日々のこと

読書と文具たまに旅行。趣味と仕事の両立が永遠のテーマ

ニトムズの365デイズノートなら、挫折せずに手帳を使えそう


【スポンサーリンク】

日付から解放されたくて、2019年は手帳代わりに『365DaysNotebook(365デイズノート)』を使うことにしました。

目次

手帳が苦手かも、と気がついた

手帳は途中でフェードアウトしてしまう派です。

あるあるだと思うのですが、何も書かない日が続いてしまうとそれが気になって、そのうち手帳を使うのが億劫になってしまうんですよね。

日別、週別でページが構成されているから、突然割り込んで書くわけにもいかない。時系列がぐちゃぐちゃになってしまうし。

もういい、手帳は使わない!!と、思ったもののタスク管理は紙のノートを使った方が楽なので、ここ2年くらいはMDノートにメモを書くことにしていました。

出会ってしまった

そろそろノートも終わりに近づいた今、ちょっと気分を変えたいな~と思っていたところ……。

職場近くの書店の文房具コーナーに置かれていたこちらの手帳?ノート?どちらともつかないアイテムに惹かれたのです。

ニトムズ STALOGY 365DaysNotebook A5

エディターズシリーズ『365DaysNotebook(365デイズノート)』です。

365デイズノートとは?

365デイズノートとは何かと言うと公式サイト曰く、

時刻を表す数字、日付と曜日、そしてグリッドという最低限の要素だけを載せたシンプルなノートなので、日記帳にもスケジュール帳やクロッキー帳にもなり、使う人の多彩な365日を受けとめます。

というものです。

このノートの特徴は、日付欄がフリーなこと。

ノートの上部には、小さめの文字で月・曜日・日付が書かれていて、マーカーで線を引いたり、丸で囲んだりして、記入した日が分かるようにして使います。

f:id:r-taro:20181104190014j:plain (画像は公式サイトより)

ノートのページが固定ではないので、思い立ったらいつからでも始められる。

つまり、金曜日の次に月曜日のページが来ても問題がない。空白のページができません。

手帳の空白が気になってフェードアウトしてしまいがちな私でも、この365デイズノートなら使い続けられそう。

線の色が控えめな方眼紙なので、メモを取るときにも線が気になりにくいのも好印象です。 ページの端に時刻を表す数字が印刷されていますが、個人的には使わなそうかな~。 f:id:r-taro:20181104190211j:plain (画像は公式サイトより)

職場ではGoogleアプリケーションのビジネス利用ができるG suiteを入れているので、仕事の予定管理はGoogleカレンダーをメインで使っています。

種類の展開は?

365デイズノートはA5、A6、B5、B6の4サイズ展開で、価格は1400円~1700円台。
ページ数を192ページにした半年用のノートもあります。

どれにしようかな、と考えてA6サイズ、一年用にしてみました!

スケジュール管理はノートで行わないため、A5だとちょっと大きいかなと思ったので。

ノートにまめにメモを取る場合には、A5の方がいいかもしれませんね。

近くの店頭に置いてあったのはA5サイズのみだったので、AmazonでA6サイズを注文しました。

しばらく使ってみて、リピートするかどうか決めたいと思います!

365デイズノートはこちらから購入できます

関連記事

プライベートのメモ帳はMDノート続投です。このノートカバーを使いたいので!