日々のこと

読書と文具たまに旅行。趣味と仕事の両立が永遠のテーマ

読みました(活字本)

読んでいると各国料理が食べたくなる『移民の宴』は、世界の不思議な食生活が詰まっている本でした

横浜の中華街に、池袋の新中華街。新大久保のコリアタウン。ワラビスタンこと、埼玉県蕨市。 都内近郊の移民コミュニティをざっと思い出すだけで、これだけ出てくる。 法務省による平成28年度末の調査では、中長期的在留外国人は 204万3872人だという。日本…

C93 情報・評論、旅行などの同人誌感想16冊

コミケは感想を語るまでがセットだ— りさ (@risa_hatena) 2017年12月31日 というわけで、2017年の冬コミC93で購入した同人誌の感想をまとめてみます。Tweetには、購入した同人誌のタイトル、サークル名を含めているので、気になるものがあれば検索してみてく…

『元FBI捜査官が教える「心を支配する」方法』タイトルはうさんくさいけれど中身は真っ当

『元FBI捜査官が教える「心を支配する」方法』。なんだこのうさんくさいタイトルはー!!! って思ったけれど、読んでみたら真っ当なコミュニケーション術の書籍でした。変な裏技とか出てきません。「心を支配する」って、タイトル煽りすぎ。 内容に関しては…

『しんがり 山一證券 最後の12人』調査報告書とあわせて読むと、さらに面白い

「昔働いてた会社、今どんな感じかな~」と検索してみたら、どうしようもない理由で倒産していました。 どうやら取引先の不正会計に関与してた疑いが報じられ、主要取引先からの取引停止に繋がり倒産したようです。 おいおい…、と思いつつも「あんな感じなら…

「ユニクロ潜入一年」の内容と感想。ジャーナリスト横田増生氏の潜入取材方法は、ユニクロでのアルバイト!

『ユニクロ潜入一年』読みました。 ネットでも話題になった週刊文春の「ユニクロ潜入ルポ」をもとに、1年間にわたるユニクロ潜入の全貌を書き下ろした書籍です。 今日のニットとスカートとアウターはユニクロです、ってくらいにヘビーユーザーの私にとって、…

ヘルマン・ヘッセ『車輪の下』に、学生時代の親や教師からのプレッシャーを思い出した

検定試験の勉強中なので、勉強してる人が出てくる本を読もう。そんな風に勉強の気分転換用に選んだのが、ヘルマン・ヘッセの『車輪の下』。 よく聞くタイトルだけど読んだことがなかったし、Amazon Prime会員なら無料で読めるPrime Reading 対象だったという…

『マジ文章書けないんだけど』基礎から応用編まで。伝わる文章を書くための力を手に入れられる一冊

「これは、わたしのための本だ」と思った。 職場の最寄り駅には、小さな書店が入っている。毎日使う湘南新宿ラインのホームから改札へ向かうと、ちょうどその書店の脇を通ることになる。 仕事帰りにホームへ行く道すがら、書店の方へ目をやると、通路側の棚…

1泊4日の台湾旅行!?『今日も世界のどこかでひとりっぷ』は旅に出たくてウズウズしちゃう危険な本でした!

危険な本を手にしてしまった。どのくらい危険かというと、読んですぐに航空券検索アプリ「スカイスキャナー」をインストールして格安航空券を検索してしまったくらい危険だ。『今日も世界のどこかでひとりっぷ』は、ひとりっPこと編集者の福井由美子さんによ…

ポジティブに、戦略的に、諦めていこう『諦める力』❨為末大❩感想

「諦める」という言葉にはネガティブなイメージがある。だけど、ポジティブにとらえることもできるという可能性を示しているのがこの本だと思う。 『諦める力』は、元陸上競技選手の為末大氏の著書。ちょっと前に話題になったので、読んだことかある方も多い…

