日々のこと

読書と文具たまに旅行。趣味と仕事の両立が永遠のテーマ

台湾・花蓮でみつけたかわいい窓コレクション


【スポンサーリンク】

先日訪問した、台湾・花蓮の何でもない家の窓がかわいくてすてきだったという話です。

f:id:r-taro:20180619162908j:plain

以前、台湾の古民家の写真を撮影しているユニット「老屋顔」のイベントに参加しました。

その中で「台湾ですてきな建物を発見するには、路地裏に入ってみるとよい」というコメントがあり、台湾を訪れた際にそれを実践してみることとしたのでした。

台湾・花蓮

今回、訪れたのは台湾東部の街「花蓮」。台北からは特急列車で2~3時間ほど。

駅から車で10分ほどの市街地は、大きなビルも少なくのんびりとした雰囲気。

f:id:r-taro:20180619163521j:plain

でも、原付がびゅんびゅんと走っているのは、台北と同じだね。

かわいい鉄窓を探しに歩いたのは、大通りから毛細血管のように伸びる路地。

住宅街と思われるエリアでは、中途半端な時間のせいか人よりも犬に遭遇する確率の方が高かった。

f:id:r-taro:20180619163208j:plain

首輪しているから飼い犬なのかな。勝手に散歩しているのかな。

「かわいい」を探してみよう

キョロキョロしながら歩いていたら、みつけた。

ボーリングのピンのような形が行儀よく並んでいる窓。

オレンジと青の色使いがかわいらしい。

f:id:r-taro:20180610151020j:plain

こちらはくるんくるんとした窓。色も相まってつる性の植物みたい。

f:id:r-taro:20180610151041j:plain

これって一つ一つ職人さんが鉄を曲げて作っているんだよね。

f:id:r-taro:20180619173440j:plain

泡みたいなモチーフをリズムよく重ねて。 f:id:r-taro:20180610151106j:plain

シンプルな鉄窓の交差点に結び目がアクセント。 f:id:r-taro:20180610151335j:plain

お花みたいなモチーフがついているだけで、鉄格子の窓もかわいらしく変身する。 f:id:r-taro:20180610151353j:plain

ふらふらと路地を歩いていると、そこに暮らす人々の生活が垣間見えるようでわくわくする。

f:id:r-taro:20180619163435j:plain

台湾を訪れた際には、ぜひ大通りから一つ裏通りに入って探検してみてください。

関連書籍

台湾レトロ建築案内

台湾レトロ建築案内

台湾各地に残るノスタルジックな建物を台湾在住の著者が紹介するガイド本。
台北・台中・台南と3つのエリアに分けて、全部で24件の建物が掲載されています。すべて訪問可能!
レトロ建築の鑑賞ポイントがまとめられているので、建物訪問の際により深く楽しめます。