日々のこと

読書と文具たまに旅行。趣味と仕事の両立が永遠のテーマ

首都圏外郭放水路の見学ツアーに参加。地下神殿の写真も撮ったよ


【スポンサーリンク】

埼玉県春日部市にある「首都圏外郭放水路」に行ってきました。 映画やドラマのロケにも使われとしても有名な建物で、事前予約制で見学ツアーに参加できます。

目次

首都圏外郭放水路の写真

ちょっと見て、見て。

SF映画に出てきそうな異世界が素敵じゃないですか。

にょきにょきと伸びる長い柱が並ぶ様子は、「地下神殿」と言われるだけありますね!

f:id:r-taro:20181015183412j:plain

f:id:r-taro:20181015183443j:plain

f:id:r-taro:20181015183659j:plain

f:id:r-taro:20181015183713j:plain

f:id:r-taro:20181015183442j:plain

f:id:r-taro:20181015183455j:plain

f:id:r-taro:20181015183836j:plain

首都圏外郭放水路って?

延長約6.3km、国道16号直下深度約50m地点に設けられた世界最大級の地下放水路です。

埼玉県南部の中川・倉松川・大落古利根川など周辺河川の増水時に洪水を防ぐため、地下に水を貯留し、トンネルを通して江戸川に流すというものです。

見学の感想

首都圏外郭放水路の見学は、以下のような流れで進んでいきます。

  1. パネルを使った解説
  2. 調圧水槽へ移動し、広報員による解説
  3. 調圧水槽の自由見学時間
  4. 第一立坑の見学

調圧水槽(地下)には100段ほどの階段を上り下りして行きます。また、地下には多少水たまりができていることがあるので、歩きやすく滑りにくいスニーカーなどで行くことをおすすめします。

地下神殿の写真撮影は慌ただしい

調圧水槽の自由見学時間は10分。

ロープで区切られた狭い範囲を見るだけならば十分な時間です。 ……が、写真を撮ろうと思うと、相当慌ただしいことになりました。

薄暗い場所だと予想していたので、ブレ防止に三脚を持参。それは良い判断だったのだけど、広げたりしまったりするのに忙しい。10分だもんなぁ……。

三脚は一番下のいわゆる地下神殿エリアに着いたら広げてOKとのことでした。階段で下ってる最中は撮影禁止。

恐ろしく忙しいことになるだろうけど、ポートレートを撮ったら格好いい写真が撮れそう。

第一立坑の見学は一瞬

第一立坑については上から覗きこむだけです。一列に並んで順番に見るので、写真を撮れるのは一瞬です。

首都圏外郭放水路の見学詳細

  • 開催時期:平成30年8月1日(水)から毎日
  • 見学時間:1日7回(10:00・11:00・12:00・13:00・14:00・15:00・16:00) ※所要時間約50分
  • 定員:各回50名(事前予約制)
  • 料金:ひとり650円(税込)

見学は要予約です。予約方法については、下記ページをご覧ください。
首都圏外郭放水路 見学会 お申込案内

アクセス

  • 住所:埼玉県春日部市上金崎720

  • 自動車で:圏央道 幸手IC及び五霞ICから約30分

  • 電車で:東武野田線(東武アーバンパークライン)  南桜井駅北口より 徒歩約40分(約3km)
    南桜井駅北口・春日部駅東口からイオンモール春日部線、南桜井駅北口から春日部市コミュニティバス「春バス」が運行しています。
    いずれも降車停留所は「龍Q館」です。

関連記事

薄暗い地下神殿で写真を撮るなら、ブレ防止に三脚は必須だと思います。このミニ三脚ならスマホでも使えるよ。