日々のこと

特にありません

2017年メインで使ったペン3本❨万年筆×2とローラーボールペン❩

2017年がそろそろ終わりを迎えるので、今年メインで使用したペンについて振り返ってみます。 f:id:r-taro:20171218080234j:plain

私はあれこれペンを増やすのは良しとしません。ペンケースに入る程度に押さえておきたい。せっかく買っても使わなかったらもったいないもの。道具は使ってこそ輝く。

昨年から使っているペン、今年から仲間入りしたペンはあるけれど、毎日使っているのはこの3本でした。

  • LAMY2000❨万年筆❩
  • kakuno❨万年筆❩
  • スーベレーン❨ローラーボール❩

LAMY2000 万年筆 F字/細字

f:id:r-taro:20171218184647j:plain

主に仕事でのメモに使用。職場に来て机の前に座ったら、まずはノートを広げてこの万年筆で一日のタスクを書き出すことが日課になっています。

セーラーの四季彩「山鳥」という、しっとりとした青緑色のインクを入れています。このLAMY 2000は細字とはいえ適度に太い線がかけるので、インクの濃淡も楽しめちゃいます。

見た目がシンプルで、職場で使っていても嫌みがないところがお気に入り。 黒?地味だな?って思います?丁寧にヘアライン加工された、樹脂製のボディが高級感もあって美しいんですよ!さらさらとした手触りも素敵です。ついつい手に取ってしまう中毒性がある…。

購入したときの感想はこちら。

こちらから購入できます。

LAMY ラミー 万年筆 ペン先F(細字) 2000 L01-F 吸入式 正規輸入品

LAMY ラミー 万年筆 ペン先F(細字) 2000 L01-F 吸入式 正規輸入品

PILOT kakuno❨カクノ❩ 細字

f:id:r-taro:20171218183924j:plain PILOTの色彩雫「山葡萄」という赤系統のインクを入れているので、LAMY 2000の補助的に使用。LAMY 2000で書き出したタスクの横に所要時間を書いたりとか。カリカリと細かな文字を書くのに便利。

Kakuno は手に取りやすい値段なので、色々なインクを入れて楽しむのもアリですね! こちらから購入できます。

パイロット 万年筆 カクノ FKA-1SR-SP 細字 ソフトピンク軸

パイロット 万年筆 カクノ FKA-1SR-SP 細字 ソフトピンク軸

ペリカン スーベレーン ヴァイブラントブルー ウォーターボールペン

f:id:r-taro:20171218183634j:plain

ローラーボールっていうのは、いわゆる水性ボールペンのことです。

勉強のモチベーションをあげるために買ったので、勉強用にガシガシ使用中。

大理石のようなきれいなマーブル模様に癒される~~~!光に透かすときれいすぎる軸のせいで、眺めてばかりで勉強が捗らない可能性もありますね。

中には互換性のあるOHTOの替え芯を入れてあります。 スイスイ書けて良い。

こちらから購入できます。❨限定品なのでお早めに…❩

ペンケースの入れていたけれど、あまり使わなかったペン

おにぎりがたがかわいい油性ボールペンのnoto。そもそも油性ペンを使うシーンが少ない。でも、油性ペンを使いたいときはあるといえばある。このまま入れておく。

こちらから購入できます。

これから欲しいペン

試験中に気合いの入るシャープペンが欲しいですな!検定試験の時はシャープペンを使うことになるので、残念ながら上で挙げたペンはどれも使えないのでね…。

お手頃価格だし、パーカーのジョッターがいいかなと思ったんですよ。でも、芯が折れやすいという口コミがあって「それはさすがに困るな」と購入を見送りました。

ユニクロのパンプスの履き心地は?正直なところ、足が痛い。私には合わなかった。

ちょっと聞いて。先週末、本気で靴脱ぎ捨てて靴下で歩いて帰ろうかと思った。

ユニクロのパンプスを買ったんですよ。2990円。安い。急きょ黒のパンプスが必要になったので間に合わせで買ったのですが、正直なところもう履きたくない。

24.5cmではキツいので、25cmを購入。店舗で数歩歩いてみたら問題なさそうだし、1日履いても大丈夫かなと思ったのですが…。

実際に自宅から駅まで履いて歩いてみたら、ガバガバで足からパンプスが脱げそうになる。その反面横幅が窮屈で、小指と小指のつけ根が圧迫される。小指は次第にヒリヒリしてきて、履いていること自体がとうとう苦痛になってきた。座り仕事の間はこっそり脱いでたけど、履くたび足がギューッと締め付けられる。

