読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと

特にありません

【ふるさと納税】最大で寄付額の3%がキャッシュバック!住民税が安くなるだけじゃないお得な申し込み方

便利なサービス

【スポンサーリンク】

ただでさえお得なふるさと納税なのですが、2015年からアフィリエイトサービスを利用したキャッシュバックができるようになりました。

各地方の名産品(海産物!肉!!)などを手に入れられて、翌年の住民税が安くなる(そしてちょっと還付金がある)。さらに、現金として寄付額の一部が戻ってきます。

キャッシュバック対象となるのは、「ふるなび」というふるさと納税のポータルサイトからの申し込みです。もちろん、自身のアフィリエイトリンクを経由してくださいね。

f:id:r-taro:20150623115654p:plain

注:2015年6月24日に全面的に改訂しました。

ふるさと納税のキャッシュバック額例

ふるさと納税のキャッシュバックを3.0%で計算すると、単身世帯の場合はこんな具合になります。(最大寄付額、税の軽減額は「ふるなび」より)*1

収入が300万円の場合
最大寄付額:40,000円
38,000円(税の軽減額)+ 1,200円(キャッシュバック)= 39,200円

収入が400万円の場合
最大寄付額:60,000円
58,000円(税の軽減額)+ 1,800円(キャッシュバック)= 59,800円

ふるさと納税は、最大で納税額のマイナス2,000円が控除されるという仕組みです。そこにアフィリエイトによるキャッシュバック(セルフバック)が加わると…高級牛肉やおいしいお酒、名産品がほぼタダみたいな値段で手に入れることができます。

ふるさと納税のキャッシュバックまでの仕組み

それでは、キャッシュバック有りでふるさと納税を行うための手順を書いてみます。

  1. アフィリエイトサービスプロパイダ(ASP)と提携する
  2. ASP経由で「ふるなび」と提携
  3. 「ふるなび」のアフィリエイトリンク経由で、ふるさと納税の手続きをする

すると…。

  • 最大3.0%が現金でキャッシュバックされる!
  • 翌年の住民税が安くなる!
  • ちょっと還付金がある(数百円~千円程度*2

「ふるなび」と提携できるアフィリエイトサイトの特徴

「ふるなび」のアフィリエイトを扱っているアフィリエイトサービスプロパイダ(ASP)はいくつかあります。ここでは、アクセストレード、i-mobileの2つのサービスを例に取り上げます。

アクセストレード・i-mobileの違い

  • キャッシュバック率が異なる
    • アクセストレード:最大2.5%
    • i-mobile:最大3.0%
  • 提携方法が異なる
    • アクセストレード:
      「ふるなび」本体のアフィリエイトプログラムと提携
    • i-mobile:
      「ふるなび」の各自治体ごとのアフィリエイトプログラムと提携
  • Twitterアフィリエイト
    • アクセストレード:可
    • i-mobile:不可

アクセストレードとi-mobileでキャッシュバックの料率が違うのは気になるところです(ブコメで情報いただきました。ありがとうございます)。何で違うのかなーと思ったら、i-mobileが「ふるなび」を運営している会社だったのでした。

i-mobileはキャッシュバック率が良いのだけど、各自治体ごとに提携しなくちゃいけないのは面倒。
目当ての自治体のリンクを作って、そこを経由して申し込まなくちゃいけない。でも、Aの自治体のリンクからBの自治体のふるさと納税をしたらどうなるんだろう?

Twitterアフィリエイトは、私のように「キャッシュバックできればそれでいいやー」な人間には関係ないですね。

アクセストレード・i-mobile、「ふるなび」との提携方法

各ASPとの提携は下記から行います。普通のブログを持ってる人なら、はじかれることは無さそう(このブログもあっさり通過したし)。

アクセストレードのお申込みはこちら
⇒i-mobileアフィリエイトパートナー募集

無事にASPと提携できたら、次は「ふるなび」との提携です。以下、アクセストレードを例に説明します。(i-mobileでも同様の手順で提携します)

アクセストレードにログイン後、プログラム情報をクリックして「ふるなび」を検索。

f:id:r-taro:20150623115658p:plain

チェックを入れて提携申し込み。

f:id:r-taro:20150623115702p:plain

無事提携が完了したら、ステータスが「提携中」変わります。

f:id:r-taro:20150623120427p:plain

あとはこうやって「ふるなび」へのリンクを貼って、「ふるなび」経由でふるさと納税を申し込めばOKです。

↑このリンクから申し込んだら私の得になるだけなので、自分のリンクから申し込んでくださいね!くれぐれも忘れずに~。

「ふるなび」に対応している自治体

「ふるなび」経由でふるさと納税の申し込みができるのは、下記の自治体です。

  • 群馬県草津町
  • 群馬県中之条町
  • 山梨県甲州市
  • 山梨県碧南市
  • 三重県明和町
  • 三重県玉城町
  • 佐賀県小城市

正直なところ、まだあんまり多くはない。

ただ、イイ感じの自治体と提携しているので、三重県の「松坂牛」や佐賀県の「佐賀牛」など、ブランド牛肉を手に入れることが可能です!静岡県南伊豆町の「伊勢海老・あわび・さざえ詰め合わせ」も気になる。(伊勢海老ってすごく魅かれるけど、どうやって食べればいいんだ?)

おいしいものをお得に手に入れられる「ふるさと納税」は最高だ

普段は購入するのにちょっと…いや、だいぶためらってしまうような高級食材・お酒などを「寄付」という名目で入手できる。そういう言い訳ができると、食べる時の心理的ハードルが下がります。だって、なんでもないのに食卓に松坂牛が出てきたらびっくりするでしょ!だけど「寄付したお礼だから」と聞けば「ふむ(いいことしたな…)」と落ち着いて食べられる。

寄付で自治体は助かる、おいしいものを手に入れられて私もうれしい。

こんな年に1度のぜいたく、いかがでしょうか。

以上、「【ふるさと納税】最大で寄付額の3%がキャッシュバック!住民税が安くなるだけじゃないお得な申し込み方」でした。

関連記事

risa.hatenablog.com
risa.hatenablog.com

*1:夫婦・子持ち夫婦だとまた違う

*2:試しに1万5千円の寄付をしたら600円くらい返ってきました