読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと

特にありません

『orange』5巻感想は「翔、良かったねー!」と思いつつも、須和くん不憫

読みました 読みました(漫画)

【スポンサーリンク】

高野苺先生の『orange』5巻を読みました。無事完結、です。

全5巻ということもあって、それほどグダることなくまとまったと思います。ちょっと気になることはありつつも、きれいに着地できたのではないかと。

orange(5) (アクションコミックス(月刊アクション)) 

激しく心を揺さぶられるというよりもむしろ、穏やかな気持ちで「良かったなぁ…」としんみりしてしまいました。

orangeの簡単なあらすじ

主人公の高宮菜穂の元に、「10年後の自分」から届いた手紙。そこには未来の自分の後悔―同級生の自殺を止められなかったこと―が綴られていた。

いたずらかと思った手紙だが、書かれていた通り成瀬翔が東京から転校してくる。手紙には「奈穂が翔を好きになること」、そして「翔が17歳の冬に防げたはずの事故で亡くなること」が書かれていた…。

奈穂と友人たちは「翔がいない未来」を変えるため協力していく。

orange最終巻のキモとなるのは…

果たしてどうやって翔を救うのか。

自分のせいで母が自殺したのではないかと思い、不安定になっているような人はそう簡単に変えられないよね。しかも、自分も死んでしまいたいと思っているほどだというのに…。

未来からの手紙があるから、その通りに行動すれば良いというものでは無い。

「翔がいる未来」をどうしたら手に入れられるのか。

翔の心を動かしたのは、菜穂の行動。いつもであれば気後れして動けないような場面でも、「未来を変えるんだ」という意志を持って進んでいった。

死にたい気持ちはそう簡単に消せるものではないけれど、「生きていたい」と少しでも翔が思うことができたのは本当に良かった。

タイムカプセルのメッセージは、過去にとらわれてた翔が、未来を考えられるようになったということだよね。

ツッコミどころもある

結局のところ、手紙はどう届いたんだよ!とか。

中盤で友人たち全員(須和弘人・村坂あずさ・ 茅野貴子・ 萩田朔)にも手紙が届いてることに「えっ、なんだそりゃ」って思ったりとか。

全員に手紙が届いていることで、それに縛られてしまう不自由さも出てきてしまうよねー、というのが奈穂と須和とのことです。

須和くんが不憫すぎる

この話で思うのが、ホント須和が不憫すぎるということ。
未来では奈穂と結婚して子供もいるというのに、手紙に縛られた結果か菜穂にも告白せず、翔とのことを応援する側に回ります。

でもなー、それでいいのか?

翔を救うことと、諏訪と奈穂のことは一緒にするようなことでもないのでは…。いやしかし、奈穂の存在があったから翔は思いとどまったんだよなあ。いやいや、だからといって奈穂に告白しないというのも…。

ちょっとモヤモヤしてしまう終わり方でした。

orangeの単行本情報

アクションコミックスから全5巻が出ています。

orange : 1 (アクションコミックス)

orange : 1 (アクションコミックス)

orange : 2 (アクションコミックス)

orange : 2 (アクションコミックス)

orange : 3 (アクションコミックス)

orange : 3 (アクションコミックス)

orange : 4 (アクションコミックス)

orange : 4 (アクションコミックス)

orange(5) (アクションコミックス(月刊アクション))

orange(5) (アクションコミックス(月刊アクション))

12月には映画化も

2015年12月12日に東宝系にて公開予定です。主演は土屋太鳳さん。翔役は山崎賢人さんだそうです。
映画『orange-オレンジ-』公式サイト

以上、「『orange』5巻感想は「翔、良かったねー!」と思いつつも、須和くん不憫」でした。