一日履いたり脱いだりをしていたけれど、とうとう帰りの駅にて激痛で動けなくなった。左足の皮が剥けていた。右足も赤く腫れていた。コンビニで絆創膏を購入したけれど、大した慰めにもならず。誤魔化しながら電車に乗り込んだ。立ってるのが辛い。

乗り替え駅に3coinsがあることを思い出し、ガーデンサンダルを手に入れてその場で履き替えた。健康サンダルか?ってくらい足の裏がツブツブしてて痛かったけれど、パンプスよりマシ。

ユニクロのパンプスは私の足の形と全く合わなかったんですね。

でも、ユニクロが悪いんじゃない。私の足との相性が最悪だっただけだ。

私は足の幅が広いので、ユニクロのパンプスだと狭くて足の指が圧迫されたのではないかと思う。「足が入るものを買う」という選び方をしたので、縦がガバガバでパンプスが脱げそうになったのかな、と予想される。❨他の靴だと25cmのもの履いてるけど…❩

間に合わせとはいえ、別の店で買えばよかった。足の幅が広い自覚がある人は、ちゃんと靴専門店で買ったほうがいいですね。もしくは、「幅広だ!4Eだ!!」って明確に書いてある靴を選ぶか。 一瞬試しただけだと、その靴で耐えられるかどうか分からない。

サイズが合えば履きたいんですけどね…。無難な見た目だし、安いし便利じゃないですか。でも、このユニクロのパンプス履いてたら足が痛くなる。無理。

シューストレッチャーで靴の幅を広げれば、履けるようになるのかな。でも、値段的にそこまでして履く靴か~?って思ってしまうのも事実。

こちらの記事にも書いたけど普段からユニクロ愛用してるし、無難な服を買うなら便利だよなーって思ってる。

でも、ユニクロでもうパンプスは買わないな。

「4Eですよ!」と最初から表示されてるパンプスにしよう。

本を断捨離する基準と捨て方。なかなか雑誌や漫画・小説などの書籍が捨てられない方へ

本を捨てることができない人は、いくつもの理由で決断できません。「いつか読み返すから」「もう手に入らないかもしれない」「そのうち一気に捨てるから」などなど。本の処分を決断できずにズルズルと月日が流れ、いつの間にか本棚から溢れるという事態に陥ったりして。まぁ、私のことなんですけどね…。

さて、年末です。年末といえば、大掃除。

「後で捨てる…」と思いながらそのままになっている本を処分するチャンスでもあります。

本を断捨離する基準

本を処分するにあたって、自分なりに基準を決めました。

半年以内に読み返していない書籍

これ一つだけです。あれこれ条件をつけると、結局現状維持となってしまいますから。基準は明確な方が断捨離も捗ります。

本を処分する方法

本を処分するにはいくつか方法があります。

資源ごみに出す

一番簡単なのは、まとめて紐で括って資源ごみの日に出すこと。お住まいの地域の年末の最終資源ゴミの日をチェックして、それに乗り遅れないように片付けましょう!