軽い文章でサクっと読める、プロジェクトマネジメント入門書『天使に教わる勝ち残るプロマネ』感想

仕事柄、ソフトウェア開発部門のプロジェクトリーダーと接することが多くあります。 うまくプロジェクトを回せているPL、傍から見ていてハラハラしてしまうPL。彼らの違いってなんだろうなー、と思って「プロジェクトを運営していくこと」についての初心者向…

効率的に美人になるには「赤い口紅があればいい」おしゃれ番長野宮真貴による、雰囲気美人への指南書

すべての女性は目立たないように生きてはなりません。 なんて力強い言葉でしょう。これは、野宮真貴さま*1の『赤い口紅があればいい いつでもいちばん美人に見えるテクニック』という書籍からの一節。 新しいコスメ・ファッションアイテムを買いに行きたくな…

小池百合子の著書、防衛大臣時代の日記『女子の本懐』が面白かった

正直、そこまで期待していたわけではなかったけれど面白かった。知的好奇心をくすぐられる本だった。人に喋りたくなるコネタが詰まっていた。現東京都知事の小池百合子さんの著書『女子の本懐』は、そんな本でした。 『女子の本懐』は現小池百合子都知事が、…

『プロパガンダ・ゲーム』広告代理店の最終選考を舞台にしたプロパガンダ合戦

久々に、一気読みしてしまった。読み終わってまず思ったのが、「世の中を見る目が変わってしまうな」だった。さっそく読んだ本に影響されている自分に気がついて、笑うしかなかったよ。だって、『プロパガンダ・ゲーム』だもの、今回読んだ本のタイトル。 「…

プレゼンでの話し方「噛んで口が回らない」克服のためにできること

プレゼンの印象って、話し方で決まってしまう部分が多いと思いませんか?DPZ林さんのプレゼン術を参考に、職場の評価プレゼンに挑戦してみた - 日々のことの続きの話です。資料に詰め込み過ぎて時間が足りないとか、色々思うところはありますが。一番「しま…

DPZ林さんのプレゼン術を参考に、職場の評価プレゼンに挑戦してみた

私の職場では、年に一回査定のために評価プレゼンを行う。年イチの査定って目標管理かなんかの紙にペラっとかいて上司と面談してハイ終り、だと思ってた。でも、部署の皆さんの前と人事担当者の前で「今年これだけやりましたよ!」とアピールするためのプレ…

『なぜ、システム開発は必ずモメるのか?』は心当たりがありすぎて面白かった

『なぜ、システム開発は必ずモメるのか? 49のトラブルから学ぶプロジェクト管理術』を読みました。面白かったー。新人PLとか、品質管理担当者は読んでおくといいんじゃないかと思います。あとは、ユーザー側の担当者とか。『なぜ、システム開発は必ずモメる…

41歳で脳梗塞発症!「なぜ俺が」 高次脳障害の当事者による闘病記

突然、トイレの個室に老紳士が現れた!? 感情が爆発し、号泣が止まらない…。いきなり脳梗塞に襲われたものの、一見「普通の身体」に戻ったように見える41歳男性の頭の中はどうなってしまったのか? 『脳が壊れた』の著者である鈴木大介氏は、裏社会や触法少…

仕事の手柄を横取りする上司にぷんすかしていたわたし

「うっ、またか」完成間近の資料を一旦保存して閉じておいたら、いつの間にか上司がちょろっと編集してさらに上の上司に「作りましたー!」と声をかけていた時はポカーンとしたものでした。いくら成果主義の会社だからって、成果物までかすめ取っていかなく…

『芸術がわからなくても美術館がすごく楽しくなる本』を読んだら美術館にすごく行きたくなった

先日書店で見かけた『芸術がわからなくても美術館がすごく楽しくなる本』。今の気分にすごくマッチしていて、タイトルを見ただけでぐっとひきこまれてしまいました。 というのも、美術館に行っても「なんだか消化不良…?」というモヤモヤ感があったから。そ…

『五反田ランチパスポート』を早速買ってみた

2016年2月8日に五反田ランチパスポートが発売されました。この書籍を持って掲載店に行けば、格安でランチが食べられるという素敵な企画本です。五反田周辺でランチを食べる機会が多い私なら、充分もとは取れるのではないか…?そう思って、発売日当日に早速買…

話下手は聞き上手になれば良い。相手の話を引き出す相槌担当にも意味はある…!?

