日々のこと

読書と文具たまに旅行。趣味と仕事の両立が永遠のテーマ

2018年冬の熱海で足湯と温泉、買い食いを楽しむ #18きっぷの旅


【スポンサーリンク】

目次

前回までのお話

ふと思い立って18きっぷを使って小田原で邸園巡りをした私。小田原だけだと18きっぷ的には赤字だしな~。そんなに時間かからないし、このまま熱海まで行ってみるか!

前回の記事はこちら

2018年冬の小田原で邸園巡り #18きっぷの旅 - 日々のこと

熱海で足湯

小田原駅から東海道線に乗り、30分。真っ先に向かったのは、熱海駅前にある足湯「家康の湯」。小田原駅近辺ですでに1万歩近く歩いていたので、足の血行を良くして疲れをとりたい。

足湯の縁に腰掛けていそいで靴下を脱ぐ。ここでうっかりズボンごとお湯の中につっこんでしまうと台無し。靴下をお湯に落としてもいけない。慌てない、慌てない。 膝下までズボンの裾をまくりあげて、そっとお湯に足を入れる。

f:id:r-taro:20180106222057j:plain

ちゃぽん。

はぁ~あったか~い!しあわせ!!!

寒い中歩いてきた疲れが、お湯の中に溶けていく。ずっとこのまま足をお湯につけていたい……。

周りを見てみると、足湯につかりながら 色んなことやってるのね。本を読んでいる人、旅の予定を確認している人。ながら足湯いいな。

混んできたので、15分程度で切り上げ。ふくらはぎの辺りまで血色が良くなり、足が軽くなったような気がした。

家康の湯の営業時間は9:00~16:00なので、行く場合には時間に要注意。

家康の湯の詳細はこちらからどうぞ 家康の湯(足湯)|観光・体験|あたみニュース - 熱海市観光協会 公式観光サイト

買い食いは楽しい

駅の目の前のアーケード街に向かう。買い食いの時間ですよ!

f:id:r-taro:20180107071008j:plain

練り物屋さんでタコ棒。380円だったかな。思ってたよりタコがしっかり入っていて嬉しい。

f:id:r-taro:20180106222234j:plain

ホカホカの温泉まんじゅうは110円。甘い。うまい。

f:id:r-taro:20180106222126j:plain

お腹もいっぱいになった。時間はまだ14時。

じゃあ、温泉、行っちゃいますか!

熱海駅前温泉でワンコイン入浴

スマホで熱海駅付近の温泉を探してみると、なんと500円で入れる場所があるという。安い。

アーケード街から家康の湯方面に戻り、そのまま真っ直ぐ進む。突き当たりを右に行くとあった、熱海駅前温泉。

年期が入っている見た目に、正直、入るのをちょっとためらった。でも、ここまで来て「温泉に入らない」はないよね~!

f:id:r-taro:20180106222204j:plain

受付に入浴料500円と、タオル代100円の計600円を渡して奥に進む。

オープンしたての14時を少し過ぎたところだったけれど、すでに先客2名。

f:id:r-taro:20180107070754j:plain

浴室は小さめの浴槽と、大きめの浴槽が1つ。先客さんは小さい方に入っていたので、大きいお風呂は独り占めだ。広々としていて嬉しい。

お湯に肩までつかると、より体がほぐれていくのが分かる。温泉に来て正解だった。足湯だけで済ませなくてよかった。極楽、極楽。

干物を買う

晩のおかずにと、駅前の商店街に戻って干物をいくつか購入。巨大干しイカは、私が手に入れるより先に買われていった。     

f:id:r-taro:20180107071016j:plain

こうやってイカが干されてるの、洗濯物っぽくていい。ちょっと笑える。

f:id:r-taro:20180107130229j:plain

適当なところで買い物を切り上げて、東海道線でのんびり帰宅。熱海滞在時間は2時間半ほどでしたが、密度の濃い旅ができました。

関連記事