ヤフオクに出品する

面倒だけどリターンが大きいのは、ヤフオクなどのオークションに出品することですかね。やり取りが手間なのと必ず売れるとは限らないというデメリットもありますが、ブックオフなどの買い取りサービスよりも高く売ることができます。

ヤフオクで売るなら話題の漫画や発売したばかりの本など、流動性の高そうな書籍がおすすめ。個人的には、Amazonマーケットプレイスにもなかった専門書を探すときにもヤフオクを使いました。

中古書店の買い取りサービスを使う

本を処分するついでに、おこづかい程度のお金を手にいれられるかも…?と期待できるのが、中古書店の買い取りサービスです。

買い取りのステップは、大体以下のように進むことが多いようです

  1. ネットから集荷を予約
  2. 段ボールに本をつめて、集荷に来たドライバーに預ける
  3. 査定額を確認して入金を待つ

査定後の買い取り価格に不満があれば、もちろん返品してもらうこともできます。「元々捨てようとしていた本だから、値段がつけばラッキー」くらいの気持ちで送るくらいがちょうどいいんじゃないのかなと個人的には思います。

さて、私はこの買い取りサービスを利用して本を処分しようかと思います。とはいえ、どこの古書店に買取りしてもらおうか。

ネットから申し込める本買い取りの有名なサービスといえば、「ネットオフ」と「ブックオフ」の二つでしょうか。どっちに送った方がお徳なのか、古書店の買い取りサービスを比較してみました!

ネットオフ ブックオフ
会員登録 不要
送付用段ボール 無料 200円
送料 無料 無料
自宅以外集荷 クロネコヤマトで着払い可能 事前登録で可能
最低買い取り点数 1点から 本は10点以上
最短集荷 22時までの申し込み完了で翌日午前中 22時までの申し込み完了で翌日午前中
最短入金日 2日 一週間~10日

スペックだけを見たら、ネットオフが圧勝に見えます。よし、ネットオフに申込もう。

ブックオフのいいところは、事前登録で自宅以外にも集荷に来てもらえるということでしょうか。実家に置きっぱなしの本をいい加減片付けたいというような時に使えそうです。

部屋がスッキリするといいなー!

見てわかる、断捨離 決定版

見てわかる、断捨離 決定版

2018年の卓上カレンダーはシンプルで書き込みやすい実用性第一のものを購入しました

職場のデスクに置く卓上カレンダーを買ったよー。シンプル!書き込みやすい!!実用性第一なものを選びました。

具体的には、ムトウユニパックというメーカーのB6サイズの卓上カレンダーです。個人的には良さしかない…。何よりも使い勝手を重視してる人には、全力でおすすめします。

ムトウユニパック 2018年 極上!実用性抜群!カレンダー 卓上 COLORFUL MU-104 B6

個人的なおすすめポイントは、この4つ。

  • カレンダーの下部にタブがついているので、目的の月をすぐにめくれる
  • 升目が大きく書きやすい
  • めくらずに5ヶ月分の日付を確認できる❨前月から3ヶ月先まで❩
  • 安い。私は600円台で買いました。

仕事柄、先の日付を見ながら話をすることが多いので、一瞬で3ヶ月先の日付と曜日を確認できるのはありがたい。 「かわいい」とか、「おしゃれ」という単語とは無縁なシンプルすぎるほどのカレンダーだけど、飽きがこなくていいとも言えるんじゃないでしょうか。❨無理矢理感ある?❩

かわいくしたいなら、マステでデコるのもありですよ…?シールやマステが貼りやすく、失敗してもリカバリーしやすい紙質です。余ってるマステ、職場に持っていくかー!?

正直なところ、「ご自由にどうぞ」と職場に置いてある卓上カレンダーでもいいかな?って、最初は思ってたんですよ。でも、どうにも使いにくい…!やっぱり毎日使うものなら、自分にあったものを探した方がいいですね。仕事の効率も上がるし。

ムトウユニパックの卓上カレンダーは、下記リンクから購入できます。

中間管理職の邪魔をすると余計な仕事が降ってくるのではないか

1ヶ月半ほどチームリーダーが不在の間、サブリーダーとしてリーダー代理をつとめました。その中で本気で実感したのが、「中間管理職の言うことを聞かないと、余計な仕事が増える」ということです。

具体的に「中間管理職の言うことを聞く」というのはどういうことかというと 、定時に来る、定時に帰る、日報を毎日書けという、極々基本的なところをきっちりやってくれということです。