世の中には話したがりが多い(私もそうなんだけど)。だからこそ、話を聞いてくれる人というのは重宝される。 photo by pedrosimoes7残念ながら私は話下手。あの、自分でも分かってるんですけども、話に起伏もオチもないんですよね。最初から最後までフラッ…

やめたい習慣をスパッと断ち切るには?『習慣の力』感想

「こうあるべき」という習慣はたくさんある。 それらを身に着けるには、脳のクセを利用するのが大切。いわゆる三日坊主を防ぐためには、日々のルーチンに組み込まなくてはならないのだけど、さてどうするか。例えば。 すぐに眠って朝はすっきり起きたいと思…

フリークみたいに考えろ!『0ベース思考 どんな難問もシンプルに解決できる』感想

問題解決にまつわる本なのかな?サブタイトルを見たときにそう思った。確かに、問題解決にまつわる本なのだけど、思っていたのとは違った。でも、それが良かった。と、いうのは『0ベース思考 どんな難問もシンプルに解決できる』を読み終わった時点での感想…

伝えたいことをまっすぐに相手に伝わる表現方法とは?『アサーショントレーニング 自分らしい感情表現』を読みました

「伝えたいことをまっすぐに相手に伝わるように話すには?」ということに悩むことが多いです。つまりは「こんなことを言うんじゃなかったな」と後からクヨクヨしがちなのです。まぁ、そんなクヨってても何も解決しないよね!とさっさと切り替えることにして…

1989年の渋谷。憧れのバンドの解散を阻止しろ!『ドルフィンソングを救え!』感想

悶え苦しんで気恥ずか死してしまう小説かと思いきや、案外すんなりと1時間程で読み切れた。この頃の文化については、後から「知識」として身につけたことが多いからなのかしら。と、いうわけで『ドルフィン・ソングを救え!』を読みました。 『ドルフィン・…

『Inside Coca-Cola コカ・コーラ 叩き上げの復活経営』低迷していた2000年代のコカ・コーラを立て直した男の半生

コカ・コーラ。コンビニやスーパーなどの小売店、自動販売機などいたる所で見かける、まさに資本主義の象徴。「コーラってどこでも売ってるよね」と思うけれど、あんまり会社のことは知らないや。そういう方は多いのではないでしょうか。私もそうです!身近…

語彙力が増えると世界が変わる!?『語彙力こそが教養である』(齋藤孝)を読みました

『語彙力こそが教養である』(齋藤孝)を読みました。いやぁ、面白かった。「語彙のインプットとアウトプットを繰り返すなかで教養あふれる大人になることが、本書の目的」という本です。便利な言い回しを多用してしまう人に対する指摘部分は、まるで学校の…

日本語の語彙力を増やしたいなら、朗読をするのが一番効果的

文章を書くときや話をするときなど、自身の語彙力のなさを痛感することがあります。アナウンサーの魚住りえさんの著書『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』によると、「語彙力を増やすなら朗読をするのがお勧め」なのだそうです。 日本語の語彙を増…

借金の督促に学ぶ、他部署との交渉方法

私が本を手に取るのって好奇心から、というきっかけばっかりだなー。というわけで、『督促OL修行日記』を読みました。著者の榎本まみさんは、信販会社のコールセンターに配属され、日々借金返済の督促の仕事をしていたんですって。軽いタッチの文章でスルー…

お金はつかいすぎても使わなすぎてもいけない。『貯金兄弟』感想

「えっ、そういう結論なの!?」って正直思いましたね。「貯金しておくといざっていう時安心だよ!」っていう本だと思っていたので、正直ズコーってなりましたね…。 というわけで、『貯金兄弟』を読んだのですけども。よくある感じの小説仕立てのビジネス書…