日々のこと

読書と文具たまに旅行。趣味と仕事の両立が永遠のテーマ

東京都北区十条のクルド料理店でピスタチオのコーヒーを飲んだ。ピスタチオ風味のコーヒーじゃないよ


【スポンサーリンク】

東京都北区十条にあるクルド料理レストラン「メソポタミア」では、とても珍しいピスタチオのコーヒーを飲むことができる。

f:id:r-taro:20180114170806j:plain 目次

ピスタチオ味のコーヒーでは、ない

スタバにあるようなピスタチオ風味のコーヒーじゃないよ。ピスタチオで作られたコーヒーだよ。

えー、そんなのあるのー!?というのが正直な感想。

ピスタチオって、あのお酒のつまみなんかで食べるピスタチオのことでしょ?殻を剥いて食べる、黄緑色した小さな実。

一体ピスタチオのコーヒーとはどんな味なんだろう。想像がつかない。飲んでみよう。

ピスタチオコーヒーって何だ?

ピスタチオコーヒーを注文したついでに、好奇心を押さえられず「ピスタチオコーヒーのピスタチオって、"あの"ピスタチオなんですか?」と聞いてみる。
「ちょっと待ってくださいね」と店員さんは言って、奥から容器を2つ持ってきた。

一つは、ピスタチオコーヒーの元となる豆が入った小瓶。もう一つは黒くてねばねばっとしたものが入っている、インスタントコーヒーくらいの大きさの中瓶。

で、ピスタチオコーヒーの豆ってこんな感じです。

f:id:r-taro:20180114150741j:plain

知ってるピスタチオと違った!

後から調べてみるとこういうことでありました。

ピスタキア属テレビンノキの実 (通常のピスタチオより小さい) を十分に炒ると、カフェインの刺激を一切伴わずにコーヒーの風味を忠実に再現でき、しかもコストを大幅に下げることができるといいます。
ピスタチオ ナッツがカフェインを含まないコーヒーの代替品に | American Pistachio Growers

黒くてねばねばしたものの正体もピスタチオ。「ピスタチオの豆を蜜みたいにして、コーヒーを作るんですよ」と。だから、この豆はピスタチオコーヒーの味がする、のだとか。

ピスタチオコーヒーを飲んでみた

さて、ピスタチオコーヒーです。
小ぶりなデミタスサイズのカップでいただきます。

f:id:r-taro:20180114153713j:plain

ふた、オープン!

f:id:r-taro:20180114150723j:plain

どろっとした見た目ですね。まずは一口。

見た目通り、ねっとり濃い味わい。
私が知っているコーヒー豆のコーヒーとは、また別の飲み物のように感じる。
飲んだ感触は、お汁粉みたいといいましょうか。どっしりとお腹にたまる。確かにこれ、デミタスサイズのカップでちょうどいいね。

f:id:r-taro:20180114150813j:plain

ランチを食べたばかりだったのでチャレンジできませんでしたが、クルド風クッキー「ケレビス」も食べてみたかったなー! また今度!!

ランチを食べた時の記事はこちら

「メソポタミア」へのアクセス

「メソポタミア」の最寄駅はJR埼京線 十条駅。
埼玉南部の川口市、蕨市にはクルド人が多く住んでいて、「ワラビスタン」なんて呼ばれているのを聞いたことあるでしょうか。 十条駅はそんな蕨駅から電車で20分ほどの場所にあります。

十条駅南口を出て右手を見ると、この通り「クルド家庭料理」の文字が目に入ります。

f:id:r-taro:20180114125951j:plain

この文字が張られているビルの正面に行くと、この通りメニューがディスプレイされているので

f:id:r-taro:20180114125959j:plain

迷わず3階まで階段を上りましょう! f:id:r-taro:20180114130005j:plain

駅からはこの通りの近さです!

「メソポタミア」公式サイト

公式サイトはこちらです。

クルド料理 - mesopotamiajp ページ!