日々のこと

読書と文具たまに旅行。趣味と仕事の両立が永遠のテーマ

大正9年の古民家「立花大正民家園 旧小山家住宅」に行ってきた


【スポンサーリンク】

東京都墨田区にて保存されている旧小山家住宅。大正9年建造の農家と町屋を折衷したような建物で、区の指定文化財になっています。

JR総武線平井駅から中川を越えて、川沿いを少し歩いた先にあります。

広い庭を抜けて

旧小山家の建物があるのは、こんもりと植えられた木々の深い緑の中。

f:id:r-taro:20180705231528j:plain

f:id:r-taro:20180705231521j:plain

庭の小道を抜けると、玄関が見えてきました。

f:id:r-taro:20180705231557j:plain

建物の脇にまわってみます。

f:id:r-taro:20180705231826j:plain

窓のガラスは昔のまま、温もりのある風合いを残していました。

f:id:r-taro:20180705231841j:plain

中に入ってみよう

改めて、小山家のドアを開けて中に入ってみます。

f:id:r-taro:20180705231734j:plain

玄関に貼られていたのは、泥棒避けのおふだかな?

f:id:r-taro:20180705231944j:plain

玄関から入って左手に見えるのは、主人の居室。

f:id:r-taro:20180705231729j:plain

うーむ、小物類も格好いいな……。

f:id:r-taro:20180705231910j:plain

f:id:r-taro:20180705231639j:plain

f:id:r-taro:20180705231650j:plain

部屋の中から見る緑が美しい。

f:id:r-taro:20180705231754j:plain

家の南西側には、二つの客室。

f:id:r-taro:20180705231710j:plain

f:id:r-taro:20180706075806j:plain

旧小山家住宅では、インテリアも昔のまま残されていて、ノスタルジックな雰囲気を味わえます。こういう戸棚、祖父母の家にあったなー。

f:id:r-taro:20180705231746j:plain

客間から居室・玄関方面を見たところ。 f:id:r-taro:20180706083749j:plain

玄関正面の部屋に戻ってきました。ここは、普段家族が過ごした部屋なのかな。

f:id:r-taro:20180706080023j:plain

f:id:r-taro:20180705231659j:plain

更に奥に進んだ先は台所。

f:id:r-taro:20180705231719j:plain

f:id:r-taro:20180706080654j:plain

f:id:r-taro:20180706080711j:plain

タイル張りのお風呂。昔はいわゆる五右衛門風呂だったものをリフォームしたようです。

f:id:r-taro:20180706081152j:plain

旧小山家住宅は、有料で利用も可能

こちらの建物は時間貸し利用も可能です。しかも、けっこうリーズナブルなお値段で。

一回3時間30分以内の利用 午前中
墨田区在住・通勤・通学者 1,100円 700円
上記以外 1,650円 1,150円

貸し切り利用は不可。住宅内見学者を優先し、見学に支障のない範囲での利用となります。

立花大正民家園 旧小山家住宅の詳細

大正民家園 旧小山家住宅の詳細情報は以下。

  • 住所:東京都墨田区立花六丁目13番17号
  • 交通
    • 東武鉄道亀戸線東あずま駅から徒歩8分
    • JR総武線平井駅から徒歩8分
  • 入園料:無料
  • 見学時間:12時30分~16時30分
    (住宅内の見学は建物の利用がないときに限る)
  • 定休日:12/29~1/3

関連記事

今まで訪問した洋館のまとめ記事はこちらです。

邸宅巡りの参考にしたい。

東京の歴史的邸宅散歩 (楽学ブックス)

東京の歴史的邸宅散歩 (楽学ブックス)

  • 作者: 鈴木博之,和田久士
  • 出版社/メーカー: ジェイティビィパブリッシング
  • 発売日: 2010/11/25
  • メディア: 単行本
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログを見る