読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと

特にありません

いま一番映像化して欲しい漫画『サイレーン(山崎紗也夏)』最終巻が出た…!7巻感想

読みました 読みました(漫画)

【スポンサーリンク】

『サイレーン』の最終巻である7巻が先日発売されました!無事完結したことで、私の中では「いま一番続きが気になる漫画」から、「いま一番映像化して欲しい漫画」になりました。美人殺人鬼が動くところが見てみたい。どんな声でどんな風に話すのか。とても気になります。無表情で「殺してやろうか…この場で…」って言われてみたい!でも殺さないで!!

『サイレーン』の簡単なあらすじのようなもの

武蔵県警機動捜査隊でバディを組む里見 偲と猪熊 夕貴。この二人は仕事の上で相棒なだけではなく、職場には秘密の恋人関係でもある。恋人同士ということが知られれば、確実にどちらかは異動させられてしまう。今の部署は二人の希望である捜査一課目前のポジションであるため、波風を立てずに過ごしたいと考えている。

 

里見と猪熊がある変死体発見現場で出会ったのが、橘カラ。誰もが目を引くようなこの美女が、なぜか二人の周りをうろつきだす。あるときは事件に巻き込まれた被害者として、またあるときはイノ(猪熊)と同じジムの会員として…。いったい、彼女は何が目的なのだろうか。橘カラの存在に引っ掛かりを感じた里見は、個人的に尾行を始めるのだが…さてさて。

『サイレーン』7巻の感想

話を畳むにあたって、「何もかもすっきりはっきりしてほしい」という方には、ちょっとモヤモヤ感が残る結末でした。それほど各事件の掘り下げがされなかったことで、気になる部分が出てしまって。さすがに、カラが死んで終了!という投げっぱなしなオチじゃなかったのには安心したけどね。

言い方を変えれば、余韻の残る終わり方ともいえるのかも。今後カラやイノ、里見たちはどうなっていくのだろう。そんなに風に考えてしまわずにはいられません。

この作品の魅力は、淡々と無表情で殺人を犯していく悪女カラ。つい先日まで友人のように振舞っていた相手に対して、ためらいもなくナイフで切り付けていくのです。 「関節の内側のここ……の静脈を切って…血を抜いていけばゆっくり逝けますから」という台詞には、背中がぞわぞわとする嫌な気持ちでいっぱいになりましたね。

「残忍」としか言いようがなかった彼女ですが、最終巻でやっと人間らしい笑顔を見せます。それまでの取り調べでは黙秘を続けていたけれど、このシーンの後から何か変化は起きたと思いたい。

6巻から愛の暴走特急と化した渡さん(相変わらずDT)が、最後の最後にやらかしてくれましたのには笑ってしまいました。誰かこいつ縛っておけ!!*1

サイレーン(7)

サイレーン(7)

 
サイレーン(1)

サイレーン(1)

 

関連エントリー

サイレーン6巻の感想記事です。とにかく渡さんが強烈なキャラで、読者の度肝を抜きましたよね…。 

どうせ読むなら一気読みしてほしい。

*1:前巻で里見に向かって自動車で突っ込んだのだから、そうフラフラしていられる身分でもないと思うのだけど