日々のこと

特にありません

シックな煉瓦造の「三菱一号館 cafe1894」でのんびりとティータイムを楽しんできました


【スポンサーリンク】

シックな煉瓦造の三菱一号館 cafe1894に行ってきました!東京駅の丸の内側出口から、徒歩5分程度。日本郵便の商業施設「KITTE」の裏側にあります。

三菱一号館は丸の内初の洋風貸事務所として、ジョサイア・コンドル氏が設計したものなのだそうです。ジョサイア・コンドル氏は、旧岩崎邸庭園旧古河庭園の洋館の設計も手がけました。 旧岩崎邸庭園に行ったときにガイドの方に「三菱一号館も行ってみると良い」と勧められ、訪れることとしました。

ちなみに三菱一号館は老朽化により解体されたため、現存する建物はレプリカ再建されたものなのだそうです。

 

大通り沿いから三菱一号館を眺めてみます。鮮やかな赤レンガが木々の緑に映えてすてき!

f:id:r-taro:20140915152715j:plain

「東京国際フォーラム西」の交差点を曲がると、cafe1894の入り口が見えてきます。

f:id:r-taro:20140915153119j:plain

15時過ぎに訪れたのですが、10組待ちでした。店内にいる人たちの年齢層は高めで、落ち着いた雰囲気です。

f:id:r-taro:20140915154155j:plain

10組待ちときいて「いったいどれだけ待たされるんだ…」と不安になったものの、ウェイティングスペースが用意されているので、案外時間を気にせずに順番を待つことができました。待ってる間にも、内装を見るという楽しみがありますしね!

f:id:r-taro:20140915154646j:plain

カフェスペースとなっているこの部屋は、元々銀行の営業室として使われていたそうです。そういわれてみると、この仕切りは窓口っぽいな。

f:id:r-taro:20140915160113j:plain

カフェのメニューはこちら。

f:id:r-taro:20140915155913j:plain

悩んだ末、「フロマージュブランマンジェ 桃のざくろコンポートとバニラアイス」にしました。プラス300円で飲み物がつくとのことなので、オーガニックティーをお願いしました。

きました!プルプルしてる!!周囲のゼリーが宝石のようにキラキラしてますよ…!

f:id:r-taro:20140915161028j:plain

バニラアイスはどっしりしっかりとした舌触り。ラクトアイスじゃないよ、アイスクリームの味だよ。もっちりとしたフロマージュブランマンジェは濃厚な味わい。周囲のゼリーがつるんとしていて、三種三様の食感が楽しめて面白かった。でも、どれも味が濃い!濃いよ!紅茶を頼んだのは正解だと思いました。

アップルパイやクレープ、チョコレートのテリーヌも気になるし(全部じゃないか)、再訪問してみたいですね。こんな素敵な建物でディナーを楽しむのもいいだろうな。 

洋館さんぽ EAST 目的でさがすガイドブック

洋館さんぽ EAST 目的でさがすガイドブック

 
ビジュアル資料 明治・大正・昭和 西洋館&異人館

ビジュアル資料 明治・大正・昭和 西洋館&異人館

 

関連記事

シンプルながら、細かい部分の装飾が美しい「青淵文庫」。そして、贈り主の遊び心が見える「晩香盧」。どちらも思わずにっこり、なモチーフが建物内にもりだくさんです。唐草模様がすきになりました。

ガイドツアーに参加することで、旧古河庭園の洋館の中を見ることができます。内装が本当にすてきなので、ぜひ見てほしい。グラデーション状に変化する洋室と和室の境目も面白い。

旧岩崎邸庭園の洋館もゴージャス!天井に施された立体的な刺繍は、いつまでも眺めたくなる。職人の手作業による金唐革紙を使った壁紙もぷくぷくしていてかわいい。