連絡なしで遅刻する人に「ちゃんと連絡してね」といちいち言うのは面倒だし「口煩いババア」的なポジションにいるようで精神的にも負担でした。定時に帰らない人に向けて「もう時間ですよー、早く片付けて帰ってね~」と毎日声をかけるのも、同じくらい疲れるものでした。

日報を一週間くらいためてる人もいました。昨日どんな作業をやったのか分からず、進捗状況をひとつひとつ確認するところから朝がスタートしました。❨まずは昨日の日報を書いてから今日の仕事を進めてと言っても、後回しにされがちなんてすよね❩

こういう地味に面倒くさい作業が、日々の作業時間を蝕んできます。

そうなると自分でまかいきれなくなった仕事は、別の人に振らねばならない。そういうときに渡す仕事は「面倒くさいけどやらなきゃいけないし」というような面白みのないものになりがち❨私の場合❩。難易度が高い業務を渡すのは説明コストがかかるので、そういうのは自分でやった方がいいし。

雑務にカテゴライズされるような「簡単だけどつまらない」ものを渡された方にとってみれは、「またつまんない仕事を押し付けやがって…」となるかもしれませんね。私だって、やれるものなら自分でさっさと片付けたいよ。

そういうわけで、中間管理職に無駄な手間をかけさせると余計な仕事が降ってくるのではないかという仮説でした。

ちなみに一部メンバには私がサブリーダーというのが上司から伝わっていなかったようで、「言うことを聞いてくれないと思ったらそういうことか…」とガックリしました。一ヶ月半ほどリーダー気取りの口煩い奴扱いだったのかなと思うと、どっと疲れが…。

関連記事

一応奮闘はしてみたんですけども↓
突然、リーダーに後を託されたので、乗り切りかたを考えてみた - 日々のこと

年末の業務評価について、来年の私に伝えたいこと

年末ですね。弊社では、毎年末に成果発表会があります。社員全員が上司、同僚、部下の前で自分の1年間の成果をプレゼンするのです。面倒くさいですね。でもお給料に直結しますから、頑張らねばならぬのです。プレゼンをしないまでも、今年1年の評価を上司との面談で伝えねばならないという人は多いでしょう。

一番大切なことは自分の成果を伝えること

自分が何をやってきたのか、周囲は知りません。最終的なアウトプットは目に触れる機会が多いかもしれませんが、それすら「言われてみれば」程度だったりします。人の成果なんていちいちチェックしないもの。伝えるためのアクションが大切です。

年イチの発表ですべてを伝えきることは無理です。それに年始めの頃のことなんて、上司はとっくに忘れてます。正直なところ自分だって、記憶が曖昧だったりします。

よって、日報や週定例などで地味な成果アピールを継続的に行うことも忘れてはいけません。

成果アピールは実直に

大袈裟に成果アピールをしようとしても、実態が伴っていなければボロが出ます。ボロが出ることは評価がマイナス方向に傾くと思われるので、よっぽど口に自信がなければやめておいた方がよろしいというわけです。かといって過小に評価されるのも納得がいかないですよね。そうなると伝え方に工夫を必要になります。

必要以上に謙遜しない

過小に評価される原因は「謙遜」にあるかと思います。自分が「大したことない」と言ってしまうと、「そうでもないのか」と相手は判断します。これで評価が下がるのは損です。話を盛る必要はありませんが、必要以上に謙遜する必要はないと思います。

年末評価の準備は年始から

先にも書いた通り、自分自身でも年始のことなんて忘れてます!月単位でもよいので、何をやってきたのか記録しておくと後々役に立ちます。

手帳とか面倒くさいんですけどね、月イチの振り返りくらいならやれないことはないでしょう。

私の場合、日々の業務はバレットジャーナル的に過剰書きしているので、月末に「まとめ」のページを作るのがよさそうです。

関連記事→『「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル』を読みました。果たして飽きっぽい人間でも続けられるのか? - 日々のこと

『元FBI捜査官が教える「心を支配する」方法』タイトルはうさんくさいけれど中身は真っ当

『元FBI捜査官が教える「心を支配する」方法』。なんだこのうさんくさいタイトルはー!!!

