてきた反抗期(ロック)がやってきたじいちゃん、トンデモ改造ギターを作るじいちゃん、ガッツリメイク&UWFのロゴ入りヘビ皮の地下足袋着用のじいちゃんなどが揃ってます。

孤独のグルメSPA!連載再開版でゴローちゃんが訪れたペルー料理店にいってきました。現地風にしているというペルー料理の味は、リピートしたいくらいおいしかった!

定年を迎えた「野武士」が、自由気ままに行きたいところへ行って、食べたいものを食べる。こんな生活してみたい。読んでいてやっぱり面白いのは、失敗した話なんだよね。

花のズボラ飯

花のズボラ飯

 

 

孤独のグルメ【新装版】

孤独のグルメ【新装版】