日々のこと

特にありません

【五反田ランチ】陳家私菜の麻辣刀削麺で痺れる辛さを体験してきた


【スポンサーリンク】

職場の同僚たちの中では、「"おいしい方"の刀削麺食べに行こう」という話イコール、陳家私菜に行こうということなのである。*1

陳家私菜へ行こう

陳家私菜は五反田駅から徒歩5分くらいの中華屋さん。駅から伸びる大通りを少し歩くと、ファミリーマートが見えてくる。その脇を入って、道なりに歩いていくと、看板が見えてきます。
f:id:r-taro:20151021203935j:plain

まずは前菜

1人で行くと長テーブルに座るよう促されて、春雨サラダと水餃子3つが自動的に運ばれてきました。ランチの時間帯には、これらがセットでついてくるのです。

f:id:r-taro:20151021204447j:plain

いつもはセルフサービスなんだけど、人が少ない時間だから持ってきてくれたのかな。

f:id:r-taro:20151026082858j:plain

ピリ辛の春雨とモチモチの水餃子が、この後にでてくる刀削麺への期待を高めてくれます。

さて、刀削麺だ

麻辣刀削麺が登場したのは、席について10分くらい経ったころ。

f:id:r-taro:20151026075513j:plain

当たり前だけど、スープが真っ赤だ!どれだけの刺激を与えてくれるのか、見ているだけでワクワクしてきた。

汁はね対策に置いてあるエプロンをして、早速食べましょうそうしましょう。

f:id:r-taro:20151026075854j:plain

もちっとした麺がおいしい。ノンストップでどんどん口に放り込みたくなる。

麺のかたまりを削って作るので、大きさがまちまち。それを箸でつかんで、どんどん口に入れていく。麺類ってズルズルとすするように食べることが多いと思うけれど、刀削麺はモグモグっと食べる麺ですね。

しばらく麺を食べていると、ちょっとスープも飲みたくなってくる。丼の中を軽く混ぜつつ、口に運ぶ。すると、ガツンと痺れるような辛さが口の中に広がります。

さすが麻辣刀削麺というだけあるなあ。

唐辛子のヒリヒリする辛さと、花椒のビリビリする辛さがタッグを組んでやってくるのだから、ご飯を食べたから午後は眠くなりそう…なんて言ってる場合じゃないのですよ。

でも、それがいい。これを食べに来たんだ!という満足感に浸れますね。

辛さが足りないという方は、テーブルの上の調味料をプラスしても。でもそれめっちゃ辛いから、入れすぎ注意ですけども…。

個人的にはこの麻辣刀削麺は、クセになる味だと思います。ヤバイ。これ書いてたら、今日のランチに行きたくなってきた。今度は無料トッピングのパクチーも入れてもらおう。

陳家菜家 五反田店について

  • 営業時間
    • ランチ 11:30~14:30 
    • ディナー 月~金 17:30~23:30(L.O.22:45) 
    • 土・祝 17:30~22:00(L.O.21:15) 
  • 定休日 日曜日
  • 最寄り駅 五反田駅(JR線 / 都営浅草線 /東急池上線)
  • 喫煙可

*1:イマイチな方の刀削麺の店というのもあるけど、わざわざ書くものでもないので省略