って思ったけれど、読んでみたら真っ当なコミュニケーション術の書籍でした。変な裏技とか出てきません。「心を支配する」って、タイトル煽りすぎ。

元FBI捜査官が教える「心を支配する」方法

内容に関しては、この手のコミュニケーション術の本を読んだことがあるなら、既視感があるんじゃないかなと。例えば有名ところだと、デール・カーネギーの『人を動かす』とか。

コミュニケーションを取るにあたって大切なことは、FBIだからって特別なことはないということなんでしょうね。自己啓発書は同じようなことを角度を変えて書いているから、スタンタードなものを読んでおけばそれで足りるような気がします。

自分自身に定着させるには同じ本を定期的に読み返して、モチベーションをあげていく方がいいんじゃないのかな。

とはいえ、実際に出てくるエピソードがFBIの職務に関係することが多く、FBIとしてコミュニケーション術をどのように利用してるのか知ることができたのは興味深かった。飛行機から問題客を降ろそうとするときのやり取りとか。

『元FBI捜査官が教える「心を支配する」方法』に登場するエピソードで「今日から気をつけよう…」と思ったのが、上司をムッとさせる「注意フレーズ」の章。

「上司に成果を取られた!と内心面白くないことがあっても、成果はみんなで分け与えた方が長期的にはメリットがある。」ということにも納得がいった。

なぜなら

栄誉の賞味期限は短いけれど、善意は長期保存が可能だ。

というわけ。

これは対上司だけでなく、同僚に対してもそうですね。

「これは私がやったの!!」と必死になるよりも、「みんなの協力で達成できました~」と成果を分けあうほうが心穏やかでいられるのは、個人的な経験からも理解できる。

手柄を取られたとプンスカしてたときの記事→仕事の手柄を横取りする上司にぷんすかしていたわたし - 日々のこと

今は「みんなのお陰でーす」ってスタンスでやって行けているので、チームも私の心も平和だ。そりゃ期末評価のときは、それなりに上司にアピールするけども。

『元FBI捜査官が教える「心を支配する」方法』のもくじ

  1. 「人に好かれる公式」のつくり方
  2. ひと言も話さずに、相手を見抜く
  3. 人をひきつける「魅力」の法則
  4. 相手を「思い通りに動かす」言葉の使い方
  5. 信頼関係を築く四つの秘訣
  6. ネット社会の賢い泳ぎ方

元FBI捜査官が教える「心を支配する」方法

元FBI捜査官が教える「心を支配する」方法

  • 作者: ジャック・シェーファー,マーヴィン・カーリンズ,栗木さつき
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2015/11/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

服装や小物に人が表れるとか、アイコンタクトが大切というのは、『ダンナ様はFBI 』でも触れていた気がする。また読み返してみよう。❨感想記事はこちら

ダンナ様はFBI (幻冬舎文庫)

ダンナ様はFBI (幻冬舎文庫)

『しんがり 山一證券 最後の12人』調査報告書とあわせて読むと、さらに面白い

「昔働いてた会社、今どんな感じかな~」と検索してみたら、どうしようもない理由で倒産していました。

どうやら取引先の不正会計に関与してた疑いが報じられ、主要取引先からの取引停止に繋がり倒産したようです。

おいおい…、と思いつつも「あんな感じなら可能性はなくはないか」と、当時のブラックぶりを思い出したりして。手を染め始めたのは私が退職して数年後だったらしいというのを知り、「それなら私は関係ないな!あー、よかったー!」って心底思いましたね。だって嫌じゃないですか、間接的にもそんなことに関わってたら。

社長はいつから知っていたのか。倒産の際には社員にはどこまで説明したのか。とっくの昔に退職したとはいえ、どうも気になってしまうのは『しんがり 山一證券 最後の12人』のせいかもしれない。

