日々のこと

特にありません

ほのぼのとした空気の中にあるゲスさを楽しむ社会派風刺漫画「国家の猫ムラヤマ(カレー沢薫)」を読みました


【スポンサーリンク】

国家の猫ムラヤマ(カレー沢薫)」を読みました。

人間が猛威を振るう時代は終わった。絶滅寸前の人間に代わって政治を行うのは、各種の動物たち。でも、何かがおかしい。まず、総理がツシマヤマネコ。お前こそ絶滅危惧種だろ…とツッコミをいれずにいられない。

そんな設定で始まる漫画なので、あとはバカ話に流されるままページをめくるのが正しい楽しみ方でしょう。

 

「国家の猫ムラヤマ」は社会派政治ギャグということになっています。政治離れや引きこもり、少子化対策などのテーマをおかずに、テンポよくボケとツッコミが繰り返されていきます。1話2ページというのもあって非常にリズミカルに読めるのが良い*1。カレー沢作品に共通した、ギャグを淡々とボディにぶちこんでくる感じが痛快です。

時事ネタをちょこちょこはさんでくるので、いい感じに読めるのは旬のうちかも。こういうのって時間が経っちゃうとやっぱりねぇ…。10年後に読み返せばそれも味となりますが。

 

「国家の猫ムラヤマ」の中心となるキャラクターは3名。

f:id:r-taro:20140411131349j:image

国民が政治に興味がなさ過ぎて、支持率0%なのになぜか総理になってしまったツシマヤマネコのムラヤマ氏。会見開始3秒で10回も失言したという伝説を持っている。

とはいえ、彼の存在はこの漫画の良心ともいっていいかもしれない。そう、彼がそれなりにまともな分、秘書たちがあまりにも酷い。ある意味潔いといえるほど酷い。

f:id:r-taro:20140411131356j:image

この作品では珍しい、人間の秘書「イトウ一郎」。彼もまた輝いてる名前をお持ちで…。この世界ではレアである人間のメスを見つけると、求愛ダンスを踊る癖があります。秘書とピンサロの呼び込みのバイトを掛け持ちしているが、いいのかそれは…。

f:id:r-taro:20140411131347j:image

こちらが第二秘書あるオブチ氏(オコジョ)。こう見えて彼は奔放な性生活を送っている上、資産差し押さえも受けているツワモノだったりします。過去が気になりますね。

f:id:r-taro:20140411215638j:plain

オブチの酷さをヒトコマで表すならこれ。

f:id:r-taro:20140411131359j:image

ちなみに、彼らは派遣です。

 

アンモラルカスタマイズZがあらゆる女性に対して毒矢を吹き付けるような漫画だとしたら、こちらは霞ヶ関に火をつけて回るような漫画でしょうか。

 

f:id:r-taro:20140411131353j:image

アンカスを読んだ後だと、カレー沢先生はどれだけセックスネタが好きなんだと思ってしまいますね。

別の漫画の紹介ですが、こういうのもあった。

 

f:id:r-taro:20140411131402j:image

クレムリンでもそうだけど、各話最初の1コマ目のわけの分からなさが面白い*2。オザワというのは美人の官房長官(人間)の名前です。どうしてこういう状況になったんだ?

 

さて。動物たちが国を治めるときいてついつい連想してしまうのが「動物農場」。ディストピア小説「1984年」でも有名なジョージ・オーウェルの作品です。 動物農場のストーリーををさらっと紹介すると、偉大なる指導者様であるところの豚が動物たちの楽園を農場内に作ったと思ったらそのうち内ゲバが始まってあばばばば…ってな感じで。どっかの国を思い出しますね。

動物農場

動物農場

 

動物がボスとして君臨するという共通点だけで、動物農場と国家の猫ムラヤマを同時に手に入れて読み進めたのは私です。

間違ってもムラヤマ総理は総括を強要したりしないので、読みながらビクビクしないですむ。これは大変喜ばしい。主なキャラクターが動物だからといって油断していると、カレー沢作品特有のゲスさが押し寄せてくるので元気がわいてきますね。

でもさすがに「自分のウンコを食い続ければ飢えることはない」という発想には、「ナイスアイディア!これで今日から食費が浮くね!!」とは思えませんでした。

 

国家の猫ムラヤマ(1) (ヤングチャンピオン・コミックス) (ヤングチャンピオンコミックス)

国家の猫ムラヤマ(1) (ヤングチャンピオン・コミックス) (ヤングチャンピオンコミックス)

 
アンモラル・カスタマイズZ

アンモラル・カスタマイズZ

 

関連記事 

通称アンカス。圧倒的な下から目線で、世間に毒付く作品です。ファーストカレー沢作品として人に勧めたら、熱烈な信者になりました。好みが分かれるけれど、好きな人はとことん好きになると思います。

有給を取ってまで突撃した、東京写真美術館でのカレー沢イベントのレポート記事です。モーニングツ・ツー52号表紙を飾った関羽ぬいぐるみや写漫画(写真とイラストのコラボ)、立体オブジェなどが展示されていました。

あかひげ薬局帰りに読みたい漫画ナンバーワン。たちあがれ、やわらか男子!

カレー沢作品そのものな、カオスで阿鼻叫喚なサイン会に参加してきました。えっ、この人があんなマンガを…!?って戸惑うことしかできなかった。

カレー沢先生の乙女ゲー趣味が存分に活かされた作品。乙女ゲーや腐女子に関する無駄な知識が増えることまちがいなし。

*1:途中から増ページしますが

*2:クレムリンで好きなのは三角関係ごっこ。