読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のこと

特にありません

池袋駅から徒歩5分の洋館「自由学園 明日館」に行ってきました


【スポンサーリンク】

自由学園明日館に行ってきた

自由学園明日館というのは、東京都東久留米市にある「自由学園」の旧校舎です。1997年に国の重要文化財指定を受けました。

明日館があるのは、池袋駅と目白駅のちょうど間。設計者は近代建築の三大巨匠と呼ばれるフランク・ロイド・ライトです。帝国ホテルや旧山邑家住宅(現ヨドコウ迎賓館)などの設計も手掛けました。

さて。

池袋駅のメトロポリタン口から5分ほど住宅街の中を歩くと、自由学園明日館が見えてきました。こちらの門をくぐって、中に入ります。
f:id:r-taro:20150806074803j:plain

受付でチケットを入手。チケットに描かれているのは、ホールの大きな窓。このような幾何学模様の窓が明日館の特徴となっていて、いろんな部屋に取り入れられているのを見ることができます。
f:id:r-taro:20150806075428j:plain

自由学園明日館の建物は、コの時を左に90度倒したような形。ホールが中央にあって、両脇に教室が連なっている作りです。正面に青々と茂っている芝生が気持ちいいですね!学校だったころは校庭だったのかな?
f:id:r-taro:20150806074926j:plain

こちらのドアからおじゃましまーす!

外観はクリーム色がベースとなっていて、ポイントとしてドアや窓枠にに緑色が使われています。しっかり閉まっていたから、入っていいのかちょっとドキドキしました…。
f:id:r-taro:20150806075032j:plain

かわいらしいサイズの椅子や机は、学校時代から使われているものなのでしょうか。明日館は「使いながら保存していく」という方針で建物を残しているそうで、各教室では公開講座の授業も行われていました。
f:id:r-taro:20150806075214j:plain

こちらがチケットにも描かれている窓です。とにかく大きい!すてき!!
f:id:r-taro:20150810104512j:plain

ホールは喫茶室として使われています。喫茶つき見学を選ぶと、お茶(コーヒーまたは紅茶)とお菓子を食べながら休憩できます。
f:id:r-taro:20150806075305j:plain

自由学園と関係の深い「婦人之友社」の書籍が置いてあるコーナーもありました。この部屋はイイ感じにクーラーが効いていて、カンカン照りだったこの日にはすっごく助かりました…。
f:id:r-taro:20150810104555j:plain

自由学園生活工芸研究所のショップも敷地内にあります。子ども向けのぬいぐるみやおもちゃ、ストールや文房具などが用意されています。
f:id:r-taro:20150810104615j:plain

自由学園明日館詳細

  • アクセス
    • JR池袋駅メトロポリタン口より徒歩5分
    • JR目白駅より徒歩7分
  • 見学料
    • 喫茶つき見学:600円
    • 見学のみ:400円
    • お酒つき見学:1000円(夜間のみ)
  • 休館日:毎週月曜日
  • 公式サイト

www.jiyu.jp

関連記事

risa.hatenablog.com
risa.hatenablog.com
risa.hatenablog.com