しんがり 山一證券最後の12人 (講談社+α文庫)

『しんがり 山一證券 最後の12人』は、1997年に廃業した山一証券に最後まで残って本支店の閉鎖処理及び顧客資産返還の精算業務、そして債務隠しの社内調査を行った12名の物語。

山一証券が自主廃業を決めたのは1997年。 総会屋への利益供与問題で、社長をはじめとする8名が逮捕。その後、社内調査を進めると巨額の簿外債務があることが分かる。歴代のトップに隠され続けていたそれは、2,600億円まで膨れ上がっていた…。

しんがり組が全力を尽くして作成した『社内報告書ーいわゆる簿外債務を中心としてー』は、調査委員会の弁護士を勤めた國廣正弁護士事務所のサイトから確認できる。→調査報告書 国広総合法律事務所

第一部第三章の「用語、背景事情など」の項は、当時の証券業界を知る手助けにもなると思う。実際に使われた請求書や「飛ばし」マップのコピーを見ると、体がぞわぞわとする。これは本の中の出来事ではない。

106ページにも渡る資料だけど、小説の補足資料として目を通してみるのも面白いと思う。。

しんがり 山一證券最後の12人 (講談社+α文庫)

しんがり 山一證券最後の12人 (講談社+α文庫)

クロスバイク用の服装としてサイクルジャージを選ぶ

クロスバイクって「気軽に乗れる」ってのがウリのひとつだと思うんですよ。服装だって家にあるものを着ればいい。

自転車といえば思い浮かぶのが、体の線が分かるようなピチピチジャージ。いやー、いいです、やめておきます。恥ずかしいじゃない。それに、あぁいうのって本気で走るロードバイクの人が着るものじゃないの。「何でクロスバイク勢が着てるの」とか思われそうだし。被害妄想かもしれないけども。

と、思ってたんですけども。

でもね。サイクリングロードを走っていると、サイクルジャージが正装な気がしてくるんですよね。走ってる人の9割くらいが着てるんだもの。普通のジャージだと却って居心地が悪い。街乗りなら普段着でもいいかもしれないけれど、サイクリングロードでは浮いてしまう。それに、硬いサドルでお尻も痛い。

私もサイクルジャージを試してみようかな?

お手頃価格で買えることで有名な、通販サイトWiggleで冬用サイクルジャージを購入したので、走ってきました。

f:id:r-taro:20171203211221j:plain

お昼過ぎに自宅を出発し、15分ほど先にある荒川サイクリングロードに向かう。風を切って走ると、ジャージの暖かさが嬉しい。走っている最中に首の後ろに汗をかいていたことに気がつき、ジャージの前を少し開けてみた。

行きが快適だった一方で、日が傾いてきた帰り道はひたすら寒くて辛かった。暖かベースレイヤーが必要か。思わず近い方のサイクリングロードで帰ったもんね。でも近道したのは失敗だっかもしれない、とすぐに後悔した。

泥が積もってできたわだちで路面がボコボコ。落ち葉で道が埋め尽くされていて、うっかりするとスリップしそう。サイクリングロードっていうか…ここは単なる農道の可能性あるな?

転ばないようにとちんたら走っていたせいもあるのか、「暖かくなってきた」と思った頃には、家まであと15分くらいのところでした。

クロスバイクでもサイクルジャージはいいぞ

まずは、お尻がいつもより痛くならなかったことに感動。服がバタつかないので、風の抵抗をいつもより感じにくかった。背中のポケットも便利。コインケースとスマホを入れておけば、手ぶらで出かけられる。

長い距離を走りたいなら、それに適した服装をするのって大切なんだなと実感した。

今回の反省

休憩のため自転車を降りたとき、汗が冷えて寒かった。これをどうにかしないと、冬に走るのは厳しい。汗冷え対策のためのインナーも考えた方がよさそう。

で、候補に入れているのがミレーのベースレイヤー。

アミアミで見た目がかなり怪しいけれど評判がいいので気になってる。商品説明に「激しく汗をかくアクティビティほど効果を発揮します」と書いてあるのも心強い。

暖かインナーはwiggle で手頃なのを注文済みです。

今回の行き先はいつものところでした

ウチから手頃な距離❨往復50キロ以下❩でありがたい、上尾市の榎本牧場。クリスマスバージョンになってました。

f:id:r-taro:20171203211500j:plain

モンブランとかぼちゃのジェラート食べて。

f:id:r-taro:20171203210048j:plain

毎度のミニブタ観察。耳ペロペロしてるのかわいかった。小屋から出てこないのは寒かったからなのかな。ナデナデできなかったのは残念。

「ユニクロ潜入一年」の内容と感想。ジャーナリスト横田増生氏の潜入取材方法は、ユニクロでのアルバイト!

『ユニクロ潜入一年』読みました。

ネットでも話題になった週刊文春の「ユニクロ潜入ルポ」をもとに、1年間にわたるユニクロ潜入の全貌を書き下ろした書籍です。

今日のニットとスカートとアウターはユニクロです、ってくらいにヘビーユーザーの私にとって、馴染みのある企業の裏側を知ることができたのは面白かった。

ユニクロ潜入一年

著者の横田増生氏はアマゾン物流センターへの潜入など、現場からの目線で巨大企業の実態に迫ってきたジャーナリスト。前著『ユニクロ帝国の光と影 (文春文庫)』では訴えられ、取材をしようとしても断られる。なのにプレジデント社のインタビューで柳井社長は「悪口を言っているのは僕と会ったことがない人がほとんど」「うちの会社で働いてもらって、どういう企業なのかをぜひ体験してもらいたい」とコメント。

「おっとそれはユニクロへの招待状ですか?」と、念のため合法的に名字を変えアルバイトとして潜入。そうして1年間の取材を行った結果をまとめたものが、『ユニクロ潜入一年』です。

長期アルバイト先に選んだのは、立地も規模も様々な3店舗。イオンモール幕張新都心店、ららぽーと豊洲店、そして新宿の超大型店ビックロです。

『ユニクロ潜入一年』からは、実際に働くことで見えてくる、リアルなユニクロでの労働のスタイルが伝わってきます。

読みどころは、柳井社長のありがたいお言葉が読める「部長会議ニュース」やコロコロ変わる方針への著者からのツッコミ。そういえば、社内英語公用化ってありましたねー…。❨なかったことになったようです❩

柳井社長の強すぎるカリスマ性は、うっかりすると宗教のようにも見える。現場の士気よりも、自分のメンツを保つことを優先するような発言に異を唱えられる人もいないようだ。威嚇的な守秘義務もあいまって、ユニクロ内での言論の自由について考えさせられます。

個人的に嫌だと思ったのが、コロコロ変わる勤務シフト。

人件費を削るだけ削ってシフトを組んで、人手が足りなくなると直前にLINE で出勤要請を送るという場面があった。その一方で閑散期には、「このままだと会社が倒産してしまうというぐらい危機的状況なので、出勤を減らしてください」と言う。財務諸表を見ると倒産なんてとてもしそうにないというのに、「倒産」という強い言葉を使ってアルバイトや契約社員を従わせる。

かつて社長交替の時にも飛び出した「会社が潰れる」「倒産してしまう」というセリフは、柳井社長がユニクロを操るための魔法の言葉ではないかと著者は分析しています。

まさしくトップダウン経営で、柳井社長にNo を言える人物は社内にいないのが、ユニクロにとって最大のリスクではないのでしょうか。

とはいえ、この本を読んでユニクロを買い控えるようなことはなさそう。自分を含め身近な人が働いているわけでもないので、対岸の火事感覚は抜けなかった。

ただ、ユニクロの店舗でスタッフを見るたび「この人も苦労してるんだろうか…」と思ってしまいそうではある。

ユニクロ潜入一年

ユニクロ潜入一年

一方からの言葉を鵜呑みにするのもなんなので、柳井社長の本も読んでみる…?

ユニクロ思考術

ユニクロ思考術